日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
オバマ大統領の天皇皇后へのお辞儀が、アメリカでは随分問題になっているようですね。

一部のタブロイド紙がちょっと騒いでるだけかと思ったら、とんでもない!
アメリカに住んでいる姉に聞いたところ、一般の人の間でも大きな話題になっているようです。
それも、圧倒的にネガティブな意見の人が多いようで・・・
保守派はここぞとばかりに突っ込んでるらしい。

ビックリしますよね~。
そんな事が問題になるんだ・・・なんだか悲しくなります。

確かにアメリカでは、お辞儀は相手に「屈服する行為」といったイメージがあるようです。
一方、日本では礼に始まり礼に終わるというくらい、お辞儀という行為は相手への敬意や謙譲の意を表すもの。
お辞儀をすることはごく自然な行為です。

ハワイでケニア人と白人の間に生まれ、幼少期をインドネシアで過ごしたオバマ大統領。
お母さんは人類学者で、その再婚相手はインドネシア人だったとか・・・

そんな彼には、自然と多文化意識が根付いているんでしょうね。
そういう意味で、オバマ大統領に期待するアメリカ国民は多かったはず・・・

でも・・・あくまでも自分の国の中でやってくれってことかしら・・・

ヨーロッパを旅していた時、一番嫌われていた旅行者はアメリカ人でした。
自分が外国にいるにも関わらず、英語が話せない現地の人に対して、「なんで英語話せないの?!」という傲慢な人が多いんだそうです。

う~む、なんとなく分かります・・・

勿論、一概に「アメリカ人」とひとくくりにしてしまう事には抵抗ありますが、確かにそういう人は少なからずいます。
私もアメリカにいた時は、日本人というだけで、色々差別的な言葉を浴びせられたし・・・(まぁ、差別に関しては日本にも沢山あるので、批判はできませんが・・・)

そういう人たちにとっては、「アメリカは世界で一番強い国!」なんでしょう。
そして、最強国の大統領が他国の国賓に対して深々とお辞儀するなんてありえないのでしょうね。

なんとも悲しい考え方ではありませんか?
せっかく、「アメリカは傲慢」という、世界からのネガティブな印象を払拭してくれる国際的感覚を持った大統領が誕生したのに、それを国民が批判するなんて・・・
「自分達はやっぱり傲慢だ」と主張しているようなもんですよね。
まぁ、ジョージ・W・ブッシュが8年間も大統領になってた国だものね。(^^;)

米政府高官は「お辞儀」は外交儀礼だとして「政治問題化するのは的外れもいいところ」と一蹴しているそうです。
全くその通りだぁ!

異文化への理解や敬意なくして、平和な世の中なんて実現しないとは思いませんか?

どうかオバマ大統領、こんなバッシングになど屈せず、これからも堂々と自分の信じる外交を勧めて下さいませ!

スポンサーサイト

【2009/11/23 00:25】 | 未分類
|

オバマ大統領
コイケ
オバマ大統領は善い人に見えます、私には手塚治虫さんにダブッてみえます、二人共聖人ではないにしても信頼できる人にみえます。
世界の多くの人がオバマさんをそう感じているとおもいます。
彼は競争社会のアメリカで勝者になった人で、権力者として冷徹な判断をし、大統領として、もちろんアメリカの国益を最優先にするでしょう。
あやふやな信頼感です、それでも、オバマさんに賭けてみるしかないとおもいます。地球温暖化もアルカイダの問題も解決の可能性があるとすれば、オバマさんの在任中だけとおもいます。
そのためには、オバマさんに米国内で強い権力基盤をあたえること、鳩山さんもトラストミーなどといわず、トラストユーといって、普天間や給油で貸しを作る位に
して、その先に一緒になって高い理念を実現してもらいたいのに、自分の都合ばっかりみたいで。
でも、口からでまかせでCO2 25%削減 はハタ迷惑だけど、日本が損でもやはり実現に一丸でやるしかないし、そこから、鳩山さんも日本も道が開けるかもしれません。
岩瀬さんも善い人にみえます、一度芝居をみただけで、あやふやですが。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
オバマ大統領
オバマ大統領は善い人に見えます、私には手塚治虫さんにダブッてみえます、二人共聖人ではないにしても信頼できる人にみえます。
世界の多くの人がオバマさんをそう感じているとおもいます。
彼は競争社会のアメリカで勝者になった人で、権力者として冷徹な判断をし、大統領として、もちろんアメリカの国益を最優先にするでしょう。
あやふやな信頼感です、それでも、オバマさんに賭けてみるしかないとおもいます。地球温暖化もアルカイダの問題も解決の可能性があるとすれば、オバマさんの在任中だけとおもいます。
そのためには、オバマさんに米国内で強い権力基盤をあたえること、鳩山さんもトラストミーなどといわず、トラストユーといって、普天間や給油で貸しを作る位に
して、その先に一緒になって高い理念を実現してもらいたいのに、自分の都合ばっかりみたいで。
でも、口からでまかせでCO2 25%削減 はハタ迷惑だけど、日本が損でもやはり実現に一丸でやるしかないし、そこから、鳩山さんも日本も道が開けるかもしれません。
岩瀬さんも善い人にみえます、一度芝居をみただけで、あやふやですが。
2009/11/24(Tue) 01:13 | URL  | コイケ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可