fc2ブログ
日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
映画「MINAMATA」の日本公開初日の昨日、いつもお世話になっている方々と一緒に渋谷の映画館に観に行ってきました。

皆さんからは、とても良かった、感動したという感想をいただき、心から嬉しく思います。
どうかたくさんの方に見ていただきたいです!!

この映画の舞台は1971年の熊本県水俣市ですが、撮影は全てセルビアとモンテネグロで行われました。
それどこ?と言われることもしばしば・・・
そのくらい多くの日本人にとっては馴染みがない遠く離れた東欧の国、元々ユーゴスラビアの一部だった国々です。
IMG_0914.jpg
IMG_0925.jpg

セルビアにいた時に書いたブログ記事はこちら↓
http://bionharu.blog49.fc2.com/blog-entry-672.html

スタッフはほぼ全員セルビア人。
IMG_1826.jpeg
IMG_1833.jpeg
IMG_1828.jpeg

もちろん美術スタッフもです。
日本に一度も来たことのない彼らが、写真集やネットからできる限りの情報を収集し、なるべく忠実に50年前の水俣市を再現しようと必死に働いていました。
その仕事ぶりには本当に頭が下がる思いでした。
我々日本人俳優も、居酒屋のメニューを日本語で書いたりと、できる限り協力しました。
特に真田広之さんの日本を代表して作品に貢献しようとする姿勢は本当に素晴らしく、多くを学ばせていただきました。

そんなみんなの努力が結実して、セルビアの地に50年前の水俣の町が出来上がりました。
昨日一緒に映画を見た方は、外国で撮影されたと聞いてとても驚いていました。
そのくらい日本に近づけていたのです。

とは言っても、気にしだしたら気になる個所は色々あるでしょう。どうしたって日本ではないのですから・・・。
逆に日本で50年前のセルビアを再現してみようとなったら、どれだけ忠実にできるのか・・・

もし明らかに日本をバカにしていたり、ろくにリサーチもせず完全に勘違いしているヘンテコ日本になっているなら、そこを指摘するのは分かります。
しかし今回の現場では、スタッフは最大限日本に対してリスペクトを払って仕事をしていました。
それが少し違って見えたからといって、重箱の隅をつつくようにいちいち指摘するのはナンセンスだと思います。物理的に無理な事もあるのですから・・・。
そのへんは、見る方が想像力で補えばいいのではないでしょうか?

監督は、「この映画は日本で起こった話だけど、同様の事件は他の国でも起こっており、世界にメッセージを発信する為に作っている」と言っていました。
ジョニー・デップや真田広之さんという世界的に有名な俳優が出演する事の意義もそこにあると思います。
どうか揚げ足を取るような見方をせず、グローバルな視点でこの映画を見て、メッセージを受け取っていただけたら幸いです。

これは私からのお願いでもあり、この映画の完成に欠かせなかった人物の願いでもあると思っています。

その人物とは・・・ 近藤ゆきちゃん。
IMG_0993.jpg

彼女がいなければ、撮影現場は大変な事になってたことでしょう。
通訳として、監督、スタッフ、キャスト、エキストラ・・・すべての人たちの間を飛び回り、橋渡しになっていた上、セットや小道具の日本語のチェックも全て彼女が行い、一人で何役もこなしていました。
一番の縁の下の力持ちだったと思います。

役者で、歌がうまくて、英語も堪能で・・・
MINAMATAではスタッフとしての参加でしたけど、これからが楽しみな女優さんでした。

しかし、残念ながら今年1月、癌が再発して天国に旅立ってしまいました。

セルビアとモンテネグロでの一か月半、一緒にご飯を食べに行ったり、オフの日にはコインランドリーや買い物に行ったり・・・。
エキストラ出演が決まった時は、とても喜んでたな。

今年の4月に関係者試写会で「MINAMATA」を見た際、ゆきちゃんの名前がエンドロールに出てきた瞬間、抑えていた感情がこみあげてきて号泣してしまいました。

今回公開されたメイキングシーンを収めたフィーチャレット映像に、チラッとですがゆきちゃんが映っています。
https://www.youtube.com/watch?v=QaROjwEIhPM

誰よりもセルビアのスタッフから信頼され、愛されていました。
素敵な笑顔、忘れません。
こちらは、セルビアの日本大使館を訪れて、大使と一緒にお食事した時の写真。
IMG_0933.jpg

ゆきちゃん、本当にありがとうね。
お陰様で「MINAMATA」は無事日本でも公開されました。
天国でユージン・スミスさんに会ってるかな?
どうか安らかに・・・
IMG_1838.jpg
スポンサーサイト




【2021/09/24 03:04】 | 未分類
|

感謝。
藤井俊輔
昨日、映画を拝見しました。
確かに、撮影場所が日本でない以上、違和感があるのは当然で、実際に違和感を感じました。
しかし、貴方が仰るように、作品の本質はそこではないと思いますし、とても素晴らしい映画でした。
また、大勢のセルビアの方々のおかげでこの作品ができたことを知り、驚きとともに、ひとりの日本人として、とても感謝しています。
貴方のブログのおかげで、作品に対する見方がより一層深まりました。ありがとうございました。
そして、作品にとってなくてはならない存在であった近藤ゆきさん。
心からお悔やみ申し上げます。

ありがとうございます
岩瀬晶子
藤井様
コメントありがとうございます。
そう言っていただけて、セルビアのスタッフもゆきちゃんも喜んでいると思います。
是非たくさんの方に観ていただきたいですね!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
感謝。
昨日、映画を拝見しました。
確かに、撮影場所が日本でない以上、違和感があるのは当然で、実際に違和感を感じました。
しかし、貴方が仰るように、作品の本質はそこではないと思いますし、とても素晴らしい映画でした。
また、大勢のセルビアの方々のおかげでこの作品ができたことを知り、驚きとともに、ひとりの日本人として、とても感謝しています。
貴方のブログのおかげで、作品に対する見方がより一層深まりました。ありがとうございました。
そして、作品にとってなくてはならない存在であった近藤ゆきさん。
心からお悔やみ申し上げます。
2021/09/25(Sat) 21:02 | URL  | 藤井俊輔 #-[ 編集]
ありがとうございます
藤井様
コメントありがとうございます。
そう言っていただけて、セルビアのスタッフもゆきちゃんも喜んでいると思います。
是非たくさんの方に観ていただきたいですね!
2021/09/25(Sat) 23:47 | URL  | 岩瀬晶子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可