FC2ブログ
日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
日穏-bion-「月の海2018」東京公演、昨日無事幕を閉じました。

お陰様で観に来て下さったお客様からは大好評で、初演を観た方々からも「また観られて良かった」とのお言葉をいただきました。

本当に嬉しいです。
お客様がツイッターに書いてくださった感想をまとめたので、こちらをご覧ください。

お客様のコメントまとめ

Facebookにもたくさん嬉しいコメントいただきました。

もし今回見逃してしまったけど、どうしても観たい!と思ってくださる方は、10月12日、13日に宇都宮で公演します。
ぜひともそちらにお越しください!

千秋楽の日、楽屋にて
IMG_9869_R.jpg

いつからか楽屋で怪しい雰囲気が生まれ・・・
IMG_9838_R.jpg

ついに打ち上げて一線を越えてしまいました・・・(^^;)
写真アップは内浦ファンからクレームが来そうなので、やめておきます。
ご想像にお任せ~(笑)

打ち上げ終わって帰るところ。宇都宮公演まで、しばしのお別れです。
IMG_9872_R.jpg

この作品は2年前に母が急逝した直後に書いたものでした。

母の訃報を聞いた時、突然身近な人がいなくなるってこういう感覚なのか・・・
と戸惑いながらもどこか俯瞰して見ている自分がいました。
職業病ですかね(笑)。

書いてる時も客観的でしたし、演じてる時も実の父や母の事は全く考えていなかったのですが、千秋楽のカーテンコールで急になんだかよく分からない感情が押し寄せてしまいました・・・。

みっともない姿をお見せしてしまい、反省です・・・。
内浦君も感情的になってたし、連鎖反応ですかね(^^;)

先日西日本を襲った豪雨災害で、残念ながら200人にも上る方が被害に遭われました。
昨日まで元気にしていた身近な人が突然亡くなると、自責の念に苛まれる遺族は多いようです。

母の訃報を聞いた日は2016年の3月11日・・・
テレビでは東日本大震災から5年という事で、家族や友人を亡くされた方々のインタビューがずっと流れていました。
そして皆一様に、「自分があの時ああしていればよかった・・・」と口にしていました。

私もずっとどこかで自分を責めていました。
母が亡くなる三日前に東京で会った時、寒空の中、駅の改札で待たせた上、連れまわして・・・
もしかしたらそれで疲れが溜まっちゃったんじゃないだろうか・・・
なんて、根拠のない後悔が頭の中をぐるぐる回っていました。

「月の海」の静も、弟の豊の死は自分のせいだとずっと責めていたんだと思います。

そして、そのせいで母に苦しみを与えてしまった事への更なる自責の念。

誰のせいでもないよ・・・
と人は言うけれど、自分で納得するには時間がかかります。

ラジオから聴こえるお母さんからのメッセージは、介護をしている方々と、突然身近な人を亡くした方々への応援の意味も込めた「ありがとう」の言葉でした。

今回の「月の海」公演の収益の一部を、西日本豪雨の被害に遭った方たちへの緊急支援として、本日振り込みました。
私がマンスリーサポーターになってるプラン・インターナショナルという団体です。

ご観劇下さった皆様から・・・というつもりです。
一日も早く、被災された皆様が平穏な日常を取り戻せますように・・・

そして、日穏は引き続き来月も公演します!

日穏-bion-第11回公演「星の砂」
2018年8月24日(金)~9月2日(日)
チケットのお申込みや詳細はこちら!→ 「星の砂」公演

是非、お見逃しなく!!!
スポンサーサイト

【2018/07/18 14:12】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可