日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
2日から始まった「神奈川かもめ短編演劇祭」、本日幕を閉じました。

著名な審査員の方々による講評の後、審査員がその場で点数をつけます。
その審査員票と観客票の合計で優勝が決まるシステム。

集計をしてる間、既に審査員が決めた賞と、観客賞の発表です。

まずは「戯曲賞」で、なんと私の名前が呼ばれました!

びっくりしたぁ~!!

今回、全国から募った戯曲108作品から一つを選んで上演した「選抜戯曲チーム」があったので、当然そこにいくものと思っていたので、かなり驚きました。

続いての「演出賞」は、台湾のチーム。

そして続いての「俳優賞」で、なんとなんと、再び私の名前が呼ばれました!
これには更にびっくり!!

全然考えてもいませんでした。素敵な俳優さんが沢山いましたし…
でもだからこそ、選んでいただけた事、本当に嬉しかったです。



「観客賞」は残念ながら神奈川地区代表のチリアクターズに6点及ばず、2位。

そしていよいよ「かもめ賞」の発表です。

かもめ賞は、審査員のそれぞれの票と観客票の合計で優勝が決まります。

結果、審査員票ではなんとチリアクターズと日穏-bion-が同点!!

・・・という事で、観客票がわずかに多かったチリアクターズが優勝でした。

ん~、残念!!!



でも、個人的に戯曲賞と俳優賞をダブル受賞できたことで、役者としても劇作家としても自信がつきました。

今、ジワジワと嬉しさがこみ上げてきています。



まだまだ知名度の低い日穏ですが、これが少しでも多くの人に知られるきっかけになればいいなぁと思います。

それから、今回のイベントの一番の醍醐味は、全国各地と、台湾、韓国から集まった演劇人たちとの交流でした。
とっても楽しかったです。

お互いに良い刺激を貰ったのではないかと思います。
また是非みんなに会いたいな…。

こちらは韓国チーム
主演男優のご家族に不幸があり、残念ながら急遽キャスト変更になってしまったのですが、代役とは分からなかったと言われてました。役者さんの力、凄いです!


こちらは台湾チーム
楽屋が一緒で、英語ができたので、仲良くなりました!


そして東京代表、チーム観覧車!!




そうそう、昨日の午前中には実際みなとみらいの観覧車に乗ってきました!(笑)








スポンサーサイト

【2017/03/06 01:42】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可