日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
今月初めに日穏-bion-「月の海」東京公演が終わり、バタバタしているうちに、早くも来週には富山公演があります。

東京公演では沢山のお客様に足を運んでいただき、連日キャンセル待ちのお客様が列をなすなど、嬉しい悲鳴の日々でした。

富山でも頑張ってきますので、東京公演見逃した方、是非富山に遊びに来て下さい!

日穏-bion-第8回公演「月の海」in Toyama
9月30日(金)19:00
10月1日(土)12:00 15:30
富山県民小劇場ORBIS(富山駅前のマリエ富山7階)
チケット代 
一般3,000円 高校生以下 2,500円

チケット予約フォーム
https://ticket.corich.jp/apply/75184/

こちら、内浦君が富山テレビの「富山いかがdeSHOW」という番組に出た時の映像です。
https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=P0uSuVra1z0

あと、先日ツイートして下さったお客様の感想をリツイートしましたが、いくつかアンケートからも抜粋しました。
参考までに!
(^_−)−☆

・感動しました。すごく良くて、ひとりで行ったのがもったいなく思えた。

映画好きの一方で演劇は敬遠してきたが、この小さな空間で繰り広げられるドラマと役者さん達の演技に引き込まれつつ、映画や小説とは違う生の舞台ならではの表現や魅力を知ることができて感動。

老人介護というシリアスなテーマも含みながら、明るさに包まれたとても面白いストーリーで、観た後に爽やかな後味が残る。やっぱホームドラマってドラマの基本かも。

週末に充実した2時間弱をすごしたい方に、強くオススメします。(50代・男性)

・介護している人間、されている人間、周囲の人々との関係、気持ちの揺れ動きがとても良く表現されていて、心を動かされました。人々の温かさがテーマの物語。最後は号泣してしまいました。(40代・男性)

・たくさんの「ありがとう」が散りばめられた、温かくてとってもとってもとっても優しい作品でした。
役者さんたち一人一人がとても丁寧で、演技の細部まで命の宿った奥深さを感じました。たくさん笑って、泣きました。人を思いやり、人と関わりながら、人は豊になっていくんだなと改めて思わせてくれる舞台でした。(30代・女性)

一同、お待ちしてます!!

スポンサーサイト

【2016/09/20 11:42】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可