日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
母が亡くなって3週間経ちました。

お通夜を含めて三日間、葬儀場で母と一緒に昼夜を過ごし、14日月曜日に告別式と火葬を済ませました。



お通夜も告別式も母の友人やお世話になった方々のみならず、私の小中学時代の友人達が東京からも駆けつけてくれて、とても嬉しかったです。
それに、弔電、メール、Facebookのメッセージ・コメント等で皆さんからいただいた温かいお言葉がどれだけ励みになったか…

本当にありがとうございました。

そして改めて、母は良いお友達に恵まれて幸せだったなぁと思いました。



このウサギの人形は、母が赤ちゃんの頃から持っていたもの。
つまり、こちらも80歳!!

スヌーピーの方は、私達が子供の頃に母が乗っていた車にずっとぶら下がっていたもので、かなりボロボロですが気に入っていたようです。
二つとも一緒に棺に入れてあげました。
もちろん、氷川きよしの写真もね!(^_−)−☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先日たまたま目白に行く用事があり、山手線を降りて改札に向かう階段を登っていると、急に足が止まってしまいました。

今月6日、最後に母と会った時に待ち合わせたのが目白駅の改札だったので、なんだか階段を上がると母が待ってるような気がしたのです。

あの日、母は駅の近くにある馴染みのお煎餅屋さんに寄るために、待ち合わせより1時間も早く目白に着いていました。
でも残念ながらお煎餅屋さんはお休み。寒空の中、改札で立ったまま私のことを待っていました。
そんな事とはつゆ知らず、私は10分ほど遅れて到着。
「どこかに入って待ってて~」
なんて軽い気持ちでメールしたのですが、母世代の女性は一人でカフェやレストランに入るのが苦手な人が多い事を忘れてました。

ごめんなさい・・・

そして母からピーナッツを二袋もらいました。
「私、どっちかというとピーナッツよりアーモンドの方が好きなんだよなぁ」
と憎まれ口をたたく私。

その後、一緒に駅前のカフェに入り一息ついてから、花を買ってバスで祖父母のお寺へ。
お墓参りをした後、今度は地下鉄に乗って新宿まで行き、駅にあるレストランでお昼を食べました。

母と二人きりで外食した事なんてほぼ無かったので、私が初めてご馳走した食事。
母はビーフシチューを頼み、「美味しいわよ」などと言いながら食べていたけど、なんともフツーのお店でした。

そして食事が終わって宇都宮に帰る母を改札で見送ったのが最後でした。

何てことない日常、たわいもない会話・・・

もう二度と来ない時間なんですね。

思い出すだけで、後悔だらけ。

もっと早く駅に着けば良かった。
せっかく買ってきてくれたピーナッツ、もっと素直に喜べば良かった。
もっと豪華な食事をご馳走すれば良かった・・・

訃報を聞いた時、もしかしたら3日前東京に出てきて疲れたからじゃないだろうか・・・私のせいなんじゃないだろうか・・・
とずっと思ってました。

奇しくもテレビからは5年前の震災で家族を亡くした被災者のインタビューが流れており、未だに家族の死の責任を感じていると話していました。
どうしようもないと分かってはいても、後悔と自責の念が襲ってくる。

状況は違うものの、突然訪れる身近な人の死に関しては、皆同じような思いを抱くのかもしれません。
父の時は長い闘病の末だったので、家族も心の準備ができていたけど、母のようにあまりにも急だと感情がついていかないものなんですね。

訳もわからず、ただ涙がとめどなく流れていました。
ただでさえ花粉症で鼻水が止まらないというのに・・・(笑)



9日の昼、兄の子供のお宮参りの後、食事した時の写真をもらいました。
右端に立っているのが母です。
この日の夜に人知れずひっそりと息を引き取るなんて、誰も想像していなかった事でしょう。

もちろん本人も・・・



あの日もらったピーナッツ、少しずつ食べて、これだけになりました。
もう少しで食べ終わってしまいます。
母は、たまーにしか更新しないこのブログをいつも読んで、お友達にも宣伝してくれていたようです。
なので、本人に言えなかった代わりにここに書いておきます。

大変美味しゅうピーナッツでございました。
ありがとうね。
スポンサーサイト

【2016/03/16 18:43】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可