日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
IMG_4259_R.jpg

日穏-bion-第7回公演「明日花」、無事富山で大千秋楽を終えて、東京に戻ってきました。

富山でも沢山の方にご来場いただき、皆さん楽しんでいただけたようで、とても嬉しく思っています。

最終回は東京公演同様拍手が鳴りやまず、もう一度出ていくと、お客様一同総立ちのスタンディングオベーション!
もう嬉しくて嬉しくて、涙もろい私は勿論、役者みんなが感極まってしまいました・・・。
あの客席の様子をカメラに収めておきたかったぁ!!

最後に最高のプレゼントをいただきました。
本当にありがとうございました。

富山では初めて舞台を観るという方も多く、そんな方たちが皆さん口をそろえて「もう一度観たい!」「また是非再演して!」と言って下さいました。
初めて観た舞台で悪い印象を持たれてしまうと、もう二度とお芝居を観ることがないかもしれません。
そういう意味では、演劇界に少し貢献できたのかしら(笑)

私の富山弁もばっちり!と地元の方からお褒めの言葉をいただき、心からホッとしています。
自分で自分の首をしめる脚本書いちゃったのでね・・・(^^:)
いや~、良かったぁ。

前にも書きましたが、今回、創作段階で本当に苦しみました。
何日も籠って、人に会わず、食べ物もろくに口にせず、ただひたすらパソコンに向かいました。

昭和25年、花火、富山空襲、在日中国人・・・
知らない事だらけの題材を、まずは当時の様子を図書館や取材を通して調べるところから始まり、書いては立ち止まり、また書き出しては先に進まず悶絶し、朝日がこんなに恨めしいものかと思いながら、締切との闘いでした。

そうやって葛藤している間も、チラシを作ったり、スケジュール決めたり、稽古場おさえたり、スタッフに連絡取ったりといった裏方業務もこなしていかなければならず・・・

う~む、思い出すだけで二度とやりたくない・・・ (._.;)

でも、やっちゃうんだよなぁ~、また来年(笑)

まだ次回の事は何も決まっていないけど、次は早め早めに進めていって、余裕の状態で始められるようにしたい・・・

・・・気持ちは山々ですが・・・

結局来年もまた、ブログに同じような事書いてる気がします、はい。

同じことを繰り返してはいけない!歴史から学ばなければ!

なんて脚本に書いている私が、一番繰り返しているかもなぁ・・・(^^;)

でも、戦争はいけません。
戦争だけは決して繰り返してはいけない。

終演後のアンケートを読んでいると、そのメッセージは多くの方に伝わったと感じます。
それだけでも、苦しんだ意味があるというものです。

今後も日穏-bion-は皆さんに楽しんでいただける舞台を提供し続けていけるよう、頑張ります。
応援よろしくお願いしまーす!!

IMG_4260_R.jpg

富山では、美味しい食事を堪能してきました!
きときとな魚介類、最高!!

IMG_4249_R.jpg

IMG_4280_R.jpg

そして、内浦君のお友達や先輩、ご家族の皆さんの援助なしには成しえなかった富山公演。
本当にありがとうございました!!
また富山いくっちゃ!

IMG_4251_R.jpg

IMG_4284_R.jpg
スポンサーサイト

【2015/09/23 12:43】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可