日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム紀行もこれでラストです。

ベトナム人は、とても手先が器用。そして、センスが良い!お洒落なんです。
有名な所では刺繍ですね。

DSCF1161_convert_20090422122800.jpg

これ、遠目で見ると絵にしか見えませんが・・・

DSCF1163_convert_20090422123122.jpg

ほら、全部刺繍!
洋服やストール、バッグなどもとってもお洒落な刺繍が入っている物が多くて、ついつい全部買いたくなってしまいます。

買い物に疲れたらネイルなんていかがでしょう?

DSCF1296_convert_20090422124707.jpg

路上でネイルサロン開いている女性を発見!男性もこれなら気軽にやってもらえる??

街のど真ん中で車やバイクがひっきりなしに往来する所に鶏の親子発見!

DSCF1294_convert_20090422124626.jpg

野良犬ならぬ、野良ニワトリ!ひかれないように気をつけてね。

続いては、ちょっと見え難いけど、ハノイ名物「水上人形劇」!
左側に楽器を弾いたり歌を歌う人がいて、それに合わせて人形達が踊ったりお芝居します。

DSCF1243_convert_20090422124354.jpg

カーテンコールの時に出てきた人形遣いの皆さん。このように半身水に浸かった状態で人形をあやつります。面白かった!

DSCF1245_convert_20090422124431.jpg

マーケットで仲良くなったお土産屋さんで働いているベトナム人の女の子たち。
とってもキュート!
片言の英語しか話せなかったけど、すっかり意気投合して話が盛り上がり、色んな日本語教えてあげました。日本人観光客が多いらしいので、一生懸命書き取って勉強してましたよ。
DSCF1288_convert_20090422124545.jpg

最後にガイドさんに聞いたベトナムの情報をいくつかご紹介。
まず、ベトナムの女性はとても美しく、そして強い!
女性が強いのは社会主義国の特徴としてなのか、もともとそうなのか分かりませんが、とにかく女性がよく働く国。そりゃ男性が威張れる立場じゃないかも・・・。
ちなみに、太っている男性がモテるそうですよ。最近メタボが気になりだした男性諸君、働き者の奥さんを探しにベトナムに行ってみてはいかが?

ベトナムでは大学まで行くのは2割くらい。
でも、お土産屋さんやレストランで働く人たち(大抵女性)は英語が話せる!
多分、日本ではなかなかこうはいかないと思います。
浅草とか行ってもあんまり英語通じないもの。

大卒の初任給は2万円位との事。
50年前くらいの日本と同じくらいの感覚でしょうか。
社会主義国といっても完璧に資本主義に見えるベトナム。貧富の差も拡大しているそうです。

それから、日本のドラマやアニメも人気で、特に世界中で大ヒットした「おしん」はベトナムでも大人気だったとか。
その人気が高じて、なんと、メイドさんの事を「OSHIN」と呼ぶんだって!
A 「あなたの家にはおしんいらっしゃるの?」
B 「えぇ、わたくしの家には3人もおしんがおりますわよ」

みたいな会話がされているのでしょうか・・・。

以上でベトナム紀行は終わり。
明日からはクロアチア。
さすがに一ヶ月に3回海外に行くのは疲れるわ・・・

でも、楽しんできまっす!
スポンサーサイト

【2009/04/25 20:48】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。