日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
今日で広島に原爆が投下されて68年目。
広島では平和祈念式典が行われ、私もテレビの前で8時15分に黙とうを捧げました。

広島

「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませぬから」

広島の慰霊碑に刻まれた言葉です。

この日を忘れてはいけない・・・

段々と原爆の経験を語れる方々が少なくなっていく中、私たち世代がより若い世代に伝えていかなければいけないと改めて感じます。

今日のあさイチのテーマも「戦争ってなに?」と題して、平和教育についてでした。

・・・が、それを見ながら、少し違和感を感じたのは私だけでは無いのではないでしょうか。


日本では、「戦争教育=原爆や空襲での悲惨な体験を伝える事」が主流です。
ドラマや映画、報道でも、圧倒的に被害者の視点から伝えているものが多いですよね。

勿論、一般市民が原爆や空襲で焼き尽くされるなんて、到底正当化する事はできません。
原爆については、今でも後遺症や差別に苦しんでいる方々が大勢いるのです。
その被害を伝える事はとても大事なことです。


しかし、「戦争」について子供たちに教育するのであれば、「なぜそうなってしまったのか」を伝えなければ意味がない。

なぜ戦争が起こってしまったのか。

なぜ大勢の市民が殺され、多くの若者が戦地で悲惨な死を遂げたのか・・・

そして、日本軍が占領下のアジア諸国で行ってきた残虐な行為についても、きちんと向き合って話をするべきではないでしょうか。
従軍慰安婦や南京大虐殺など、なるべく政府が触れたがらないトピックについても、なぜその話がタブー視され、議論を巻き起こしているのかも含めて教え、さらにそれらの事柄について自分で考えさせるようにするべきだと思います。

私が通っていた学校では、平和教育と呼べるようなものはほとんどありませんでした。
教科書にも今と違って日本軍の加害行為について言及した記載はなかったし、そもそも縄文時代から始まった歴史の授業は近代になる頃には時間がなくなり、さら~っと触れて終わりだったように記憶しています。

これは、おそらく育った地域や学校の方針、先生個人の考え方によっても大きく異なるとは思いますが、少なくとも自分の体験から言えば、学校で戦争について学んだのは、勃発した年号ときっかけとなった事件くらいのものでした。

アメリカで教育を受けて初めて知った事も多かったですし、外国が日本をどう見ているかにも気づかされました。

そんな世代が今、親となり、また教師となっているのですから、まずは私たち戦後昭和生まれの世代がきちんと歴史と向き合い、伝えられるように勉強しないといけませんよね。

同じ敗戦国のドイツでは、小学校のころからナチスの行った残虐行為についてとても詳しく学ぶそうです。

日本もグローバルな人材育成を目指すなら、まずは英語教育よりも自国の過去と向き合う平和(戦争)教育に時間を割くことの方が先決ではないでしょうか。
スポンサーサイト

【2013/08/07 01:47】 | 未分類
|

My Personal Affair
Takashi S.V.
ご無沙汰しております。

 私事で大変恐縮ですが、実は去年の暮れ辺りからひどい腰痛に悩まされており、病院で検査した結果手術が必要とのことでした。
 今日これから入院し明日手術です。全身麻酔で2時間程度とのことです。

Actually, I have to admit I'm a very coward as opposed to how I look. I'm so scared of the operation.
Would you please pray that it'll go well?

 では、退院したらまた投稿します。


ケイ
Takashiさん、書き込みありがとうございます。
今日、腰の手術をされるとの事、成功を心からお祈りしています。
退院して元気になったら、またご連絡下さいね。
フレー、フレー、タカシ!!!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
My Personal Affair
ご無沙汰しております。

 私事で大変恐縮ですが、実は去年の暮れ辺りからひどい腰痛に悩まされており、病院で検査した結果手術が必要とのことでした。
 今日これから入院し明日手術です。全身麻酔で2時間程度とのことです。

Actually, I have to admit I'm a very coward as opposed to how I look. I'm so scared of the operation.
Would you please pray that it'll go well?

 では、退院したらまた投稿します。
2013/08/07(Wed) 09:49 | URL  | Takashi S.V. #-[ 編集]
Takashiさん、書き込みありがとうございます。
今日、腰の手術をされるとの事、成功を心からお祈りしています。
退院して元気になったら、またご連絡下さいね。
フレー、フレー、タカシ!!!
2013/08/08(Thu) 10:16 | URL  | ケイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可