日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
先日、ツイッターにも書きましたが、11月末に演劇ユニット「てがみ座」に客演させていただく事になりました。

初参加の劇団で新しい出会いにドキドキしてましたが、皆さんとっても素敵な方々で、多くの刺激を貰ってます。

これまで、金子みすず、江戸川乱歩などの人生を描いてきた「てがみ座」・・・今回は宮澤賢治です。

賢治が最愛の妹を亡くしてすぐ樺太に旅に出た時のエピソードを基に、彼の過去や現在が行き来する、演劇的でとても素敵な作品。
今からどんな風になるのか、すごーく楽しみです!


今現在の稽古で一番苦労しているのは、ずばり、岩手弁!!
賢治は岩手の花巻出身なので、必然的に岩手弁のセリフがいっぱいなのです。

もともとわたくし、栃木弁は得意(^^)なので、イントネーションが似てる福島、宮城あたりまでの方言は大体真似できるのですが、岩手まで行くと、全然違う~!
そう言えば、ボランティア行った時も、岩手のおばあちゃんが言ってる事、半分も分からなかったからなぁ・・・。

方言指導のカンちゃんが、とても丁寧に教えてくれるので、録音してもらった音声を聴いてひたすら真似してます。

やっぱり方言て良いですね〜。あったかーい!!

日穏-bion-公演では、以前、岡山弁の芝居やったけど、あれも楽しかった!

テレビなんかの影響で、ドンドン方言が無くなってきてるのが残念でなりません。

これから私、毎回方言のある場所を舞台に脚本書こうかな。

ま、そんな私たちの練習の成果を、是非観にきて下さい!

あ、勿論方言だけじゃなく(笑)!


てがみ座 第7回公演
「青のはてー銀河鉄道前奏曲ー」

img_photo.jpg

日時: 11月30日〜12月3日
場所: 吉祥寺シアター(アクセスはこちら
チケット: 前売3,800円  当日4,300円 (全席指定)
脚本: 長田育恵 演出: 扇田拓也(ヒンデュー五千回)
タイムテーブル:
 11月30日(金) 19:30
 12月 1日(土) 14:00 19:00
 12月 2日(日) 13:00 18:00
 12月 3日(月) 14:00
※ 開演の45分前より受付開始、30分前より開場。

チケットのご予約は、私に直接ご連絡いただくか、下記の申込みフォームからお願いします。

   ご予約フォーム http://ticket.corich.jp/apply/39087/025/

出演者情報など詳細は、てがみ座「青のはて 特設ページ」をご覧ください。

ちなみに、てがみ座のホームページはこちらです。

お待ちしてまーす!!
スポンサーサイト

【2012/10/20 23:58】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可