日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
日穏-bion-公演「かわたれの空」、残すところ2公演となりました。

終わりが近づいてくると段々寂しくなってきますが、残り公演も全力で頑張ります!

今回の脚本を書いてる時は、本当に苦しくて、どうしよー、どうしよー、とずっと家の中ウロウロしながら溜息ついてました。

期限は迫ってくるし、他の仕事もやらなきゃならないし・・・

この焦燥感は半端なかったですね・・・

合間合間にチラシ作ったり、ホームページ作ったり、やらなきゃならない事だらけなのに、なかなか筆が進まず、とうとうストレスと肩こりで顔が半分引きつって動かなくなりました(笑)!

しばらくパソコン見てはいけないとお医者様に言われましたが、まぁそういう訳にもいかないし・・・

そんな産みの苦しみを味わった作品だけに、お客様に「良かった」と言っていただけた時のご褒美感と言ったら、そりゃ半端ないですわ。

勿論、舞台は一人で作り上げるものではありません。

演出しながら出演もしてくださった丹治さんを筆頭に、役者の皆さん、スタッフの皆さんに大いに助けられながらここまできました。

本当にありがとう!!

そして、このチームワークの良さが、観に来て下さったお客様にも伝わっていると実感します。

もし、見逃している方がいらっしゃいましたら、明日9月4日(火)の15時からの回が千秋楽です。

まだお席ご用意できますので、どうかご連絡下さい!

さぁ、ラストスパート、いくぞーー!!

スポンサーサイト

【2012/09/03 11:32】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可