日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、宇宙飛行士の星出彰彦さんが、ロシアのソユーズ宇宙船で無事、宇宙に飛び立ちましたぁ~!!

2008年に続き2度目の宇宙。今回は約4ヶ月滞在するそうです。

前回はアメリカのスペースシャトル、今回はロシアのソユーズ宇宙船で飛び立った星出さん。

私、今、1952年頃の話を書いているのですが、その時代には想像もつかなかった事でしょうね。

滞在する国際宇宙ステーションは、米国、日本、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、ロシアの計15ヶ国が協力して計画を進め、利用している、人類にとって初めての

「国境のない場所」 

・・・なんて素敵な響きなんでしょう!

宇宙から見たら、地球はひとつ。

国境線なんてどこにも描かれてない。

我々は日本人やアジア人である前に、地球人なんですよね。

み~んな仲間!!

宇宙にいたら、そう感じられるんだろうな、きっと。

そんな地球人の代表として、母なる地球を外から眺めながら生活できるんですもの・・・
ちょっと位お風呂に入れなくたって、全然へっちゃらでしょう!
(^o^)

とは言っても、遊びに行くわけではないので、多くの実験をこなしたりと忙しい日々でしょうが、是非、地球の美しさ、神秘的な宇宙の魅力を沢山私たちに伝えて下さい。

昨年長期滞在してた古川さんが出演したNHKスペシャル「宇宙の渚」も面白かったですもんね~。

こちら、ソコル宇宙服のレプリカ。以前、シンポジウムで撮った写真でございます。

IMG_0314_convert_20120716095636.jpg


そうそう、宇宙飛行士と言えば、漫画「宇宙兄弟」の中に、「宇宙飛行士は舞台役者に似ている」というセリフが出てきます。

なるほど~
そういえば宇宙飛行士さん、ドラマやCM、最近はアニメにも出てますもんね~

・・・ってそうじゃなくて・・・
(^^;)

「宇宙飛行士というのは舞台役者に似ている。"室長"という名のプロデューサーがいて、"訓練教官"と呼ばれる演出家がいる。俺たち役者の誰を舞台に立たせるかは、室長好みのキャスティングによるんだわ。」(小山宙哉「宇宙兄弟」10巻より)

と、これが漫画のセリフで、確かにそれもそうなんだけど、ずーっと訓練を積んできて、どんな事にでも対応できる能力を身に付ける宇宙飛行士さんとそれを支える多くのスタッフの姿が、舞台に向けてひたすら稽古する役者と支えてくれるスタッフの姿と似ているのではないかしら。

まぁ規模は我々の舞台とは全く比べものにならないですけどねぇ(笑)・・・

星出さんをはじめ、宇宙飛行士さんは皆インタビュー等で、「チームワークが大切」と語り、常にスタッフに感謝を表していますが、舞台を成功させるのに1番大切なのも、このチームワークです。

スポーツもそうですよね。

1人では何もできないですから!

という訳で、いよいよ私たちも来週から8月末の公演に向けて始動します。

宇宙で命がけで仕事をするつもりで、我々も頑張って夏を突っ走りまーす!!

PS.こんな本が出てました。
かなりインパクトのある表紙ですが、対談形式の本で、面白かったですよ~

IMG_0338_convert_20120716095934.jpg
スポンサーサイト

【2012/07/16 10:50】 | 未分類
|

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/17(Tue) 09:23 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。