日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さんは、3月11日をどのように過ごしましたか?

あれから1年・・・

東京はすっかり元の町に戻っています。

あれだけ節電節電と騒いでいたのが嘘のように、どこもかしこも煌々と明かりがついており、まるで何もなかったかのように日常が過ぎていく・・・。

でも、被災地の人たちは、これからどう生活していくのか・・・先の見えない不安の中で日々過ごしている事でしょう。

仮設住宅や避難先で自ら命を絶つ人が増えてきているそうです。

家族を失い、友人を失い、家も仕事も何もかも失って自分だけ生きている罪悪感と絶望・・・。
そんな計り知れない悲しみから救ってあげることが出来ないもどかしさがあります。

東京で慌ただしく過ごしていると、被災地の方々の痛みに鈍感になってしまいますね。

秋以降、ボランティアにも参加できずにいます。
去年の4月に初めて訪れた際、避難所でお話しした方々は、どうしてるのかな・・・。

3月初めに石巻に行く予定だったのが、諸事情で行けなくなってしまいました。
また舞台終わったら、計画したいと思ってます。

せめてもの思いで、今日募金をしてきました。

改めて、犠牲になった方々のご冥福を、心からお祈りいたします。
スポンサーサイト

【2012/03/13 13:10】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。