日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
6日は遠野市を朝早く出て宮古市まで行き、そこから海岸線を南下しました。

宮古市、山田町、大槌町、釜石市、陸前高田市、気仙沼市、大谷海岸、南三陸町、仙台市若林区、石巻市、岩沼市・・・

テレビや新聞で見てた光景ですが、実際目にして見ると、あまりの惨状に全く声がでず、ただただ涙が込み上げてきます。

本当に酷いです・・・

丸1日車で走っても果てしなく続く惨状。
しかも、まだ福島、茨城、千葉まで被災地域は続くのです。想像を絶する被害の大きさ・・・

そして、そのほとんどが手付かずのまま。

道路だけは片付いて車が通れるようになってましたが、内陸まで打ち上げられた船や、まっ逆さまになって重なりあっている家、無数のぐちゃぐちゃに壊れた車が至るところに転がっています・・・。

P1100020_convert_20110510150105.jpg

P1100066_convert_20110511103334.jpg


下の写真の観光船「はまゆり」はニュースなどで見たことがあるかもしれませんね。
実際、すごく大きな船なんですよ・・・。信じられない。
この船は昨日解体されたそうです。

P1100037_convert_20110510150156.jpg

P1100038_convert_20110510151127.jpg

2階の屋根の中に車が入ってしまっています。

P1100023_convert_20110510150304.jpg

津波の後、火災があった地域は、一面焼け野原・・・まるで爆弾が落ちた後のようでした。

P1100027_convert_20110510151510.jpg

3時25分で時計が止まっています。

P1100031_convert_20110510151543.jpg

余震で今にも落ちてきそうなトラックと車。

P1100071_convert_20110510151933.jpg
 

陸前高田市にあった名勝「高田松原」の約7万本の松林のうち、たった1本だけ残った松・・・
「希望の松」とも呼ばれているそうです。

P1100056_convert_20110510151736.jpg

何もかも流されてしまっています・・・
高台の無い仙台市若林区や、名取市、岩沼市の辺りは、海岸線から6キロも内陸にまで津波が押し寄せてきたそうです。
そんなに離れていたら、まさか津波の影響なんてあるとは普通は思いませんよね。

P1100073_convert_20110510152039.jpg

現地では自衛隊がものすごく頑張っています。

まだ犠牲者の捜索作業が続いているため、重機が入れないと聞きましたが、たとえ重機が入ったとしても、一体この瓦礫の山やヘドロの山をどうやって片付けるのか、どこに捨てるのか、想像もつきません。

途方もなく時間がかかる作業になると思います。

その上、福島では放射能の問題があるんですから・・・

今、全国的に電気代だけでなくガス代なども料金が値上げされると言われていますが、それも仕方ないでしょう。
この惨状を見たら、国民全員が助け合わなければいけない!と、心の底から思わされます。

誰かの問題ではなく、日本全体の問題ですものね・・・。

ゴールデンウィークが終わって、県外からのボランティアが減り、今はかなり人手が不足しているようです。

文部科学省は、ボランティア活動に参加した大学生に単位を与えるよう要請したそうですが、企業も積極的にボランティア休暇を導入して、より多くの人がボランティアに参加できるようにして欲しいですね。

募金も継続して続ける必要があると痛感しました。

赤十字社への義援金はまだそこで止まっているという事ですが、各ボランティア活動をしているNGOやNPOは活動資金を必要としており、今すぐ被災者支援に回されています。

そいういう団体に寄付するのもまた、大きなサポートになることでしょう。

自分達のできる事をできる範囲で続ける・・・それが何よりも大切な事だと思います。
スポンサーサイト

【2011/05/10 15:34】 | 未分類
|

自分に出来ることから
R.Oki
岩瀬様
 
 こんにちは。
 ボランティア活動お疲れ様です。
 また、被災地の現状のレポートもありがとうございました。
 まさしく爆弾が落ちたようで、言葉もない惨状という他ないです。
 ボランティアに行けない自分のような者も、自分に何が出来るのか全ての日本人が考えないといけないと思いました。
 健康に留意され、どうぞご無事にお戻り下さいませ。


岩瀬あき子
Okiさん、ありがとうございます。

本当にそうですね。身近な事でもできることは沢山ありますもんね。

今こそ、国民がひとつになって頑張らねば!!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
自分に出来ることから
岩瀬様
 
 こんにちは。
 ボランティア活動お疲れ様です。
 また、被災地の現状のレポートもありがとうございました。
 まさしく爆弾が落ちたようで、言葉もない惨状という他ないです。
 ボランティアに行けない自分のような者も、自分に何が出来るのか全ての日本人が考えないといけないと思いました。
 健康に留意され、どうぞご無事にお戻り下さいませ。
2011/05/13(Fri) 12:33 | URL  | R.Oki #6ZziGg..[ 編集]
Okiさん、ありがとうございます。

本当にそうですね。身近な事でもできることは沢山ありますもんね。

今こそ、国民がひとつになって頑張らねば!!
2011/05/13(Fri) 13:06 | URL  | 岩瀬あき子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可