日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
ボランティア3日目は、後方支援隊として、遠野市まごころネットボランティアセンターで、受付や物資の仕分け作業などすることになりました。

このまごころネットは、全てボランティアの人たちで運営されています。

P1100011_convert_20110510143338.jpg

ゴールデンウィーク中は多くのボランティアが被災地に向かいました。
ニュースによると4月29日~5月3日までの間、岩手、宮城、福島の3県で、約43700人のボランティアが活動したそうです。

宮城県のボランティアセンターでは、仕事が割り当てしきれずに断られた人もいたと聞きました。
なんとも勿体無い!
やる事は山のようにあり、人ももっともっと必要なのに・・・。

どうやら、需要の把握に手間取ってるようです。ボランティア側は、泥の撤去でも家の片付けでも何でもやるつもりでいても、頼む方は悪いと思ってしまうようで・・・。
情報がうまく伝わっていないのかもしれませんね。

一方、岩手県は首都圏から遠いため、数が比較的少なかった事もあるかもしれませんが、遠野にきたボランティアは全員朝から仕事する事ができました。

遠野からバスで陸前高田市、大槌町、そして桜木町あたりまで行き、仕事は学校や家に入り込んだヘドロの撤去、壊れた家屋の修繕、炊き出し、仕分けなど様々。
その日何をするかは、当日にならなければわかりません。

中でも一番ゴールデンウィーク中に多かった作業は、陸前高田市にあった魚の加工工場から流れ出した冷凍サンマや鮭の回収作業。
震災から2ヶ月近く経ち、腐ってウジがわいた魚がもの凄い悪臭を放っているのです。

このサンマの回収に向かうには、釘の踏み抜き防止のインソールが入った長靴、カッパ、ゴーグル、ヘルメットか帽子、防塵マスクで完全防備しなくてはなりません。

私はサンマ隊には入らなかったのですが、帰って来た人たちについた臭いで、ボランティアセンターもかなり臭かったです。

ここまで読むと、「うわ~、絶対行きたくない!」と思うでしょ?
私も、最初にボランティアセンターに着いてあの臭いを嗅いだ時、正直、かなり戸惑いました。
でも2日もここにいると、不思議なもんで、むしろサンマ隊に行きたい!と思うようになるのです。

「ここまで来たら、サンマやらずに帰れるか!」みたいな・・・
だから、受付や仕分け作業は人気がなく、サンマ隊の方に志願する人が圧倒的に多かったです。

ボランティアの人たちは日本全国から集まっていました。
私が話しただけでも、首都圏以外では、京都、大阪、岡山、福岡、佐賀など、遥々みんな夜行バスや電車を乗り継いで来ています。
女性が1人で参加してる人も結構いました。
遠野市はボランティアセンターの体育館に宿泊できるので、テントや車が無くても個人で参加しやすいんですよね。

外国人もかなりみかけました。
私が一緒に行動していた中国人もそうですが、日本在住のアメリカ人、カナダ人、イギリス人、オーストラリア人など、皆さん、日本の復興に力を貸してくれています。
中でも感動したのは、このアメリカ人グループ。

P1100003_convert_20110510143614.jpg

なんと彼らはわざわざボランティアをしに、遥々アメリカからやって来たのです。
多くの外国人が、放射能や余震を懸念して日本から離れているというのに、仕事を休んでわざわざ来日するなんて、そう簡単にはできません。
頭が下がります。

すっごくいいおじちゃん達でした。

次の日は、被災地を宮古市からずっと下って宮城までいき、岩沼市で更にボランティアしてきました。

P1100080_convert_20110510152231.jpg

下野郷学習館という子供たちが集う場所のヘドロ除去作業。
ひたすら泥をシャベルですくって運びました。

ヘドロ自体に有害物質が含まれている他、トイレも下水道も流されているので、汚水も含まれています。

そんな泥に汚染されている家や建物が数え切れないほどあるのです。

気温が高くなれば、更に臭いも強烈になることでしょうし、なんとか早く片付けたいですよね。

地道なボランティア活動がまだまだ求められています・・・

つづく

スポンサーサイト

【2011/05/10 14:43】 | 未分類
|


juri
本当にリアルな様子が伝わってきます。
サンマ部隊に入りたいってなかなか分からない心境だったし
テレビで遠野市のボランティアセンターのことをやってました。
今までにない沢山の人たちがボランティア活動をしているのだなと実感しました。
外国から来てくださる方たちもいらっしゃるなんて、本当に感激。
ありがたい


岩瀬あき子
本当、ありがたいよね。
ボランティアの数は連休中はいっぱいいたけど、連休後随分減ったみたいです。
これからが正念場なのに、大変だよね・・・
ボランティア休暇とか取り入れる企業が増えるんじゃないかな。
学生もドンドン行きやすい環境を学校が作って欲しいね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
本当にリアルな様子が伝わってきます。
サンマ部隊に入りたいってなかなか分からない心境だったし
テレビで遠野市のボランティアセンターのことをやってました。
今までにない沢山の人たちがボランティア活動をしているのだなと実感しました。
外国から来てくださる方たちもいらっしゃるなんて、本当に感激。
ありがたい
2011/05/10(Tue) 16:48 | URL  | juri #-[ 編集]
本当、ありがたいよね。
ボランティアの数は連休中はいっぱいいたけど、連休後随分減ったみたいです。
これからが正念場なのに、大変だよね・・・
ボランティア休暇とか取り入れる企業が増えるんじゃないかな。
学生もドンドン行きやすい環境を学校が作って欲しいね。
2011/05/10(Tue) 20:11 | URL  | 岩瀬あき子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可