日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
先日、引っ越しました。

電車に乗る時間が長くなったけど、結構座れるので、本を読んだりする時間が沢山できてラッキーなんてポジティブに考えていたのですが・・・

あまかった!!!

電車に乗る時間が長くなると、その分寝る人も増えてくる!

そして、必ずと言って良いほど、もたれ掛かってくるのです・・・

重いのです・・・

酷い時は、2人、3人、4人も向こう側から連なって押し寄せてくるので、めちゃくちゃ重いのです・・・

このままでは押し潰されてしまうと身の危険を感じた私は、色々試してみることにしました。

①まずは、肘で軽く、優しく押し返してあげる。

でもこんなものでは全然ダメ。

②次は、グイッとちょっと勢いつけて押す。

少し効果あるけど、またすぐビタ~っと寄ってくる。

③なんとかその体重を支えなければと、両肘を自分の太ももに付けて構えの姿勢をとってみる。

でも、これも苦しい。
なんで電車に乗りながらこんな苦しみに耐えなきゃならないのかバカらしくなってくる。

よし、押してダメなら引いてみろっだ!!

④寄りかかってくるのが幸い(?)男性ではなくて女性だったので、寄り掛かられてる方の手を彼女の肩の後ろにまわして、「どうぞ!いっその事、膝枕してあげますからっ」という体勢をとってみた。

衝立が無くなった彼女は、頭が私の膝に着きそうな程、真横に直角に曲がり、まるでマンガのような弓なり状態。
さぞ苦しいだろうと思うのに、それでもゆらゆら揺れながら寝てる。

睡魔、恐るべし!!

私はこの方が楽だけど、赤の他人とずっと肩組んだような体勢でいて、いつの間にか、ほのかな恋心が芽生えたらヤバいし、なんだかヨダレが垂れてきそうな危険性を感じたので、また①~③の繰り返し。

そのうち、いい加減、大声で叫びたくなった。

『起きろ~!!!!!』

なかなか言えませんよね、電車の中で・・・。

でも、どう考えても、確信犯なんだもん!!

そりゃ、みんな気づいてるさ、自分が横の人に寄っ掛かって迷惑かけてる事くらい。

夜間の酔っ払いならまだしも、昼間や朝でも普通にもたれ掛かってくるんですから。

それに、つい寄っ掛かってしまったって感じなら、ハッと気づいたときに謝りますよね。

しかし、そんな素振りは全くなく、むしろ避ける私に、「ちょっと何よ!寝られないじゃない!」みたいな視線を投げ掛けてくるのです。

そりゃね、現代人はみんな、疲れてるのは分かります。

でも、ベッド役はもっと疲れるんじゃ~っ!!
家で寝ろ~っ!!

・・・と言えない小心者の私は、何気なく立ちあがるしかないのでした・・・。

しっかし、よくまあ電車の中であんなに熟睡出来るもんですね~。

そういう私も、半年後には大口開けて、グーグー寝てるかな・・・
(^-^;)
スポンサーサイト

【2011/01/24 18:31】 | 未分類
|


KATSUE 
新居はいかがですか?

快適?  電車の中では大変みたいだけど・・・がんばって~!


あっこ
Katsueちゃん
ハロ~!承認が遅くなっちゃってごめんね。書き込みありがとう。
まあね、遠いけど、頑張るよ!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
新居はいかがですか?

快適?  電車の中では大変みたいだけど・・・がんばって~!
2011/01/25(Tue) 10:42 | URL  | KATSUE  #-[ 編集]
Katsueちゃん
ハロ~!承認が遅くなっちゃってごめんね。書き込みありがとう。
まあね、遠いけど、頑張るよ!
2011/01/31(Mon) 23:31 | URL  | あっこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可