日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
京都の鹿王院の近くには、こんな堀が続いています。



ありえなーい!!!

こんなの「さぁ、落ちて下さい」と言わんばかりじゃないですか!

しかも街灯が少なくて、夜はかなり暗いです。

私、1年に2度は確実に落ちる自信あります(笑)。

この界隈に行く方、くれぐれもお気をつけて。

しっかし京都の地名はホント、読めないですね。漢字が難しい!

今日一番の衝撃は、タクシーの運転手さんに教えてもらった地名。

「一口」

さぁ、何て読むでしょう??

「ひとくち」…これは普通ね
「いっこう」…これも誰でも考える
「いちろ」…漢字とカタカナ混ざってるし

これは想像をはるかに超えてました。

答え

「いもあらい」

・・・完全に意味不明です。

一体誰がつけたのでしょうか。
酔っ払ってたのかな。
σ(^_^;)

それはさておき、今朝は撮影の前に芸能の神社として有名な「車折神社」に行ってきました。



日穏公演の成功をお祈りしてきました!!

神様、どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

【2018/06/13 22:35】 | 未分類
|