日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
あ~、今日でもう6月も終わり!!
今年も半分終わっちゃいました・・・
早い、早すぎる!!!

そして、またまたビオンの夏、キンチョーの夏がやってまいりました。
日穏-bion-第8回公演「月の海」のチケット予約受付を開始しています。

内浦純一君の友人、松浦周作くんが経営する株式会社マッシュルームデザインにお願いした素敵なチラシができてきました。
MX-3140FN_20160630_122247_001_convert_20160630141617.jpg

チケットのお申し込みは、私に直接連絡いただくか、下記の予約フォームからお願いします。
ご予約おまちしています!!!

公演の詳細は日穏-bion-ホームページをご覧ください。

<東京公演>
●日 程 2016年8月31日(水)-9月4日(日)
●チケット(全席自由) 一般 前売り 3,800円 当日 4,000円 高校生以下 2,500円
☆割引公演 31日(水)夜・1日(木)昼公演 3,500円(8月20日までの予約のみ)
●場 所 下北沢「劇」小劇場  
小田急線・京王井の頭線 下北沢駅南口 徒歩3分
東京公演チケット予約フォーム(岩瀬扱い)はこちら

<富山公演>
●日 程 2016年9月30日(金)・10月1日(土)
●料 金(全席自由)一般 前売り/当日 3,000円 高校生以下 2,500円
●場 所 富山県民小劇場ORBIS 
〒930-0003富山市桜町1-1-61マリエとやま7F
TEL 076-445-4531
富山公演チケット予約フォーム(岩瀬扱い)はこちら
スポンサーサイト

【2016/06/30 14:17】 | 未分類
|
今日は母のお誕生日です。

昨年は宇都宮のレストランでお祝いして、傘とショールをプレゼントしました。
あれからもう一年かぁ・・・

一昨日、母の遺骨を散骨した際ほんの少しだけ残していた骨を、実家のお墓に納めてきました。

このお墓には、父方の祖父母、1歳で亡くなった父の姉、そして父と、すでに4人の遺骨が納められています。

父が亡くなる少し前に祖父母の33回忌をやったのですが、その際、住職さんに言われて、骨壺から骨を土に還しました。
なるほど、どんどん骨壺を入れていったらスペースが足りないですもんね。

そういうもんなんだぁ・・・

と、そこまでは納得がいったのですが・・・

その後父が亡くなり、いざ納骨となった時、そこには父の両親とお姉さんの骨がまかれています。
住職さんは、「さすがにご両親の遺骨の上に大きな骨壺をボンと置くわけにはいかないから、この際お父さんのもあけちゃいましょう!」と言って、有無を言わさず父の骨は段ボールの滑り台でザザーっと祖父母の骨と混ぜられてしまいました。

私たちは呆気にとられた状態・・・

当時のブログにも書きましたが、この時一番上の兄が仕事で同席できず、後でその事を聞いた兄は「何十年も入っていると思ったから高い骨壺にしたのに、49日で出されちゃったのか・・・」と言っておりました。

そして、その何万もする骨壺は、いつの間にか住職さんか石屋さんが持って行ってしまっており・・・
あれは絶対洗って使いまわすに違いないという家族の総意でありました・・・(^^;)

まぁそんな事もあり、母は自分の骨も混ぜられちゃうんだなぁ・・・と思うと複雑だったみたいで、「私の時は撒いちゃって」と何度か口にしていました。

お見合いで父と結婚し、知らない土地へ嫁いできた母。
祖父母と同居し、祖父が認知症になった時も家で介護し、時代が時代なだけに、今の私たちからは想像できないような苦労をしていたのかもしれません。

それで散骨する事にしたのですが、まぁお寺との関係もありますし、父も入っているわけだから・・・
ってな訳で、少しだけ残った骨粉を上から撒くのではなく、容器に入れて「個室」っぽくちょこっと入れてあげることにしました。

ほら、最近は同居するにも二世帯住宅が主流ですしね!(笑)

まぁ色んな考えの方がいらっしゃると思いますが、ことお葬式や埋葬方法に関しては、本人が望むようにしてあげるのが一番だと思います。

人間いつ死んでしまうか分からないのですから、いざという時の為に、希望を残しておけば残された人たちは助かりますよね。

私も20代の頃に書いた「遺書」という名の遺言にそのへんの事も付け足しておこうと思う今日この頃であります。


【2016/06/28 14:22】 | 未分類
|
男性ボーカルグループ「ダークダックス」のマンガさんが亡くなりました。
お世話になった方の訃報は辛いですね・・・

mangasan_convert_20160623085016.jpg

マンガさんが経営していた長野のペンション「アドリブ」で撮った写真。この時私は高校生(左から4番目のショートヘアが私です)。
「おじちゃま」と呼ばれていたマンガさんはいつも冗談を言って楽しませてくれてました。

心からご冥福をお祈りします。

同じくメンバーだったパクさんは5年前、ゲタさんも今年3月に他界され、今はダークダックスもゾウさん一人になってしまいました・・・

元々母が知り合いだったので、子供の頃からコンサートにも行ったし、車の中でも素敵な歌声を聴いてました。
学生時代は合唱団に入り、今でも「ハモる」のが好きな私の原点は、ダークダックスだったと思います。

マンガさんが体調を崩されてから母と一緒にお見舞いに行った事がありますが、その時もずっとニコニコされて、笑顔が素敵なおじちゃまでした。

あの美声をもう聴けないのは残念ですが、きっと母も天国で再会できて喜んでいる事でしょう。

【2016/06/23 09:11】 | 未分類
|

マンガさんと一緒 素敵な写真ですね!
佃 靖彦
ダークのみなさんは、ワグネル・ソサィエティー男声合唱団のほぼ10年先輩です。
学生時代は、ダーク演奏会のステージに載せていただいたり、演奏旅行にご一緒いただいたり、大変なお世話になり、ご支援を戴きました。
マンガさん、ずっとお顔を見れなくなり、ダークの3人と一緒に歌っていましたが、その後は、ゲタさんとゾウさん、そして数年前には、ゾウさんだけと一緒に歌いました。
この写真、素敵ですね!マンガさんの素敵な美声が聞こえてきます。
どうぞ、演劇、がんばってください。

ありがとうございます
あっこ
佃さま
コメントありがとうございます。
ダークダックスの皆さんと一緒に歌われてたんですね!羨ましいです。

先日、マンガさんのお葬式に行ってきました。
お経の前後にダークの曲がかかっていて素敵なお別れでしたよ。


コメントを閉じる▲
13442165_993452817370882_5515986999828496548_n_convert_20160613115317.jpg

住所録の整理のため、去年の公演後にお客様が書いて下さったアンケートを一枚一枚、改めて読ませていただきました。
本当に沢山の方が嬉しいご意見を書いて下さっていて、読みながら泣きそうになりました。

まずはこれだけの人が時間と労力を使ってアンケートを書いてくれた事に感謝。
ざっと計算すると、観に来て下さったお客様の半分以上がアンケートにご協力下さいました。
これは私の経験上、かなりの回収率です。
後からわざわざ郵送やFAXで送ってきて下さった方もいました。
楽天ショップなら「レビューを書いたら送料無料!」とかあるけど、公演アンケートは書いたところで何の特にもなりませんからね😅

その上、ほとんどの方が「良かった」「感動した」「もう一度観たい」などと書いて下さっていて…😭


芝居は好みです。それは人の顔や食べ物の好みのように、みんな違って当然!
芝居も自分が面白いと思う物でもそう思わない人は沢山いるし、「これ最高!」と人が勧めてくるものを「え〜?!どこが??」と思う事もよくあります。
だから、自分の作品を全ての人が楽しんでいる訳ではないことはよく分かっています。

でも、少なくともここに書いて下さった方々の言葉に偽りはないと思います。
本当に、私達の作品を観て、思いを共有してくれた…

それこそが、苦しい思いをしても頑張れる原動力になっているんだと改めて思う今日このごろです。


アンケートから一部抜粋したものがホームページにアップしてありますので、興味のある方はご覧ください。
日穏-bion-HP 「明日花 お客様の感想」

【2016/06/13 11:59】 | 未分類
|

さてさて、長らく日穏-bion-公演の事書いていませんでしたが、着々と準備は進んでいます。

昭和のイメージが強い日穏ですが、今年は現代が舞台!やった!!いちいち時代考証考えなくて済むぞ~(笑)

以下、詳細です。

是非今からスケジュール空けておいて下さい!


日穏-bion-第8回公演「月の海」

作・岩瀬晶子 演出・たんじだいご


東京公演… 8月31日(水)~9月4日(日) 下北沢「劇」小劇場
富山公演… 9月30日(金)・10月1日(土) 富山県民小劇場ORBIS


<出演>
内浦純一、岩瀬晶子、村中玲子、深津哲也、 山中茂樹、いまいゆかり、宮内勇輝、たんじだいご


<ストーリー>
仕事を辞めて実家で母の介護に専念している望月静。
認知症が進み老人ホームに入ることになった母に家での最後の時間を楽しんでもらいたいと願う娘だったが、母は5年前に他界した静の弟・豊に会いたいと言って困らせる。
そんなある日、インチキ商品を売り歩いている大木勝男がやってくる。なんと彼は亡くなった弟にそっくり!そこで、商品を買う代わりに母がホームに行く前の数日間だけ弟のフリをしてくれと頼む静。お金に困っていた勝男は、いやいや引き受けることに・・・。
かくして、近所のおばちゃんやヘルパーさんなどを巻き込んで、母を喜ばせる作戦が始まるのだが・・・

社会的な問題を笑いと涙たっぷりで包み込む日穏-bion-の最新作は、「家族」と「いのち」をテーマにしたお話です。


チケット予約受付開始は6月20日(月)です。

予約方法などは追ってこちらにもアップしますが、もし今から予約しちゃいたい!という方は、直接私にご連絡いただくか、こちらにコメント残して下されば、主宰者権限でご予約承っちゃいます(^^)。

よろしくお願いします!!


日穏-bion-ホームページはこちら


【2016/06/10 10:46】 | 未分類
|