日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
今、あるクラスを取っていて、世界で起こっている時事ネタについてディスカッションする機会が増えたのですが、先日話題に上ったのは、

「gay marriage」

・・・つまり、「同性婚」についてでした。

アメリカの連邦最高裁は今年6月、連邦法である「結婚保護法」を違憲だとする判決を下しました。
この結婚保護法というのは1996年に成立したもので、「結婚は男と女の間で行われるもの」と規定して同性愛者間の結婚を認めていません。しかし現在アメリカの13の州では既に同性婚が認められているため、連邦法が認めないのはおかしいという事でこれを違憲とし、同性婚が合法化される道が大きく開かれた事になります。

5月にはフランスが同性婚を合法化し、現在14カ国で同性婚が認められています。
アイスランドの女性首相ヨハンナ・シグルザルドッティルさんも、同性愛者であることを公言し、パートナーの女性と結婚しています。

先進国では徐々に同性婚の合法化が進んできてますね。

それでは日本はどうなんでしょうか??

外国では大きな話題になっているにもかかわらず、日本ではほとんど議論もされていませんね。

そして先日のディスカッションでも、同性婚に反対する方が結構いる事にビックリしました。
ネットなどで調べても、反対意見は多いようです。

日本はキリスト教やイスラム教など、同性婚に反対する宗教を信じている人の割合は低いし、そもそもあまり宗教心は強くない人がほとんどだと思います。

では、なぜ反対なのか??

返ってきた答えは、

「昔から結婚は男女間でするものと決まっているから」
「子供の教育上良くないから」
「別に付き合うのは勝手だけど、結婚までする必要ないでしょ?」
「何となく嫌」

などなど・・・

う~む・・・やはり分からない。

そもそも同性婚を合法化する事で、反対する人たちに何らかの影響が出るとは思えないし、「なんとなく嫌」っていうのは、そう思う人の問題であって、当然同性愛者には何の責任もありません。

まずは「なんとなく嫌」と口にすることが差別だという事に気づくことが第一歩だと思うのです。

アメリカの南部では、1964年に公民権法(Civil Rights Act)が制定されるまで合法的に黒人を差別していました。乗るバスも、使うトイレも、異なる人種間の結婚も認められていなかった。

勿論、未だに人種差別は水面下で存在しています。植えつけられた差別意識って、なかなか消す事は難しいのでしょう。南部だったバージニアに住んでみて、その辺の複雑さは理解しました。
しかし、今のアメリカで差別発言を大っぴらに言う人はかなり少数だと思います。ニュースになる事、周りから叩かれる事を承知で、あえて言葉に出して物議を醸している人たちでしょう。
そう発言する事は差別であり、間違っていると誰もが認めているからです。

日本もまた然り。
戦時中は他のアジア諸国民を差別的な呼称で呼んだり、侮蔑することに何のためらいも無かったかもしれませんが、今そんな風に大っぴらに呼ぶ人がいるとしたら、それは一部の過激派グループだけで、非難の対象となるでしょう。

でも、ゲイに関しては一般の方が普通に「嫌だ」と言います。
「気持ち悪い」という人もいます。
特に年配の方々にはどうにも受け入れられないという方が多くいます。
もしかしたら、「同性愛者=おかしな性癖を持った危険な人たち」などと思っていたりするのかもしれません。

そういった環境が、ゲイのカミングアウトを難しくしているんでしょうね。
そして、カミングアウトできないから、日常の中で彼らを身近で知る機会が少なく、お互いを理解する事ができない・・・といった悪循環に陥ってしまう。
悲しい事です。

あるリサーチによると、日本人の20人に1人はゲイだそうです。
決して特殊な存在ではなく、私が普通に異性に惹かれるように、彼らも普通に好きになる相手が同性だというだけです。

昔、本で読んだのですが、あるネイティブ・アメリカンの部族では、性別が2つではなく、4つあったそうです。
「男らしい男」
「女らしい女」
「男らしい女」
「女らしい男」の4つ。

それを知って、私は妙に納得しました。

なるほど、それが人の自然の形なんだ!!

「性別は2つ」と決めつけてしまっている現代の社会の方が間違っているのではないでしょうか。

同性婚の合法化によって、少しでもその矛盾がなくなればいいのですが・・・


それでも納得できないそこのあなた!
まずはちょっとしたきっかけでゲイの人たちへの偏見を取り除いてみませんか?

ちょうど来週8月27日~9月8日まで、下北沢OFF・OFFシアターで「劇団フライングステージ」の公演があります。
「ゲイの劇団」として、とても素敵な作品を作っている劇団です。

実は私も随分前に客演したことがあり(客演はゲイじゃない人も大勢出ています)、今でも劇団員のみんなと仲良くしています。

人は、自分の知らない事、自分と違った人に対して偏見を持ちがちです。

いじめや戦争もそんな偏見から生まれてきます。

まずは、その偏見を取っ払うところから始めましょう!!
スポンサーサイト

【2013/08/25 01:27】 | 未分類
|
b_i_o_n

ちなみに、祖父はアナウンサーじゃなくて、児童文学者の藤田圭雄です。何でテレビ番組の司会してたのか経緯は知らないけど、他にもクイズ番組とかやってたらしい。滝沢修さんらと芝居にも関わってたらしい。物書きで、芝居に関わり、司会やる…これって血!?(笑)
08-23 18:06

今、NHKあさイチ瀬戸内寂聴プレミアムトーク見てたら、50年前に寂聴さんが出演したトーク番組が流れた。なんと、その司会が私の祖父だった!ビックリ~!
08-23 08:56


【2013/08/24 03:26】 | 未分類
|
b_i_o_n

夏と言えば甲子園!連日暑い中、選手も応援団も頑張ってますね。しかし応援団が演奏する曲がどれも懐かしい。「サウスポー」「パラダイス銀河」「宇宙戦艦ヤマト」「ルパン三世」等々。今の高校生知ってるのかな~、最近の曲は演奏しないのかな~と思ってたら、「あまちゃん」のテーマ曲が流れた!
08-14 22:16


【2013/08/15 03:26】 | 未分類
|


Takashi S.V.
お久し振りです。

お蔭様で手術は無事に終了し、約2週間で退院できました。

I'm very happy that my terrible back pain has completely gone thanks to the operation.

By the way, don't you have a plan to come back to NHK radio show?

Write to you again,

Congratulations!!
Kay
Takashi, I am so happy to hear that your operation went well!!
退院おめでとうございます!
これから寒くなってくるので、どうかお気をつけて。

At the moment, no plan to go back to NHK...sorry.

コメントを閉じる▲
b_i_o_n

今夜0時から3時頃までが流星群見られるピークだというので、それに備えて夕食後ちょっと寝て、起きてみたら…空は雲で覆われていて、星が見えない!!あ~ん、楽しみにしてたのにぃ!!(>_<)
08-12 23:19


【2013/08/13 03:27】 | 未分類
|
今日で広島に原爆が投下されて68年目。
広島では平和祈念式典が行われ、私もテレビの前で8時15分に黙とうを捧げました。

広島

「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませぬから」

広島の慰霊碑に刻まれた言葉です。

この日を忘れてはいけない・・・

段々と原爆の経験を語れる方々が少なくなっていく中、私たち世代がより若い世代に伝えていかなければいけないと改めて感じます。

今日のあさイチのテーマも「戦争ってなに?」と題して、平和教育についてでした。

・・・が、それを見ながら、少し違和感を感じたのは私だけでは無いのではないでしょうか。


日本では、「戦争教育=原爆や空襲での悲惨な体験を伝える事」が主流です。
ドラマや映画、報道でも、圧倒的に被害者の視点から伝えているものが多いですよね。

勿論、一般市民が原爆や空襲で焼き尽くされるなんて、到底正当化する事はできません。
原爆については、今でも後遺症や差別に苦しんでいる方々が大勢いるのです。
その被害を伝える事はとても大事なことです。


しかし、「戦争」について子供たちに教育するのであれば、「なぜそうなってしまったのか」を伝えなければ意味がない。

なぜ戦争が起こってしまったのか。

なぜ大勢の市民が殺され、多くの若者が戦地で悲惨な死を遂げたのか・・・

そして、日本軍が占領下のアジア諸国で行ってきた残虐な行為についても、きちんと向き合って話をするべきではないでしょうか。
従軍慰安婦や南京大虐殺など、なるべく政府が触れたがらないトピックについても、なぜその話がタブー視され、議論を巻き起こしているのかも含めて教え、さらにそれらの事柄について自分で考えさせるようにするべきだと思います。

私が通っていた学校では、平和教育と呼べるようなものはほとんどありませんでした。
教科書にも今と違って日本軍の加害行為について言及した記載はなかったし、そもそも縄文時代から始まった歴史の授業は近代になる頃には時間がなくなり、さら~っと触れて終わりだったように記憶しています。

これは、おそらく育った地域や学校の方針、先生個人の考え方によっても大きく異なるとは思いますが、少なくとも自分の体験から言えば、学校で戦争について学んだのは、勃発した年号ときっかけとなった事件くらいのものでした。

アメリカで教育を受けて初めて知った事も多かったですし、外国が日本をどう見ているかにも気づかされました。

そんな世代が今、親となり、また教師となっているのですから、まずは私たち戦後昭和生まれの世代がきちんと歴史と向き合い、伝えられるように勉強しないといけませんよね。

同じ敗戦国のドイツでは、小学校のころからナチスの行った残虐行為についてとても詳しく学ぶそうです。

日本もグローバルな人材育成を目指すなら、まずは英語教育よりも自国の過去と向き合う平和(戦争)教育に時間を割くことの方が先決ではないでしょうか。

【2013/08/07 01:47】 | 未分類
|

My Personal Affair
Takashi S.V.
ご無沙汰しております。

 私事で大変恐縮ですが、実は去年の暮れ辺りからひどい腰痛に悩まされており、病院で検査した結果手術が必要とのことでした。
 今日これから入院し明日手術です。全身麻酔で2時間程度とのことです。

Actually, I have to admit I'm a very coward as opposed to how I look. I'm so scared of the operation.
Would you please pray that it'll go well?

 では、退院したらまた投稿します。


ケイ
Takashiさん、書き込みありがとうございます。
今日、腰の手術をされるとの事、成功を心からお祈りしています。
退院して元気になったら、またご連絡下さいね。
フレー、フレー、タカシ!!!

コメントを閉じる▲