日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
はい、アフリカシリーズ最終章でございます。

いつまでも余韻に浸ってばかりもいられませんものね・・・。

最後の日に行ったのは、ボツワナのチョベ国立公園。

ここでは、まずはChobe Riverをボートに乗って水辺に集まった動物たちを観察するボートサファリに参加しました。

陸地で見るのとはまた違った楽しみがあり、見られる動物も様々。

最初に遭遇したのは、サバンナモンキー(Vervet Monkey)の家族

IMG_3217_R.jpg

こちらは、フィッシュ・イーグル(Fish Eagle)
かっこいい!!

IMG_3224(トリミング)_R

こちらの鳥さんは名前が分からないのですが、とっても綺麗。

IMG_3235_R.jpg

川の中ほどにいくと、そこには、カバがこれでもかってくらい重なりあってました。
名付けて、Hippo Island!

IMG_3300_R.jpg

カバって結構鳴くんですね~。ちょっと豚さんっぽい鳴き声。

IMG_3251_R.jpg

こちらはセーブルアンテロープ(Sable Antelope)
「セーブル」とは、漆黒という意味だそうです。凛々しいお姿ですこと。

IMG_3266_R.jpg

ジャーン!ワニだぁ!!

CIMG1180_R.jpg

見て、この歯!

CIMG1173_R.jpg

ワニは、なんと100年以上生きるそうです。そして、2ヶ月くらい食べなくても大丈夫なんだとか・・・
なんか、いいなぁ。エンゲル係数低くて(笑)

お気に入りの写真2枚。
ペコちゃんクードゥーとキリンさん

IMG_3420_R.jpg

IMG_3435_R.jpg

以上、アフリカ紀行でした!!

最後に、私が撮影した動物たちの写真をスライドショーにして、YouTubeにアップしました。
良かったら、パソコンで画面を大きくして見てください。
このブログに載せた写真も半分くらい入ってますが・・・
8分くらいあります。

あ、音楽が流れますので、お仕事場などではお気をつけて~

ここをクリック↓
AFRICA MAY 2013 YouTube画像



スポンサーサイト

【2013/06/29 19:07】 | 未分類
|
いつまで続くんだ、このアフリカシリーズ!!(笑)

そろそろ動物の写真に飽きてきたあなたに、お次は滝です!

北米にあるナイアガラの滝、南米のイグアスの滝と並ぶ、世界三大滝のひとつ、ビクトリアの滝(Victoria Falls)。

ザンビアとジンバブエにまたがっています。

移動中の飛行機の窓から・・・

51_R.jpg

52_R.jpg

わざわざ滝の上で旋回してくれたので、とてもよく見えました。
パイロットさん、ありがとう!

ちょうど雨季が終わったばかりという事で、ものすごい水量!

滝の近くに行くとめちゃくちゃ濡れると言われ、レインコートと傘まで用意していきましたが・・・

全く意味なし!!

バケツの水をひっくり返したような水しぶきを浴び続け、靴の中も全てビッチョビチョになりました。
(^^;)

CIMG1030_R.jpg


最初から水着にビーチサンダルの人もいましたね・・・賢明かも。

でも、そんなのも楽しみの一つです。

まずはジンバブエ側にあるVictoria Falls National Parkから見た滝

IMG_3172_R.jpg

IMG_3171_R.jpg


ずぶ濡れになった後、歩いてれば乾くだろうと、2キロほど離れている国境を越えて、ザンビアへ。

ザンビア側にあるモーシ・オワ・トゥーニャ国立公園(Mosi-oa-Tunya National Park)から

あ、ちなみに、「ヴィクトリア・フォールズ」というのはジンバブエ側の呼び方で、ザンビアでは「モーシ・オワ・トゥーニャ」と言うんだそうです。

IMG_3200_R.jpg


ここでは眺めるだけでなく、色々なアトラクションもあります。

この渓谷に向けてバンジージャンプ!

IMG_3180_R.jpg

なんてのもあり、一度やってみたいと思っていた私。
どんなものかガイドさんに聞いてみると、

「ああ、楽しいよ!紐さえ切れなければね」

とのお返事。

そりゃそうだろう・・・紐切れたら終わりじゃん。

えっ?まさか切れたことあるの??

「あるよ、2年前に」


あるんか~い!!!!!!!!

しかも最近じゃないかぁ~!!


・・・小心者の私は、あっさり引き下がりました。


ドキドキアトラクション第2弾は、ここDevil's Pool

訳して「悪魔のプール」

IMG_3195_R.jpg

ネーミングが怖いよ~

ここは、滝が流れ落ちる手前のところにある天然プールで、水量の少ない時期には実際に入ることができるんだそうです。
今の時期は絶対無理!!
一瞬で滝壺へ真っ逆さまですね・・・

水量が少なくても、結構勇気いるなぁ。

写真だけではあの迫力は伝わらないと思い、動画アップします。
あんまり良い画ではありませんが、水の勢いは分かるかも。

こちらのサムネイルをクリックして再生して下さい。

動画:Victoria Falls


綺麗な虹

57_R.jpg


ザンベジ川に沈む夕日

IMG_3141_R.jpg

次の日は、ボツワナのチョベ国立公園!

【2013/06/19 11:14】 | 未分類
|
梅雨入りした途端に全く雨が降らない日が続いていましたが、今日は朝から曇り空。
なんと、台風が接近しているそうな・・・皆さんどうぞお気をつけて~

さて、サファリの続きです。

翌日、今度は別のオスライオンを発見しました。

IMG_2960_R.jpg

ベッカム風のたてがみがいなせなお兄さん。この端正な横顔・・・
ハンサムだわ~

IMG_2963_R.jpg

ライオンの群れは、基本的に女系で、そこにオスが通常1頭。

生まれてきた子供のうち、オスは若いうちに群れから出ていくそうです。いわゆる近親相姦にならないようにするためとか・・・

そして成長して大きくなったら、血縁関係がない他の群れを乗っ取ろうと戦いを挑みます。
戦いに勝つと、その群れの子供のライオンはみんなそのオスに殺され、子供を殺されたメスは発情し、そのオスとの間に子供を作ります。

しかし、その子供が成長して繁殖が可能になる前に、また新しいオスがやってきて、年老いたオスは群れから追い出されてしまう・・・

この繰り返し。

「オスは基本的に狩りをしない」と聞いて、メスに働かせてばかりで、のほほ~んとステテコ履いて縁側でうたた寝してるオヤジかよ!と思いきや、そんな平穏は長くは続かないんですね。

体が大きすぎて狩りが苦手なオスライオンは、群れから離れたらやがて野垂れ死んでしまうそうです。

群れの中で近親相姦を避けて子孫を残すために課せられた、自然界の過酷な仕組み。

やっぱり人間も動物なんだな・・・と考えさせられてしまいました。


近くで発見した前日のカップル。

IMG_2983_R.jpg

どうやらベッカムは、このオスとの闘いに敗れたようです・・・



次に発見したのはシマウマ(Zebra)

IMG_3022_R.jpg

こちらのシマウマは黒と白だけでなく、間にもう一色、茶色っぽい縞がありました。

尻尾も綺麗に編み込みのように縞になってるんですね。美しい!

IMG_3017_R.jpg


こちらは、ワイルド・ドッグ。狩りの名手だそうですよ!

IMG_3047_R.jpg


そして、わたくし念願のキリンさん(Giraffe)を発見!!!

IMG_3067_R.jpg

なんとも憎めないこの表情。

IMG_3059_R.jpg

身長4~5メートル、体重はオスで1.3~1.5トン、メスでも900kgくらいはあるそうです。

近くで見ると、本当に大きい!!!

キリンは首が長いので、首を下げると頭に血が集まって大変らしく、長時間横になれない。
横になっても首を地面につけてしまうと持ち上げられないらしく、クルッと丸めてお尻の上に乗っけるそうです。

しかも、30分~1時間しか寝ないんだって!!
辛そうだなぁ・・・

でも、いつ敵が襲ってくるか分からない訳ですからね。
ぐっすり熟睡なんてしていられないのでしょう・・・


IMG_3104_R.jpg

木と完全に同化してるトカゲ(?)
レンジャーのずば抜けた視力に脱帽しました。

ジープでガタガタの道を走りながら、なんで何メートルも離れている木にとまってるトカゲに気づくんだ??


【2013/06/11 02:37】 | 未分類
|
サファリは、日中は25℃位まで上がり、日差しも強いのですが、朝晩はかなり寒かったです。

ユニクロのダウンと使い捨てカイロ持って行って良かった~。

一応マラリア対策に、蚊が寄り付かない繊維でできている洋服(があるんですね、知ってた??)と抗マラリア薬を持って行ったのですが、もう蚊が出る季節は終わっていたようで・・・一安心。

ライオンやヒョウなどは朝方か夕方に活動する事が多いそうで、ゲームドライブもそれに合わせて朝早くと夕方から出かけます。

アフリカの朝やけ

IMG_2850_R.jpg


サイ(White Rhino)。

IMG_2795_R.jpg

サイの角は、中国で漢方として珍重されており、密猟者が狙っているんだそうです。
はぁ・・・SIGH・・・


アカハシコサイチョウ(Red-Billed Hornbill)

IMG_2803_R.jpg

ビッグファイブの3番目、ヒョウ(Leopard)を発見!!

IMG_2868_R.jpg

なんとも美しい毛並。
この毛皮は彼らが纏っているからこそ美しいのです。

IMG_2887_R.jpg

朝早くはヒョウも眠いよね・・・ 

IMG_2880_R.jpg

早くもビッグファイブ4番目、ゾウさん(Elephant)!

IMG_2903_R.jpg

IMG_2927_R.jpg

大きな木も牙でバンバン伐り倒してむしゃむしゃ食べまくるゾウ。
なんと、一日に20本も倒しちゃうんだそうです。
倒さなくても、皮を食べるので、木は水路を絶たれて枯れてしまう。

それがこの国立公園では大きな問題になっているんだとか・・・

ライオンやヒョウもゾウは食べないので、敵がいない=数が減らない。
現在、クルーガーには17,000頭ほどゾウがいるそうで、という事は単純に一日34万本の木が倒されている。
これ、一週間で238万本!!
なんだか驚異的な数字です。
しかも、ゾウは60歳くらいまで生きるんだそうですよ。

とても頭が良いというゾウさんに、せめて「一度食べ出したら、最後までその木を食べなさい」って言い聞かせられないものでしょうか・・・

真っ青な顔のホロホロチョウ(Helmeted Guineafowl)
IMG_2956_R.jpg

クドゥ(Kudu)
IMG_3090_R.jpg

カールした立派な角が特徴のオス。後ろ姿しか撮れなかった・・・
IMG_3094_R.jpg

え~、今日のところはこんな位にしておきます。

まだまだ動物続きます・・・(^^;)

動物に興味のない方にとっては、はっきり言って面白くないと思いますが、記録しておきたいもので、もう少しお付き合いください。

夜は星が本当に綺麗に見えました。

南十字星や天の川もはっきり見えて、ずーっと星空を眺めてた。
オリオン座が逆さまに見えるのが面白かったです。



【2013/06/05 09:05】 | 未分類
|
ケープタウンを満喫した後、飛行機に乗って、南アフリカの北東に位置するクルーガー国立公園(Kruger National Park)に行きました。

南半球に位置する南アフリカは、当然の事ながらこれから冬になります。
夏の間は草が茂って雨も多いため、動物が見つけにくいとのことで、秋から冬にかけてのこの時期はサファリドライブに適しているそうですよ。

それでは、いざサファリへ!!

こちらはレンジャーと呼ばれるエキスパートのお二人。
このあたりに生息している野生の動物の事は何でも知ってます。そして、めっちゃ目がいい!!
こんな感じの屋根のないジープに乗っていきます。

CIMG0829_R.jpg

まずはそこら中にいるインパラ(Impara)
お尻の縞模様が特徴です。

IMG_2942_R.jpg

IMG_3103_R.jpg

インパラは群れて生活しているのですが、大勢のメスの中にオスは一匹しかいられません。
つまり、ハーレム状態!
でも、やっぱりハーレムを維持するには強くなければいけないのです。
立派な角があるのがオス。

IMG_2938_R.jpg

別のオスが近づいてきて、戦っているところを何度か目撃しました。

さらに野生の動物たちを探しに移動を続けます。

とりあえずは、ビッグ5=ライオン、ヒョウ、ゾウ、サイ、バッファローが見たい!
それから、私の大好きなキリンさんも見たい!

でも、こればっかりは必ず見られるというものではなく・・・
しばらく探し回っていると、さりげな~く登場しました。

うわ~!!!ライオンだぁ!!!!

IMG_2813_R.jpg

しかもカップル!!!

IMG_2818_R.jpg

このお二方、しばらくじーっと周りを警戒するようにしていたのですが、いきなりオスが襲い掛かり・・・


合体!!!

IMG_2827_R.jpg

なんと、野生のライオンの交尾を目撃してしまいました!!

IMG_2828_R.jpg

メスライオンは着床率を上げるために、仰向けになって地面でごろごろするんだそうです。
誰が教えた訳でもなく・・・動物の本能ってすごいですね。

ちょっと満足顔のオス(笑)

IMG_2840_R.jpg

初日からライオンのカップルが見られるなんて、超ラッキーでした。

あ、でもプライベートを覗き見して写真まで撮っちゃってごめんなさい・・・

IMG_2845_R.jpg

サファリの夕日は、息を呑むほど美しいです。

まだまだ続く・・・

なんせ写真がいっぱいありすぎてね(^^;)


【2013/06/03 10:41】 | 未分類
|