日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え~先日、久しぶりにNHKで一緒に仕事をしていた友人の結婚披露パーティーに行ってまいりました。

とっても幸せそうな二人からポジティブオーラをたっぷりいただきましたよ~。おめでとう!!

IMG_0285_convert_20120530230941.jpg

で、そのパーティー中にクイズみたいなものがありまして、私、またまた景品いただきました。

また・・・と言うのも、私、クジとかビンゴとか、そういった類いのものに当たる確率がものすごく高いんですよ。
しかも、何故か電化製品がよく当たる(笑)!

今までに、ステレオコンポ、ポータブルMDプレーヤー、DVDプレーヤー、デジタルカメラ、ディズニーランドペアチケット、ルクルーゼの鍋、コーヒーメーカーなどなど・・・その他、諸々ゲットしてきました。

でも、残念ながらほとんど手元に残らず、誰かにあげてしまってます・・・。

だって、ステレオやDVDプレーヤーなんかはもうすでにあるから何台もいらないし、ディズニーランドも結局タイミングを逃していけなかった・・・。
コーヒーも飲まないし・・・・

そんな訳で、本当に運がいいのかどうか、よく分からないです。
まぁ悪くはないでしょうけどね、きっと。

運の使い方が間違っているのかな(^^;)

でも、宝くじなんかは何回か買ったことあるけど、当たらないのよね~。

どうやら、自分から「欲」を出すとダメみたい・・・



スポンサーサイト

【2012/05/31 08:06】 | 未分類
|
え~、現在ホームページが見られなくなってしまっています・・・。

今まで使っていたサービスが停止になりまして、半年間無料で延長するサービスに加入したつもりが、出来ていなかったようで・・・。

この際だから、新たにホームページ作成して、新たなドメイン名で復活させるつもりでいます。

なのですが、現在やらねばならぬことが目白押しで、すぐには無理かも~!

6月の第2週目までには完成させるつもりでいます。しばし、お待ちを!!


【2012/05/30 23:04】 | 未分類
|
先日、日本舞踊の発表会がありました。

年に一度の発表会。今年は長唄「都鳥(みやこどり)」を踊りました。

IMG_0261_convert_20120522125955.jpg

「都鳥」は芸者さんの踊りで、恋する人を想う切ない気持ちが込められています。

この着物は10年近く前に古着屋さんで購入したもの。
本当に古~い着物で、実際に芸者さんが着てたものみたいですよ。

例年同様、「気軽に日本舞踊を!」をテーマに(?)やってきている私たちは、お金のかかる事は排除して、全て手作りの舞台です。
出番の数曲前までジャージ姿で舞台裏で屏風運んだり幕の開け閉めをしたりと働きまくり、踊りが終わった後もバタバタと着替えて裏方へ。

息をつく間もないのですが、もっともっと凄いのが我らが師匠、花柳奈千穂先生。

とても80才近いとは思えない身のこなしで、みんなの着付けから後見まで裏方もさることながら、なんと4曲も踊られたのです。
そのうちのひとつは、重い獅子の頭を担いでの獅子舞。

もうあっぱれ!としか言いようがない!!凄すぎます。
今回、先生と写真撮り忘れちゃったので、2年前の写真ですが、この左側の方が先生です。
右側は、青年座の女優の佐野さん。

P1070820_convert_20120522131441.jpg

先生は小柄なのですが、舞台に立つとすごく大きく見えて、舞台の空気が明らかに変わります。
お人柄も素晴らしく、みんなからとても慕われています。

私も少しでも先生に近づけるよう、頑張ろう!!

平日昼間にも関わらず、芝居仲間が観に来てくれました。
ありがとうね(^0^)

IMG_0267_convert_20120522124535.jpg


【2012/05/24 13:24】 | 未分類
|


-
Hello,

How beautiful you are!
I can't find any other word except this.
I really want to see you dancing some day.

from Takashi S.V.

また、お便りします。(英文だけでは書き込めないんですね。)


Kay
Hey, Takashi!! Thank you for your comment. It's good to hear from you. How have you been??

そうなんです・・・英語だけだとスパムと認識しちゃうみたいで。


コメントを閉じる▲
ハンガリーからロンドンに戻りました。

日本に帰る日の朝、ようやく青空が!!ありがとう~!

IMG_0218_convert_20120510005435.jpg

せっかくなので朝、お散歩に出ました。
やっぱりお天気がいいと一気にその町の印象が変わりますね。(^^;)

こちらバッキンガム宮殿

IMG_0224_convert_20120510005544.jpg

先日即位60周年を迎えたエリザベス女王の私邸ですね。

こちらは宮殿のすぐ前にあるヴィクトリア女王記念碑

IMG_0230_convert_20120510005648.jpg

セント・ジェームズ・パークにて

IMG_0236_convert_20120510005736.jpg

もう少し時間があったら、ロンドン市内に沢山ある綺麗な公園でのんびりしたかったんだけど・・・残念。

最後に、イギリスといえばこれ・・・Fish&Chips

IMG_0060_convert_20120522112419.jpg

タラなどの白身魚のフライとフライドポテト。
お味は・・・見た目どおりです、はい。

そして、最後に、今年の夏開催されるロンドンオリンピックとパラリンピックのマスコット達・・・
Wenlock君とMandeville君。

IMG_0240_convert_20120510005818.jpg

マンチェスター郊外の町ボルトンの鉄工所の鉄くずから生まれたとされていて、顔はカメラのレンズに見立てた目がひとつあり、頭にはロンドンの名物タクシーをイメージしたライトがついているのだそうです。

最初見たときは、一つ目小僧だぁ!!とおののきましたが、見慣れてくるとそれなりに・・・可愛くなってきました。

【2012/05/23 12:28】 | 未分類
|
b_i_o_n

昨日の金環日食は感動したなぁ~。天気が悪くてハラハラしたけど、雲の隙間からくっきりリングが見えて、大興奮!日食メガネ買っといて良かった。
05-22 23:13


【2012/05/23 03:49】 | 未分類
|
ハンガリーの続きです。(ハンガリー紀行その1はこちらから)

お次の観光スポットは、国会議事堂。
17年の歳月をかけて1902年に建てられ、ひと際威厳を放っています。

IMG_0108_convert_20120510004426.jpg

ここには初代イシュトヴァーン戴冠の1000年から、最後の王カーロイ4世が1948年に退位するまで1000年近く受け継がれてきた王冠が展示されています。(真ん中のガラスの中)

IMG_0106_convert_20120510004520.jpg

それから、ハンガリーは知る人ぞ知る温泉スポットが沢山あります。
ただ、日本の温泉のイメージとは違って、水着でぬるーいプールに浸かるようで・・・。
箱根のユネッサンを地味にしたような感じかな。

こちらはハンガリーの伝統的料理。

IMG_0065_convert_20120510003634.jpg


牛肉と野菜を粉末のパプリカで煮込んだもので、いわゆるビーフシチューです。
白っぽい付け合せはガルシュカといって、小麦粉と卵でつくるパスタというか、すいとんみたいなもの。
とっても美味でした!

そして、何といっても素敵だったのは、この夜景。

IMG_0191_convert_20120510004838.jpg

聖イシュトヴァーンも夜にはライトアップされます。

IMG_0093_convert_20120510004302.jpg

大聖堂を警備している(?)おっちゃんと。

IMG_0197_convert_20120510004944.jpg

とっても素敵な街、ブダペスト。今度はもう少しゆっくり郊外にも行ってみたいな。

「美しく青きドナウ」のメロディを頭で奏でながら、後ろ髪引かれる思いでハンガリーを発ちました。

【2012/05/22 11:04】 | 未分類
|
b_i_o_n

SIMフリーのiPhoneをdocomoで使い始めたら、メールがプッシュされない事が判明。携帯メールの意味ないなぁ。面倒くさい~!
05-20 22:53


【2012/05/21 03:44】 | 未分類
|
さて、色々事情があり、ロンドンから随分時間がかかりましたが(^^;)、お次はハンガリー。

4月下旬に最高気温7℃という寒~いロンドンから、30℃近くのブダペストに行き、すっかりバカンス気分♪

ブダペストは、ドナウの宝石と呼ばれる美しい街です。

ツイッターでも書きましたが、元々はドナウ川を挟んで「ブダ」と「ペスト」という別々の街でした。
それが橋の建設によって一つになったそうです。

では、ちょっと歴史のお勉強。

ハンガリー王国は1000年にイシュトバーン1世によって樹立されました。
それから、13世紀にはモンゴル軍の来襲を受け、16世紀にはオスマン帝国の支配下に入り、17世紀末に解放されるものの、その後ハプスブルク家やオーストリアの絶対主義支配下に入って、1867年にはオーストリア=ハンガリー帝国が誕生。
国土の3分の2を失った第1次世界大戦後、国王不在のハンガリー王国が復活するものの、右翼急進主義によってナチス・ドイツに接近。第2次世界大戦では枢軸国として参戦したけれど、停戦工作を行おうとしてドイツ軍に占領されてしまう。
戦後、王政が廃止され、ハンガリー人民共和国が成立。旧ソ連の影響下に入る。

1956年には急進的な学生たちの集会がきっかけとなって全国規模で民衆達が蜂起するが、ただちにソ連軍に鎮圧されてしまう。
後に「ハンガリー動乱」と呼ばれるこの事件では、市民約2万人が殺害され、20万人以上もの人々が難民となって国外に逃亡したそうです。

しかし、1980年代には再び民主化への動きが強まり、1989年、「汎ヨーロッパ・ピクニック」と銘打った集会を開催してオーストリアとの国境を開放。これによって1000人程の東ドイツ市民が国境を越えて西側に行く事が出来たそうで、この動きが11月のベルリンの壁崩に繋がって、冷戦が終わる事になるのです。

現在は「ハンガリー共和国」として、NATOやEUの加盟国となっています。

基本情報を入手したところで、先ずはブダ地区にある王宮の丘にお出掛け。

IMG_0083_convert_20120521224012.jpg

最初にここに王宮を建てたのは、ハンガリー王ベーラ4世。といっても、現在残っている王宮は1950年に改築されたもの。
今は美術館や博物館として利用されています。
この国立美術館がとてもよかった!
世界的に有名な画家の絵があるわけではないけれど、当時のハンガリーの生活の様子なども垣間見る事ができるし、空いてたからのんびり楽しみました。

こちらは、マーチャーシュ教会

IMG_0068_convert_20120510003831.jpg

陶磁器で有名なジョルナイ製のカラフルな屋根が青空に映えて綺麗!ちょっとクロアチアにあるザグレブの教会に似てた。
でも、中はあいにく改装中・・・。

16世紀なかばにトルコに占領されてモスクに改装され、その後17世紀に再びカトリック教会になり、第二次世界大戦時には大打撃を受けるなど、歴史に翻弄されてきた教会。どんな風に世の中の移り変わりを見てきたんだろう。

「漁夫の砦」から

IMG_0073_convert_20120510003900.jpg

砦と言っても、ここは戦いに使われたものではなく、町の美化計画の一環として建てられたそうな。
ここからはペスト地区を一望できます。

IMG_0076_convert_20120510003955.jpg

それから聖イシュトヴァーン大聖堂へ

IMG_0198_convert_20120510005232.jpg

ここには、初代ハンガリー国王・聖イシュトヴァーンの右手のミイラがある。遺体から失われていた右手がトランシルヴァニアで発見され、1771年にハンガリーに帰ってきたんだそうです。なんで右手だけ持っていかれちゃったんだろう・・・。

大聖堂の中。
IMG_0115_convert_20120510004605.jpg

実はこの日の夜、クラシックのコンサートがありました。
パイプオルガン、トランペットそしてメゾソプラノ歌手による演奏会。とーっても素敵!
しかも、私が大好きな曲ばかり演奏してくれるので、本当に泣きそうになったよぉ。

特に、バッハ&グノーとカッチーニ、それぞれのアヴェ・マリアは良かったなぁ。

聖堂の荘厳な雰囲気の中、高いドームに反響する美しいメロディが全身を包み込むように浸透してきて、細胞が活性化したのか、ビリビリ反応してました。

ちょいと長くなったので、次に続きます。



【2012/05/10 01:01】 | 未分類
|
ツイッターばかりじゃ味気ないので、ちゃんとブログ書きま~す!

なかなか旅の間は時間が取れなくてタイムリーに書けないのですが、自分の記録の為にもね…。

まずはロンドンから!
ロンドンには大学時代と、10年近く前に1度行ってるので、3度目の訪問です。

いつ行っても、ドヨ~ンとした天気で、今回も雨が多かったですね。

お仕事で行ったのですが、初日の昼間は時間があったので、ロンドン校外に住む友人の家を訪ねました。

アメリカの大学出て直ぐに派遣で働いていた会社で一緒だった、サイモンと奥さまのリサちゃん。
そして、超可愛い娘のエミリちゃん。

2011083121420000.jpg

1931年に建てられたという素敵なお家には青々とした芝生の広いお庭があって、とっても居心地が良かったです。
美味しいお料理もご馳走になり、感謝感謝。ありがとう!!

さて、ロンドン市内に戻りましょう。
ロンドンといえば、この二階建てバスですね。

IMG_0032_convert_20120510000941.jpg

ツイッターでも書きましたが、ロンドンではエスカレーター右側に立つのが決まりです。

IMG_0214_convert_20120510002547.jpg

東京は左、大阪は右。
これは、基本的に車同様左側がメインで、楽して立っていたい人が多い東京と、せっかちで歩きたい人が多い大阪とで自然に立ち位置が決まったという話を聞いたことがあります(あくまでも私が聞いた話ですので、真偽のほどは分かりません)。

ってことは、ロンドン人もせっかち??

確かに、歩くのは早かったですね。足の長さの違いかな…。ハハハ

あと、昔は当たり前と思ってたけど、今回妙に嬉しく感じた事があります。

ヨーロッパやアメリカに行くと、知らない人同士でもよく声をかけたり、気軽に会話するでしょ?

日本でも地方に行けばそうだけど、東京にいるとね、ほとんどないのですよ…。
みんな口を開こうとしない。
「すみません」のひと言も声に出さない。

ロンドンも大きな町なのに、そういう所は違うんですね。
ちょっとしたコミュニケーションがとても楽しかったです。

さて、到着翌日からはお仕事モード。

IMG_0034_convert_20120510001154.jpg

会場はギルドホールといって、王室の昼食会などのイベントにも使われる由緒正しい建物です。
中は中世のお城のよう!

IMG_0044_convert_20120510001339.jpg


無事仕事が終わって、スタッフの皆と打ち上げ~。

ロンドンは夜11時以降開いているレストランでお酒も飲める所が少なくて、チャイナタウンでもお店探しに苦労しました。

そしてそして、せっかくロンドンまで行くんだからということで、ちょっと足を伸ばしてハンガリーに行くことにしました。

格安航空券で往復2万円もかからないのです。東京から京都に行くより安い!

てな訳で、次はハンガリー紀行です。

【2012/05/09 16:40】 | 未分類
|
b_i_o_n

日本も雨、雨…。昨夜は凄かった~。これ、ロンドンオリンピックのマスコットです。妖怪かぁ??(^_^;) http://t.co/Almxrlwp
05-03 10:24


【2012/05/04 03:44】 | 未分類
|
b_i_o_n

冷たい雨が降るロンドンに戻って、あ~ブダペストが恋しい!なんて言ってたら、ロンドンもようやく出発の日に晴れました。朝、バッキンガム宮殿付近をお散歩。 http://t.co/oqgZ4kW3
05-01 13:53

夜景がまた綺麗なんだわ!写真だと限界あるけど、なんとなく分かるかな?ブダペスト、最高! http://t.co/2wIAOird


【2012/05/02 00:00】 | 未分類
|
b_i_o_n

聖イシュトヴァーン大聖堂の前で。大きくて荘厳な雰囲気の聖堂です。夜にパイプオルガン、トランペット、メゾソプラノ歌手によるクラシックコンサートがあり、大感激!素晴らしかった~。 http://t.co/gwc2qPAH
04-30 03:01


【2012/05/01 00:00】 | 未分類
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。