日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
・・・とは私の場合はいかないけれど・・・

F1000258_convert_20111029233637.jpg

いや~、やっぱりロシアの選手はすごい!!

ダントツです。

明日は決勝!!特等席で見られて嬉しいです。

楽しみだぁ~。
スポンサーサイト

【2011/10/29 23:41】 | 未分類
|
世界体操が終わってつかの間、今度は新体操の大会で英語MCやってます。

昨日から始まった「イオンカップ2011 世界新体操クラブ選手権」、私が担当するのは今年で3回目。

日本語MCは世界体操同様、高森てつさん。
スタッフもほぼ同じメンバーなので、勝手知ったる・・・という感じですね。

何といっても今年の注目は、絶対王者ロシアのエフゲニア・カナエワ選手、3連覇なるかどうか。

カナエワ選手は北京オリンピックでも金メダル、世界選手権でも3冠を手にしており独走状態ですが、世界選手権では同じロシアのダリア・コンダコワ選手と僅差だった事もあり、今回どうなるか楽しみです。

新体操は器具を使うので、ボールやクラブを落としたり、はたまたリボンが絡まって結び目ができたりしてしまうことで、あっという間に点が低くなってしまうので、いかに高度な演技をミスなくできるかというのが大きなポイントになります。
そこにいくと、やはりカナエワ選手は強いですね。
王者たる風格が、よりその強さに磨きをかけているような気がします。

世界のトップ選手たちの熱い戦い、目が離せませんぞ~!

さて、ここで新体操の不思議なルールをご紹介します。

新体操はご存知のように、みんなそれぞれ自分たちの演技のために音楽を用意するのですが、その音楽が間違ってかかってしまっても、それに合わせて演技をしなければならないんだそうです。

たとえ、ノリノリのマイケル・ジャクソンの曲で演技する予定であっても、ゆったりしたクラシックがかかったら、その曲に合わせて最後まで演技しなければいけないのです・・・

なんとも過酷なルールですよね。

特に、複数人数で演技する団体競技の場合なんて、音楽できっかけ合わせたりもしているでしょうに・・・。

解説の山崎浩子さんに教えていただいたのですが、そういう場合を想定して、あえて違う曲をかけて練習したりもするそうです。

技術だけでなく、表現力も重要な新体操において、音楽の違いは選手へのダメージが結構大きいと思いますが、そういうハプニングにも柔軟に対応できるのが一流の選手ということでしょうか。


イオンカップの模様は、11月3日(祝日)の10時半にテレビ朝日で放送するそうです。

なんと、この番組でナレーションを担当するのが、文学座時代の同期で、しばらく一緒に劇団をやってた藤野直彦くん。
彼は今やナレーターとしてCMでもよく声を聞くし、フィギュアスケートの番組でもナレーションしてる売れっ子さんです。

この間も同期の仲間で飲み会して会ったばっかりだったのですが・・・面白い縁ですね~。

では、今日もはりきって仕事してきます!



【2011/10/29 12:29】 | 未分類
|
今年もまた、昨年に引き続き、キャスティングディレクターの奈良橋陽子さん率いるUPSアカデミー卒業公演の脚本を書きました。

演出のたんじだいご氏と話し合い、色々改訂を重ね、ようやく落ち着いた感じです。
まだ稽古しながら多少変えていくとは思いますが…。

生徒たちはキャストも決まり、これから本格的な稽古に入ります。

私はまだ一度しか稽古を見に行ってませんが、いつもながら、自分の書いた台詞がどんな風に役者の口から出てくるのか、楽しみでもあり、心配でもあり・・・

また、紙の上での世界が舞台という空間に変わった時、どんな風になるのか・・・

ワクワクドキドキしてしまいます。

もちろん脚本書くときは、空間を想像し、色んな人物になりながら書いてる訳ですけど(台詞ブツブツ言ってるので、不気味だと思います)、そこに演出家の角度や役者が持ち込んできたもの、音響、照明が入ることで、より立体的になるわけです。

それが自分の思い描いていたもの以上で、「なるほど、そうくるかぁ!」と唸らせてくれたら、嬉しいですね~。

本番は12月。

1ヶ月後、どんな舞台になっているか、今から楽しみです。

【2011/10/24 22:14】 | 未分類
|
b_i_o_n

今日は、11月27日~12月4日にかけて本番の舞台「日本の問題」の顔合わせがありました。8劇団が参加して、約20分の作品を上演します。楽しみ!
10-18 22:55


【2011/10/19 00:00】 | 未分類
|
b_i_o_n

ツイッター始めてみました~。
10-17 16:02


【2011/10/18 00:00】 | 未分類
|
世界体操、無事昨日で全て終わりました。

予選前の公開練習から丸々2週間、ずっと東京体育館に通っていたので、今日家にいるのが不思議な感覚です。

迫力ある演技を間近で見る興奮は未だ冷めやらず・・・

最終日も場内は満員で、鉄棒の最終演技者・内村航平選手が着地をピタリと決めると、ボルテージは最高潮でした!

日本は結局、男子団体銀メダル、男子個人総合で内村選手が金メダル、山室選手が銅メダルを獲得。

種目別でも床で内村選手(金)、吊り輪で山室選手(銅)、跳馬で沖口選手(銅)、そして鉄棒で内村選手(銅)がメダルを獲得しました。

メダル数では団体優勝した中国を上回っているんですね。

そして、予選5位だった女子団体は決勝で7位になってしまいましたが、ロンドンオリンピックの出場権は獲得しています。

ますます来年のロンドン五輪が楽しみだぁ~!!!

そして、81の国と地域から参加した全ての選手に大きな拍手を送りたいです!!

お疲れ様でした~!そして、感動をありがとう!!!

2011101714280000.jpg

こちらは、日本語MCの高森てつさんと、アシスタントしてくれた田中謙伍くん。

高森さんはずっとラジオDJをやっていただけあって、どんなフリートークにでも対応できる才能の持ち主。
素敵な声が会場に響き渡ってました。

田中くんは慶応大学で体操やっていて、知識が半端じゃない事から、色々サポートしてくれた陰の立役者。
助かったよ、ありがとう、田中くん!

最終的にはとても良いチームワークで仕事ができたと思います。

私たちもそうですが、裏方として本当に沢山の人たちが寝る時間も惜しんでこの大会の為に働いていました。

そんな全ての人たちにも、密かにお疲れ様でした~・・・


【2011/10/17 14:57】 | 未分類
|
やりました!

世界体操個人総合で、日本の内村航平選手、金メダル!!

前人未到の3連覇達成です!!

銀メダルはドイツのフィリップ・ボイ選手。

そしてそして、銅メダルは日本の山室光史選手です!!

拍手~!パチパチパチ~


いや~、感動しましたぁ!!

内村選手、圧倒的でした。全ての種目、ほぼ完璧な演技。

凄いですね~。

山室選手も最後の鉄棒で、ドイツのボイ選手に抜かれてしまいましたが、堂々、銅メダル!

も~、観客の皆さん、総立ちでした!


2位のボイ選手は、甘いマスクで日本人にもファンが多い選手。

完璧な鉄棒の演技に惚れ惚れ~。

しっかし、体操競技ってドキドキしっぱなしで、ほんと、心臓に悪いです・・・。
見てるだけなのにね。
(^_^;)

予選3位だった全米チャンピオンのリーバ・ダネル選手が、最後に得意な鉄棒で落下して、途中棄権してしまいました。

悔しいだろうな・・・

悲しいだろうな・・・

んも~、見てる方が泣きそうになりました。

それまで、この日の為にハードな練習を積み重ねてきたのに、ほんのちょっとした事で思いがけないハプニングが起こってしまう・・・

厳しい世界ですね。

でも、そんなプレッシャーと戦いながらも頂点に立ち続けている内村の底知れぬ強さには、ただただ感服いたします。

改めて、おめでとう!!

明日からは種目別。

それぞれの種目のスペシャリストたちが登場します。

まだまだ見所満載ですよ~!!

【2011/10/15 02:16】 | 未分類
|
2011101301050000.jpg


日本男子団体、惜しくも銀メダルに終わってしまいましたね・・・。

私たちの目の前にある鉄棒で、田中選手と内村選手が相次いで落下してしまった時、思いが伝わってきて涙が出そうでした。

これだけ近いと、ちょっとした緊張も分かっちゃうんですよね。

体操って過酷な競技です。

一発勝負だし、いろんな種目を同時にやるので、演技の途中に他の選手への大きな歓声が聞こえたり、アナウンスが聞こえたり、女子に至っては床の音楽が突然流れてくるのです。

そんな中、いかに自分の演技に集中できるかも大きなカギになってるのでしょうね。

見てる方がドキドキしちゃって心臓に悪い・・・

日本男子、惜しくも金メダルは逃したものの、それでも銀メダルですからね!

すごい事ですよぉ!!あっぱれ~!

さあ、明日からは個人戦が始まります。

まだまだ世界体操続きますよ!

お見逃しなく!!!

2011101301030000.jpg

会場前で、GYMくんがお出迎え。

【2011/10/13 01:09】 | 未分類
|
世界体操、昨日で男女全ての予選が終わりました。

日本女子団体は予選5位、男子は強敵中国を押さえて1位で通過!
みごと、男女共に来年のロンドンオリンピック出場権を手に入れました!!!

そして、11日からいよいよ決勝です。

まずは女子団体からで、その後、男子団体、個人総合、個人種目別と続きます。

チーム日本、是非頑張ってもらいたいですね!

私たちMCは、予選の間は超過密スケジュールで、昼食も夕食も15分くらいで食べなければならなかったのですが、決勝に入れば多少時間的余裕ができます。

ちょこちょこアナウンスいれるので、なかなかゆっくり演技を楽しむという訳にはいかないのですが、それでも間近で見る一流選手の迫力は本当に凄いですよ!

テレビでは注目国の選手しか紹介しませんが、81ヵ国から500人以上が参加しているこの大会、選手全員にスポットを当ててあげたくなります。
遠くの国から一人で参加している選手もたくさんいるんですもの!

一番びっくりしたのが、ブルガリアのヨルダン・ヨブチェフ選手。
なんと、1973年生まれの38歳!!

10代、20代の選手がほとんどの中で、38歳現役はすごいです。アトランタオリンピックから出てるんですから!
見た目が結構老けていて50歳くらいにも見えるので、最初本当にびっくりしました。

つり輪と床が得意で、金メダルを含めてたくさんメダルを取っているんですよ~。

そして、女子にも驚くべき選手がいます。

ドイツのオクサナ・チュソビチナ選手、36歳、一児の母。

旧ソ連出身で、バルセロナオリンピックにはソ連代表で出場していました。

ソ連崩壊後、息子が白血病になってしまった事もあり、治療のためドイツに移住し、帰化。
ケガで第一線から遠ざかっていた時期があったものの、北京オリンピックでは復活して、種目別跳馬で銀メダル、個人総合でも9位という快挙を成し遂げた人です。

今回の東京大会でも、予選で素晴らしい跳馬の演技を見せてくれました。

彼らのように、いくつになっても更なる努力を積み重ねて輝いている選手たちを見ていると、自分が「体力が衰えてきたなぁ~」なんて言っててはいけないと、感じます。

そして、改めてこれだけのアスリート達の頂点に立つ事がどれだけ凄い事なのか分かりました。

皆さんも是非、各国選手を応援して下さいね!


291988_241030989279062_174883502560478_638328_895596737_n.jpg

日本語MCの高森てつさんとのツーショット!
鉄棒の目の前に陣取ってます。

余談ですが、テレビでも私の声(英語アナウンス)結構入ってますよ~。

しっかし、海外選手の名前って難しい!!何が正しいのか分からないんだもん・・・。

【2011/10/11 10:37】 | 未分類
|

いよいよ今日、世界体操が開幕!

私は、体操ジャパンカップに続いて、場内司会をします。
盛り上げますよ~!!

会場は同じ東京体育館。
とはいっても、やっぱり規模が違いますね~。

今回は80以上の国と地域から、500人以上が参加する世界選手権。

すでに月曜日から練習が始まり、世界の一流選手達を間近で見ては、ドキドキハラハラしてます。

なんと言っても注目は、男子団体で日本チームが金メダルを獲得できるか、また、内村航平選手が前人未到の個人総合で3連覇達成できるのか!!ということ。

ホームの大会でその快挙が達成できたら、嬉しいですね。

それから、日本女子も今までにないほど頑張っており、こちらも大いに注目です!

フジテレビとBSフジで見られますので、皆さんも一緒に応援しましょう!

【2011/10/07 08:13】 | 未分類
|
ちょっと前になりますが、ラジオ番組の取材で横浜美術館に行ってきました。

3年に一度の国際現代美術展「横浜トリエンナーレ2011」のメイン会場となっている横浜美術館。

凄く面白かったです!!

今年の横浜トリエンナーレのテーマは、「Our Magic Hour―世界はどこまで知ることができるか?―」。

メイン会場の横浜美術館と日本郵船海岸通倉庫(通称:BankArt Studio NYK)には、国内外の77名/組のアーティストによる作品が、300点以上も展示されています。

なんでもない日常がアートになる瞬間を垣間見たり、色んな発見や驚きがあったり・・・
何よりも遊び心満載で、とてもワクワクしました!

写真を撮っても良いそうなのですが、カメラも携帯すらも忘れてしまった私…。画像でお見せできないのが残念です。

私の一番のお気に入りは、「Gold Finger」という作品。

遠目には金の壁画のように見えますが、近づいてみると、なんと昔ながらの画ビョウが長方形に整然と並んでいるだけ。
でも、そこに当たる光の加減によって、色んな模様が浮かび上がってきます。

画ビョウはポスターを貼るときなどの裏方と思っていた私。
主役に躍り出た6万個の画ビョウ君たちは、それはもうキラキラ輝いてました。

その横にはこれまたキラキラ輝く円形に盛られた模造ダイヤの山。
その数なんと、約2800万個!

その中にたった1つ、本物のダイヤが入っているらしい!!

でも、どう考えても探し出すのは永遠に無理だ・・・。

その他、入り口の所にあるガラスでできた迷路には、中心に電話が置いてあって、デザインしたオノ・ヨーコさんからランダムに電話がかかってくるらしいですよ!

もうひとつ、私がとっても気に入ったのは、館内に置いてある望遠鏡を覗いてみるアート。
そこには、横浜みなとみらいのシンボル、観覧車が見えるんですが、ただの観覧車じゃない!

髪の毛で作られた観覧車です!!

繊細に作られた小さなアートが、館内の隠れた所に置かれていて、それを望遠鏡で覗くという面白さ。

取材で行ったから、1時間程度で解説してもらいながらササッと見てしまったけど、11月までやってるので、是非ともまた行って、じっくり楽しみたいと思ってます。

皆さんも機会があれば、是非とも行ってみてください!!

【2011/10/03 22:27】 | 未分類
|