日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤバイ、急激にやってきました、花粉の季節。

今年は多いと言われてたのに、なんだ、全然平気!なんて強気でいたのも一昨日まで。

昨日、嵐のように押し寄せて来ました・・・。

そして今日のこの風・・・

拷問だぁ!!

栃木にいた14才の春から、バージニア、東京と、どこへ行っても必ずやってくる・・・

うまく付き合うしかありませんね。

という訳で、話題の鼻マスク、買ってみました!




鼻の中に直接入れて、花粉をブロック!
ついでに、鼻水を吸収してくれるから、鼻が垂れないんだって!

これは画期的だぁ。

明日、使ってみます。

さ~、どうなるかな。
ついでに、こんなのも買っちゃった!




どっちが効くか、またアップします。

明日から小屋入り。

でも私は仕事で、朝6時半に渋谷に行かなくちゃならんのだ・・・
スポンサーサイト

【2011/02/27 22:53】 | 未分類
|


KATSUE 
花粉症だったんだ~

今年は、凄いらしいね

うちのパパも花粉症で薬飲んでるけど・・・大変みたいだよ

対策グッズたくさん出てきているよね~

がんばって~!


あっこ
そうなのよぉ。ホント、毎年たまんない!!
頭から上を、洗濯機でジャブジャブ洗いたいもん・・・

コメントを閉じる▲

今回の舞台の共演者たち・・・遥輝(はるき)くんと日向(ひなた)ちゃん。

可愛いでしょ~。
(^o^)

今回、ひなたちゃんが私の娘役です。

母親役は心日庵公演「舞浜・角谷町・駅前通り」でもやってるけど、本当の子役相手は初めて!
やっぱり子供相手だと、こっちもよりリアルな感情が出てきますね。

2人とも礼儀正しくて、一生懸命演出の言うことを聞いている姿には感心します。

お母さん方も毎回稽古に付き添って、演出の言葉を台本に書き込み、家で自主練してるんでしょうね。偉いなぁ。

しっかし、子供には本当にかないませんわ。
そこにいるだけで、色々な事を想像させてくれます。

こちらも役者として勉強させていただいてる今日このごろ。

本番は3月2日からです。

【2011/02/20 12:49】 | 未分類
|

「遠い記憶」観劇予約
かさぎ
 3月5日(土)の夜7時に観に行きたいのでお願いします。
 銀座みゆき館劇場は5月に佐野さんが出演する芝居の劇場なので、どんな劇場か見たいです。「みゆき」だけに…(^_^;)


あっこ
笠木さま
ご予約ありがとうございます。
受付にチケットご用意させていただきます。お待ちしています。

コメントを閉じる▲
突然ですが、急遽来月、舞台に出ることになりました。

出演予定だった女優さんが体調を崩して降板されたため、代わりに私が出演することになった次第です。

初めて参加する劇団で、皆さんベテランの役者さんたちなので、色々学ばせていただいてます。

以下、詳細です。

2011020722590000_convert_20110207230302.jpg



方の会 第48回公演
「遠い記憶」
原作…高橋克彦
脚本・演出…原田一樹
日時…3月2日~6日
場所…銀座みゆき館劇場 →地図
    中央区銀座6ー5ー17
    03ー3574ー0694
    (地下鉄銀座駅から徒歩3分・JR有楽町駅から徒歩5分)
チケット代…4200円(日時指定・全席自由)

2日(水)…7時
3日(木)…2時・7時
4日(金)…2時・7時
5日(土)…2時・7時
6日(日)…2時

出演…市川夏江・狭間 鉄・高橋なづき・福田 治・紺野相龍・草薙 仁・野間洋子・戸谷 友(民藝)・江端洋子・岩瀬あき子・池袋遥輝(子役)・児玉日向(子役)

2011020722570000_convert_20110207230356.jpg

ご予約は、直接私にご連絡いただくか、日穏のホームページの「お問合せ」からお願いします。

原作の「遠い記憶」は、高橋克彦氏が直木賞を受賞した短編集「緋(あか)い記憶」の中の一編で、ミステリーっぽいお話。

私は、回想シーンで出てくる主人公の父親の愛人役で出演します。

お時間あれば、是非観に来て下さい。

ご連絡、お待ちしてまーす!


【2011/02/07 23:05】 | 未分類
|

こんにちは。
R.Oki
こんにちは・・・。
4日(金)7時の席がありますでしょうか。
是非岩瀬さんの名演技を観劇に行きたいです。
今回はミステリーということで、筋書きが面白そうです。こういう怪奇っぽいのの大好きです。銀座も近くだし。
楽しみにしてます。
よろしくお願いします。




あっこ
OKIさま

わ~い!ありがとうございます!!
はい、受付にチケットご用意させていただきます。
私はあまり出番ないかもしれませんが(^^;)、お待ちしています!


コメントを閉じる▲

先日、友人が働いてるプラン・ジャパン主催のイベント、「Girl's Call ~女の子たちからのメッセージ~」に行きました。

バングラデシュの路上で風船を売って生きる少女。

まだ学んだり遊びたい盛りの13~14歳という若さで結婚を強いられ、嫁ぎ先での苦労や未成熟な身体での出産を余儀なくされるインドの女の子たち。

学校に行きたくても、親に働くことを強いられて仕方なくタバコ農場で働くマラウィの子どもたち。

日々、男性教師が女子生徒に対して性的虐待や暴力を振るっている西アフリカの教育現場。

世界中で人身売買の被害に遇う子供は年間約120万人にも登るとか・・・(その内、80%は女の子)。

そんな様子を追った短編のドキュメンタリー映像を10本ほど上映しました。

途上国では、あらゆる面で、女の子は男の子と同じだけのチャンスや権利が与えられてなく、過酷な現状を強いられてるんですね。

文化や風習、価値観といったものは国や地域によって大きく違うので、一概に先進国の価値観を当てはめる訳にもいかないと思うけど、子供たちが教育する機会を与えられないとか、性的虐待に耐えなければいけないとか、明らかに改善すべき課題は山積みです。

教育の機会が与えられなかった子供たちが親になり、また同じことを繰り返してしまう負の連鎖は、どこかで断ち切らなければ、状況はずっと変わりませんよね。

発展途上国でも義務教育無料化の動きは広まっているそうですが、それでも5人に1人の女の子たちは学校に行く代わりに、働いたり、結婚したりすることを強要されているそうです。
働けばいくらかのお金になるし、結婚することで、実家は牛や山羊などの家畜が貰えるんだとか・・・。

私たち日本人も同じような時代を経て、ようやくみんなが自由に学べる環境を手に入れたのに、それがどんなに幸せな事なのか忘れてしまっているような気がしますね。

最近、タイガーマスクからの寄付が話題を集めています。

とっても素晴らしい事だと思います。

伊達さん、どうせなら今度は世界中の子供たちを支援してはどうかしら。

私も微力ながら、少しずつ援助を増やしていきたいと思っています。

【Web】http://www.plan-japan.org/campaign/biag/

【2011/02/05 13:58】 | 未分類
|


KATSUE 
ホントですね

わたしも微力ながらユニセフのマンスリープログラムに参加しています。
世界中の子供たちが毎日笑顔で過ごせますように

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。