日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。

え~、私の右肩なんですが・・・

びっくりしました。

青アザというより、黒アザに近いです。

巨峰のようになってます。

ここから、エイリアンが飛び出して来そうな感じさえします。

一体私、何したの??
記憶が無い・・・

何かの病気だったりして?

でもやっぱり押すと痛いから、どこかにぶつけたのかな・・・

あ~、また独りDVやっちまいました・・・。
スポンサーサイト

【2010/09/24 16:39】 | 未分類
|

なんだか
akira
アートですな^^


ヒガシックス
「演出家に灰皿投げられて当たった」可能性は?あるいは「飲んでいて記憶を失い、そこらの不良とチャンバラした」とか?
いずれにせよ、体は大切に。心日庵のマドンナなんだからさ、一応。


あっこ
akiraさん
いや~、そうですね・・・
ちょっと神秘的な感じもしますよ。(^^;)

ヒガシックスさん
マドンナ!?・・・そりゃどうもありがとう。
いや~、お酒飲みなら理解できるんだけど、記憶を失うほど飲めないしさ。
ホント、不思議だよ。



はり
おいおい。
もうだいぶ治ったかな?
こんなになっといて記憶がないなんて・・・。
ちょっと~!こわい~!
連れ去られたな。宇宙船に。完全に(笑)


あっこ
ホント、自分が恐い・・・

もし、変なこと言い出したり行動しだしたら、それは私がやってるんじゃなくて、宇宙人の仕業なので、よろしく。


コメントを閉じる▲
昨日までは真夏のような暑さだったのに、今日はいきなり寒くなりましたね・・・。

もう少しゆっくり季節の移ろいを楽しみたいもんです。

さて、昨日は1日中オフだった私。

昼は大学時代の友人のお宅に遊びに行ってきました。

いつの間にか2年くらいご無沙汰してて、これまたいつの間にか2人目の赤ちゃんが産まれてて・・・

はぁ~、月日が経つのは早いなぁ。

こちら、紀子と凌太くん。笑顔がと~っても可愛い赤ちゃん!




通訳としてバリバリ仕事しながら、しっかりお母さん業をこなしてて、ホント、尊敬してます。

また色々相談に乗ってね!


それから、夜は大学卒業後、帰国して直ぐに派遣で働いた会社で一緒だった仲間と飲み会。
今はもう日本に無いAT&T Jensという会社で、かれこれ15年ほど前、日本人のほとんどがまだインターネットという存在を知らなかった時に、サービスを始めた会社なのであります。
あの頃はまだダイヤル回線でしたね~。

私はほんの1年弱しか働いてないのですが、なんとなく気の合う人たちが集まってたまにご飯を食べに行くようになり、今でも仲良くしていただいてます。
年齢的には皆さん先輩ですけど、気さくに遠慮なく話せるんだよな~。

舞台も観に来てくれたり・・・感謝感謝!

今回は私が幹事で渋谷のギャルたちが行くような居酒屋に連れていってしまったので、落ち着かなかったおじ様たち・・・(^_^;)




場所を変えて、渋谷駅の近くの小さな小料理屋が並ぶ横丁の一軒、「会津」に行きました。
7人も入れば満杯になってしまう店内には演歌が流れてて、良い感じ~!

でも、お店のおかみさんは89歳で現在入院中だとか。
退院してきたら、また行ってみたいですね。

とても楽しい休日でした!

【2010/09/24 00:11】 | 未分類
|
いつからあなたはこんなに冷たくなったのでしょう。

その昔、あなたは、私の存在をとても喜んでくれてました。

何日も前から私が来る日を楽しみにして、盛大にお祝いもしてくれた。

幸せだったあの時代・・・

なのに・・・

あれから月日が経ち、あなたは変わってしまいました。

私の存在を疎ましく思うようになり、できることなら来ないでほしいとさえ考えている。
ええ、私には分かります。

以前はみんなに喜んで紹介してくれた私のことも、なるべく隠すようになって・・・

ドンドン日陰の身になっていく私・・・

ひと昔前までは、日本中のご老人も私の存在を喜んでくれてたのに、今やそれもなくなってしまいました。

寂しい・・・

悲しい・・・

虚しい・・・

私はこのまま、報われない想いを引きずっていかなければならないのでしょうか??

あなたはまんまと私から逃れてしまうのでしょうか!

・・・いいえ、そうはいきません。

ご老人には忘れられても、あなたには決して私を忘れることはできないはず。

私は、どこまでもあなたを追って追って追い続けて、あなたと共に生きていきます!

いつか必ず、また私に会うのが楽しみになる日が来るはずだから・・・

その日まで、私は陰ながらあなたを応援し続けます。


あなたの誕生日・9月15日より


【2010/09/16 00:12】 | 未分類
|


Takashi S.V.
男女のもつれ話かと思いきや…

Kay さんの誕生日からのメッセージだったんですね。
なるほど、こんな風に擬人化して話を組み立てるとは、さすがに脚本家ですね。感心しました。
最後の「また会うのが楽しみになる日」とは、数年前までの9月15日、即ち「敬(Kay)老の日」のことでしょうか。
すみません、"No offense" です。


あっこ
おっ!敬老の日とKayをかけるとは・・・
座布団一枚!!

なんとなく邪険に扱っているお誕生日が可愛そうになってしまって、ついこんな文を書いてしまいました・・・。

でも、やっぱりお誕生日は良いですね。
もっと可愛がってあげます。



コメントを閉じる▲
・・・と書かれた看板につられて、OUCA(櫻花)というアイスクリームのお店に行きました。

一番小さいカップでも380円とお高めですが、三種類選べると聞いてちょっと得した気分。

私が選んだのは、櫻小豆、きなこ黒蜜、かぼちゃの3つ。




櫻小豆とは、豆乳ベースのアイスに、小豆と塩漬けの桜が入ったもので、ほんのり甘じょっぱい感じが木村屋のあんぱんのようで、美味でした。

他の2つも美味しかった~。

お口直しにと付いてくる塩昆布がまたおつですなぁ。

場所は恵比寿駅から徒歩2分位の所で~す。

【2010/09/14 20:53】 | 未分類
|

先日、幼なじみと久しぶりに再会しました。
宇都宮の同じ町内に住んでいた3人。

小・中学校は別々だったけど、町内会主催の夏祭りや、ラジオ体操、餅つき、集金などなど、よく一緒にやってました。
スイミングスクールにも一緒に通ってたしね。

2人のうち、ヨリちゃんの方は高校が一緒だったこともあり、大人になってからも時々会ってご飯食べたりしてたけど、いっこちゃんとは何年ぶりだろう!!
途中で引っ越しちゃったからな・・・
20年くらい!?

本当に凄~く久しぶりでした!

でも、久しぶりに会っても全然違和感なくて・・・とても楽しかったです。

みんな、秋生まれだし、お腹の中にいる時から知り合いなんだものね。
ハハハ

【2010/09/13 11:13】 | 未分類
|
今日は久しぶりの雨でした。

暑さが和らぎ、作物も喜ぶなぁ~なんて、ちょっとウキウキしてたのですが、あれよあれよという間に、凄い雨!!

ほんの2分位しか歩いてないのに、びちょびちょになりました・・・。

そして、地下鉄の溜池山王駅前は、海になってた・・・。

2010090815100001.jpg


もうちょっと小出しに出来ないもんですかねぇ~。


【2010/09/08 23:14】 | 未分類
|
お陰様で、心日庵公演、無事幕を閉じることができました。

ご来場下さった皆様、陰ながら応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!!

やはり舞台はいいですね。

今回はユース公演も含めると人数が今までよりずっと多いので、より一体感を持った時のエネルギーが強かったように感じます。

それだけに、打ち上げも終わって家に帰ると、なんだか抜け殻のようになってしまいました・・・。

祭りの後の静けさは寂しいもんです(;_;)

でも、一日一日を大切に生きると自分に言い聞かせたあっこは、この経験を無駄にしないように次に向かって準備を進めます。

来年の夏は心日庵の本公演がないという事で、久々に私企画の舞台をやろうと目論んでおりまして・・・。

また詳細決まったらこちらにアップしますね。
引き続きご支援、よろしくお願いします!!


心日庵のブログにも投稿して、写真も載せましたので、どうぞご覧下さい。
http://www.symbion11.com/blog/


【2010/09/08 12:21】 | 未分類
|
心日庵公演「舞浜・角谷町・駅前通り」も残すところ、あと2公演になってしまいました。

今回はユース公演が3回あるので、本公演は6回と、いつもよりずっと公演数が少ないんですよね。
でも、ユース公演観てると、自分もやった気になってしまうらしく、同じくらい疲れます・・・。

さてさて、私、今回は魚屋のおばちゃん役です。

がに股であるいては、息子や旦那にどなってる威勢のいいおばちゃん。

こんな顔してます。(後ろの方の席からはよく見えないそうなので、アップにしてみました。)

2010090220350001.jpg

この役は初演の時もやっているので、私の中ではとってもスタンダードな役のイメージなのですが、初演を見ていないお客様や、近年お知り合いになった方々にはとても新鮮に映るらしくて・・・

まぁ、確かにNHKの番組のアナウンサーといった面影はどこにもないわね(^^;)。

私は、さして特徴的でもない人間なので、とにかく色んな役を演じてきました。

私の中で芝居の一番の楽しみは、違う人物になってその人の人生を生きること。

だから、新しい役に挑戦するのは大好きです。

残り2公演も喜和子おばちゃんの人生を楽しんで演じま~す。


昨夜の公演も沢山のお客様に来ていただきました。

中学時代の友人はわざわざ宇都宮から来てくれたり・・・本当に皆さんに支えられていると心から感謝しています。

終演後は、5年前にお仕事で知り合って以来、ほぼ毎回見に来てくださっているお客様と飲み会。

2010090323340000.jpg

皆さんのレビューを聞くのが恒例の楽しみになっています。本当にいつもありがとうございます!!


それから、このブログを見て来て下さったOkiさんからのお花のプレゼント。

2010090409290000.jpg

とっても綺麗・・・ありがとうございます!
ご挨拶できなくて残念でしたが、また感想などお聞かせくださいね。

では、今日も張り切って行ってきまーす!



【2010/09/04 10:31】 | 未分類
|

感想!
R.Oki
 昨夜は、久しぶりの観劇でした。
 故人が、現世に蘇って生きている人を見ているというモチーフは他の映画等でも良くみかけますが、この作品が元なんですね。
 実は、観劇の前に、ハヤカワ演劇文庫の原作を予習しておいたのですが、今回の上演は、前半は「昭和」の面影が濃く、第3部は原作に忠実なように感じました。
 後で、You Tubuにアップされている白黒の映画「Our Town]も見てみたら、「死」の場面は、ほぼ同じで、感動を新たにしました。それにしても、アメリカ人がこの演劇を70年(?)も前に書いたというのは驚きですよね。
 私の率直な感想:岩瀬さんは、もっと若い女性の役がお似合いでは??
 すみません、ご挨拶したかったのですが、何せじっと待っているのが苦手なので・・・。
 今から、次回が楽しみです。

ありがとうございます
あっこ
ありがとうございます。原作も読まれたんですか。
勉強家ですねぇ~。素晴らしい!

私も若い役やりたいですが、心日庵では年配組みなので、なかなかやらせていただけなくて・・・。(^^;)
自分で企画する時に、めちゃくちゃ二枚目のヒロインやっちゃおうかな!!

観に行くよん
タカシ
 あきやん、お久し振り♪
今日9/5日曜の楽日、観に行ける事になったのでレイちゃんとダンナとでお邪魔します。
楽しみにしてま~す^^

コメントを閉じる▲
心日庵公演「舞浜・角谷町・駅前通り」、今日無事初日が開けました。

なんとなくバタバタとしてましたが、本番では気合が入って、お客様も喜んでくださったようです。

良かった良かった!

これが今回の舞台セット。

小道具など使わない芝居なので、舞台も抽象的というか、おとぎ話のようで可愛いです。

2010083113320000.jpg

中央にいるのは、今回大変な役目を担っている、進行係の内田さん。


そうそう、昨日、6年前の初演で私の娘役・朝子を演じたミカちゃんが、赤ちゃんを連れて顔見せに来てくれました。

2010083117550000.jpg

娘の娘ってことは、この子は私の孫かぁ~!!!って感じ・・・

とっても可愛かった。

それから、今日は制作をずっと手伝って下さっていた佳代さんが、愛娘のリオちゃんを連れてきてくれて・・・
初演の時はまだ2歳だったリオちゃんも、もう4年生!!

なんだか時間の流れの早さにビックリします。
子供の成長を見ると、愕然としますね。

こうして月日は過ぎていってしまうんだろうなぁ・・・
今回のお芝居のテーマのように・・・

この生きている間の貴重なひとときひとときを、大切に過ごしたいですね。

あ~、前回やった時もそう思ったはずなのに・・・

子供たちは成長してても、自分は成長してないなぁ・・・(^^:)

反省反省・・・

少なくとも、舞台は日に日に良くなるように、最後まで頑張りまーす!!

日曜日までです。

応援よろしくお願いしまっす!!




【2010/09/02 00:05】 | 未分類
|

No Title
Takashi S.V.
孫の話になれば何か書かないではいられません。
一般的に父親は我が子より孫の方が可愛いと言います。僕も全く同感です。しかし母親はやはり自分の子供の方が可愛いそうです。
多分、お腹を痛めて生んだことと、原因者ではあるもののその経験がないことの違いだと思います。
この前アメリカ人に "Even if I put my grandson into my eye, it wouldn't hurt at all." と言ったら、"How big is your eye?" と言われてしまいました。

No Title
あっこ
Takashiさん
なるほど、「目の中に入れても痛くない・・・」って言っても、やっぱり痛いでしょう、それは!!(^^)
私には子供もいないので、実際には味わった事がないのですが、今回の舞台で私が演じるお母さんは、息子が結婚する日の朝に泣き出してしまいます。きっとこういう気持ちなんだろうなぁ~。

コメントを閉じる▲