日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
その衝撃的なものとは・・・

これだ! ワン、ツー、スリー

P1000352.jpg

しもつかれドロップス・・・

そもそも「しもつかれ」を知らない人からすれば、なんのこっちゃ?ッて感じでしょうが、知ってる人が見たら衝撃ですよね!

森高千里が作詞作曲して歌い、その後ミニモニがカバーした「ロックンロール県庁所在地」という歌に出てくるらしく、少しだけ知名度を増した「しもつかれ」。

とは言っても、知らない人がほとんどでしょう。


ではここで、「しもつかれ」についてご説明いたします。

江戸時代には「下野の国」だった栃木県とその周辺の地域に伝わる郷土料理で、節分の後の初午の日に作るのが慣わし。

節分でまいた残りの豆と、大根、にんじん、酒粕、塩鮭の頭、油揚げなどを煮込んで作り、冷やして食べます。

これ、作ってる時の匂いが凄いのです。
ズバリ、生ゴミの匂い・・・

子供の頃は、2月のこの時期、あっちこっちから「しもつかれ」を作る匂いがしてきてブルーになったのを覚えています。

そして・・・匂いだけでなく、見た目も強烈。
とても食欲をそそられるような感じではありません・・・

この食べ物を知らなくて、「きゃ~美味しそう!!」と飛びつく人は滅多にいないと思います。

ほら・・・

070118020608_convert_20100124235741.jpg

・・・ね?(^^;)

見た目は作る人によって、汁気が多かったり少なかったり多少違いますが、基本的にあまり美味しそうではありませんよね。

では味はというと・・・
上の材料を煮込んだものを冷やしたらどんな味になるか想像してみてください。

栄養満点で体にも良いし、優れた郷土料理だと思います・・・が・・・

私は・・・正直言って・・・無理です。

ただでさえ匂いの強い食べ物が苦手なので、口に持ってく前から相当苦痛で・・・
でも、勿論多くの人がこの「しもつかれ」を愛していて、母もよく作っていました。

う~む・・・「しもつかれ」が食べられなかったら、栃木県観光大使は失格・・・かなぁ。


話戻るけど、そのしもつかれ味のドロップって・・・

恐ろしや、恐ろしや・・・
食べてみたい気もしますが、絶対後悔しそうなのでやめました。

最近知ったのですが、このご当地ドロップ、地方によって色々出してるんですよね。

さつま揚げドロップス、納豆ドロップス、もつ鍋ドロップス、味噌ラーメンドロップス、ジンギスカンドロップス、牛タンドロップス、もんじゃ焼きドロップス・・・

だから、作りゃ良いってもんじゃないからぁ!!

一瞬の受け狙いには良いけど、お土産で貰っても決して嬉しくはないよねぇ・・・

あなたの住む地域の珍しいご当地ドロップスがあったら教えて下さいまし。
スポンサーサイト

【2010/01/25 00:01】 | 未分類
|

No title
Tomo Edington
デイブの家にも臭い18番料理があったそうで…。ニシンを牛乳の中で煮込むんだって。想像もつかないよね。ま、でも、おじいちゃまの「アミの佃煮+白いご飯+牛乳」に似てるかも。しもつかれを説明するとき、"It smells like garbage and looks like throw up"と言うと、みんな鼻にしわを寄せます。このドロップスの軍隊は、まるでHarry Potterの "Bertie Bott's Every Flavour Beans"の様だね。耳あかの味とか鼻くそとか。ははは。


No title
あっこ
耳垢や鼻くそよりはしもつかれの方がいいな(^^;)。
ニシンと牛乳か・・・でも、生臭さが取れて食べる時は良いんでない?
”throw up"の部分は敢えて記述しなかったわ。本当に食欲なくすから・・・
でも、ホント、このdishが洗面器に入って出てきたら、間違いなく・・・だよね。

コメントを閉じる▲
ここ数ヶ月、父の事があり、よく宇都宮に帰りました。

帰れば故郷に対して愛着が湧いてくるもの・・・

U字工事に続く栃木県観光大使に勝手に立候補した私としては、もっと宣伝せねば!

そこで、宇都宮スペシャル第二弾をお届けします。

まず、宇都宮の餃子で有名なのが「みんみん」

P1000347.jpg

本店は市の中心にある二荒山神社の裏手にある小さなお店。
週末にはいっつも観光客が長~い列をなしています。

これは駅ビル「パセオ」に入っていた支店で買った持ち帰り用のもの。
焼き方がうまいね!

P1000348.jpg

癖のない味で、大きさも程よく、ぺロッと食べてしまいました。
一人前、6個で240円!
美味~!

そして、やっぱり餃子の町をアピールしたい宇都宮としては、お土産も当然餃子グッズです。

P1000355.jpg

餃子ポテトチップス・・・餃子せんべいと並び、なかなか人気の商品。
にんにくパウダーが効いていて、今はあまり見ないハートチップルのような味。

続いてはこれ。

P1000349.jpg

餃子まんじゅう
・・・ただ単に形が焼き餃子に似ているだけのネーミング・・・

P1000351.jpg

餃子パイ
・・・こちらは餃子の形をしたマロンパイ。これは美味しかったぁ~
最近できたお土産だと思いますが、なかなかお薦め。

86010.jpg

U字工事が好きというので一気に注目を集めたレモン牛乳、そのクッキー版。
クッキーは食べた事ないけど、レモン牛乳は・・・
・・・甘いです・・・とっても甘いです・・・

私は全部飲めませんでした。

イチゴ牛乳のレモン版みたいな感じ・・・
ちなみに、レモン果汁とかは一切入っていません。
なんでレモンという名前がついているのか疑問・・・

町おこしの餃子にあやかって色んなお土産が出てますが、私が思う昔ながらの宇都宮銘菓は、うさぎやの「チャット」ですね。

P1000350.jpg

白餡と卵とバターの絶妙なハーモニー
和洋折衷な感じの優しい味のお菓子です。

そして、最後に衝撃的なものを発見してしまいました!

P1000353.jpg

餃子ドロップスぅ~???????

おいおい、何でも作れば良いってもんじゃないだろう・・・
ちょっと恐くて買う気にはなりませんでした。

でも・・・その横に更に衝撃的なものを発見っ!!!

ひえ~っ!!

To be continued・・・(つづく)


【2010/01/24 22:48】 | 未分類
|

餃子色・・・
けいた
過去ブログのご紹介ありがとうございます。
宇都宮はやはり餃子色が強いですね^^
手軽なところで、レモン牛乳と餃子ポテトチップスは、
今度探してみたいと思います。

お礼でもありませんが、
今度奈良に来られた際は、
「梅乃宿」のお酒(奈良中部)
と「柿の葉寿司」のサバ寿司が
お薦めですので、是非
お試しくださいな。

けいた

No Title
あっこ
けいたさん
まぁ、餃子でなんとか町おこしした感じですからね・・・。
奈良情報ありがとうございます。5,6年前に行ったきり、しばらく行ってないので、またブラッと訪れたいですね~。
実は私はお酒がほとんど飲めないので、お酒はお土産用に憶えておきます。「柿の葉寿司」は大好きですよ!

コメントを閉じる▲
今年は(今年も?)新年早々自分を痛め付けてます。

前に書いた目の横の傷は、お化粧すれば分からないくらいになったけど、お次は膝小僧…。

いつ、どこでぶつけたのか記憶にないのですが、なんか膝が痛いなぁ~と思って見たら真っ赤に腫れ上がってる!!

え~んっっ
なんでだ~??

さらにさらに、2週間ほど前から右足が痺れてじっと座っていられないほどなので、整骨院に行ったら、なんと股関節が捻挫してると言われまして…

股関節が捻挫~???

お医者さん曰く、冷えた体を無理してストレッチしてたのが原因ではないかと・・・
しかも、痛みが和らぐので、カイロとか長風呂で暖めまくってたのが良くなかったらしい。
炎症起こしてるから冷やすべきだったんだって・・・

え~んっっ
なんでだ~!

今年はこれだけで済むように気をつけます・・・

・・・ってついこの間書いたばっかりだぞ~(^_^;)

頑張れ、私・・・

【2010/01/22 11:23】 | 未分類
|

No title
Tomo Edington
私も記憶に無いどでかいアザをよく見つけるけど、あっこのレベルには達してないなぁ。花は結構近いけど。あの子は怪我の無い時が一時もありません。ジーンズに穴の無い時もありません。「あなたはほんとにあっこおばさんに似てるね」と言うと、嬉しそうに笑います。
おだいじに。

No title
あっこ
もっと良い所が似てくれるといいんだけどなぁ・・・(^^;)

コメントを閉じる▲
ハイチの地震、凄かったですね。

被害にあった人たちが亡くなった家族の埋葬も出来ず、支援物資も受けとれずに野宿している様を見ると、本当に心が痛みます・・・。
これから更に、食料や水不足、治安の悪化、伝染病など、問題がたくさん出てきますよね。

地震大国に住む日本人としては、他人事ではありません。
あの阪神淡路大震災から15年・・・でも、人々の心にはまだあの時の辛い思い出は鮮明に残っている事でしょう。

今日、わずかながら支援金を振り込んできました。
ブラッド・ピット夫妻みたいに、1億円をドーンと出せたらかっこいいんですけどね(^_^;)。

でも、少しでも二次被害が食い止められればいいな…。

突然愛する人を失った悲しみはお金では癒せないと思うけど、今はなんとか生き残った人たちに頑張ってもらいたい!

どうか被害にあった方たちが1日も早く元の生活に近い状態に戻れますように・・・。

【2010/01/20 21:38】 | 未分類
|

No title
Tomo Edington
ハイチは地震の前からひどい状態だったんだよね。世界の中でも大貧困国で。基幹施設なんか無いに等しくて、みんなジェネレイター使って電気をおこしてた。今、有名人とかミュージシャンとかが躍起になって寄付金集めしてるのを見てると、何だか皮肉なもんだなと思います。世界中からの同情で、国が建て直せればいいけどね。専制政治が無くならない限り、どれだけお金を送っても、みんな数人のポケットに入ってしまうような気がする。I did give, too, but am hoping the money goes to the suffering public...

No title
あっこ
オネエ殿
そうだよねぇ~、ホント、ちゃんと寄付する所選ばないと、無駄なお金になっちゃっうよね・・・
早く復興してくれれば良いけど・・・


No title
Tomo Edington
タイムスにこんな記事がありました。ハイチの歴史は悲しいね…。
http://www.nytimes.com/2010/01/22/opinion/22danner.html?scp=1&sq=haiti%20history&st=cse

コメントを閉じる▲
昨日は雨、そして今日は風が冷たくて、寒かったですね!
そんな中、私は今朝早くから、病院で健康診断してきました。

しっかし、何度やっても楽しいもんではありませんね~
特にバリウム検査!

苦労してバリウム飲んだら冷たい台の上に横になり、
「はい、赤あげて!白あげて!赤下げないで、白下げる!」
みたいなノリで、ガラスの向こうからスピーカーを通して聞こえてくる指示通り、右見て左見て回って逆立ちして、ワン!

…までは言われなかったけど、遊ばれてるんじゃないかと疑う瞬間が何度もありました。

その後は、これまた苦痛なマンモグラフィー…

痛いんですよ~

機械に押し潰されてビヨーンと無残な姿になった胸…痛みに必死にこらえていると、「はい、息を吐いてくださ~い」と言われ、頑張って吐こうとした瞬間、思わず「ハヘッ」と情けな~い声が漏れて、ついそんな自分の姿に笑ってしまい、痛み倍増…トホホ。

ま、これでなんともなければ良いのですが…。

実は、去年も同じ検査受けた後、「乳腺ガンの恐れがあるので、至急超音波検診に来てください」と言われまして…。
丁度ガンの疑いがある主人公の脚本書いてたときだったので、めっちゃリアルでビビりました!

結局検査の結果、何でもなかったんですけどね。
ホッ…

今回も問題ない事を祈ります。

検診中は楽しくないけれど、終わった後、ANAインターコンチネンタルホテルの昼食券が貰えるので、ホテルでの優雅なランチを楽しんできましたぁ。

【2010/01/14 01:42】 | 未分類
|

No title
ミナコ
マンモ・・・私もやらなきゃ・・・と思いながら
みんなの痛かった話をきくとどうも逃げ腰・・・。
びっくりするほどペッタンコにされる・・・と。。。

No title
あっこ
うん、痛くて笑っちゃうよ・・・
ミナコは大きいから、実はそんなに痛くないかもしれないぞ。
無理矢理寄せ集めて押し出される(笑)のが痛いのだ!

コメントを閉じる▲
おととい、宇都宮のホテル東日本で、父の社葬がありました。

朝9時に会場に入ると、花が一面に咲き誇るお花畑の様な素敵な祭壇が目の前に広がり、思わず声をあげてしまいました。

IMG_2055_convert_20100111114403.jpg

前日の夜から夜を徹して社員の方々が業者さんと一緒に飾り付けしたとか・・・。お疲れ様です。

ロビーには、父が海外旅行に行っては撮り溜めていた数多くの写真の中から抜粋したものと、去年、左手で描いた絵が額に入れて飾られてあります。

絵は、昭和20年7月に宇都宮に空襲があった時、家族からはぐれて防空壕に入れなかった父が、とっさに川の中に飛び込んで難を逃れた時の様子と、8月の空襲の様子が描かれてありました。

図1_convert_20100111105547

なぜ、この題材を描きたいと思ったのか…昨日初めてその絵を見た私には知るよしもありませんが、何か後世に伝えなければと思ったのかもしれませんね。

画家になりたかったという父からしたら、利き手が使えないもどかしさもあったかもしれませんが、絵の才能はしっかりプロのイラストレーターである姉が受け継いで、ちゃんとその才能を開花させていますからね。
良かったね、パパさん。
ありがとう、お姉ちゃん。

会場には父の経歴や功績と、懐かしい写真がスライドショーで流れていました。
父が子供の頃、大学卒業して働き始めた二十代、結婚した三十代、末娘の私が産まれた頃の四十代、そして家族の写真、孫との写真・・・色んな思い出がよみがえってきます。

図2_convert_20100111105636

これは、私が2歳の時。唯一父に抱かれている写真です。超貴重!!

繝代ヱ縺ィ繝?繝ウ繧ケ_convert_20091226005902

この写真も入ってました。姉の結婚式で私が父と踊った時のもの。足踏まれたなぁ~(^^)

そんな数々の写真に思いを馳せていると、司会の人の言葉でお別れ会が始まりました。

黙祷の後、父を公私共によく知っていらっしゃる方々からのご挨拶・・・若い頃の話や、旅行の時のエピソードなど話してくださいました。

またしても私の知らない父の一面・・・

う~ジェラシー

でも、良い友人や仕事仲間に恵まれてた事を知り、なんだか・・・嬉しくなりました。

それから、弔電のご紹介、施主を務めた兄の挨拶と続き、真っ白なカーネーションを一人ずつ献花しました。

そして、簡単なお食事をして解散。

仕事関係の方々がほとんどとはいえ、土曜日の午前中に何百人もが県外から集まって偲んでくださるなんて、父は幸せものですね。

私たちはお辞儀のし過ぎで、少々腰痛気味ですが・・・(^^;) 

でも、本当にありがたいことです。

そして、生前頑張っていた父に、改めて「お疲れ様」と声をかけました。

これまたよく知らなかったのですが、父は会社以外にも、日本歯材同友会の会長やら、日本歯科商工厚生年金基金の理事長なども務めていて、平成9年には薬事功労者として厚生大臣から表彰されていたんですね。

P1000369.jpg

(へ~)

あのさぁ、謙虚なのはいいけど、もーちょっと自慢すりゃいいじゃん!

・・・まぁ、そこが父らしいところです。

会場から2時ごろ家に帰り、祭壇から貰ってきた数百本ものお花を二時間以上かけて生けました。

まだまだあったお花を東京にも持って帰ってきて、更に二時間程かけて全部生けました。
家中、私の大好きなカーネーションとトルコキキョウ、カスミソウの花に囲まれて、とっても幸せ~。

IMG_2086_convert_20100111114712.jpg

IMG_2090_convert_20100111114952.jpg

年末のお葬式では亡くなった次の日だったこともあり、心身ともにあまり余裕がなかったのですが、一昨日はとても穏やかな気持ちで、父とお別れすることができました。

美しく部屋を飾ってくれているカーネーションを眺めながら・・・今日も笑顔で語りかけています。





【2010/01/11 12:09】 | 未分類
|

パパ
はり
あっこちんのパパ、素敵な人だね。
立派な祭壇だねぇ~。
パパ、立派なお方だったんだね。
ダンスの写真◎!!!

No title
あっこ
ハリハリ、ありがとう!ダンスの写真は15年くらい前かな。まだ若いねぇ~

コメントを閉じる▲
今話題の3D映画、「アバター」を観てきました。

ジェームス・キャメロン監督が14年も構想を練っていたという作品。
私は、「これぞハリウッド!」といった感じの映画はあまり好きじゃないのですが、ま~3Dというのも興味あったし、とりあえず行ってみました。

いや~、ハリウッドはやっぱりスケールが違いますねぇ…。お金のかけ方が半端じゃない!
何が実写で何がCGだか分からなかったです。すっかりパンドラ星に入り込んでました。
宮崎駿アニメの大ファンで影響を受けたと監督本人も言ってたようですが、あの色彩やスピード感などを実写でやってしまう意欲には敬服します。

でも・・・

どうせこれだけお金使うなら、もっとストーリーを充実させて欲しかったなぁ・・・。

ケビン・コスナーの「ダンス・ウィズ・ウルブズ」と、宮崎駿の「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」を寄せ集めたような感じの話で、新たな驚きも感動もありませんでした。

宮崎アニメの影響受けすぎだろう!

ただ、世界中で話題の映画が、人間(地球人)の異文化・異人種に対する蔑視や侵略行為、あるいは環境破壊問題などをテーマにしている事には大きな意義があると思うので、そこのところは評価してあげましょう。
宮崎アニメは知らなくても「アバター」は知ってるという人が世界的にみたら圧倒的に多いでしょうから・・・。

総じて言えば、3Dの娯楽映画として気楽に見るには良いのではないかしら~。

少なくとも「インディペンデンス・デー」みたいに、「アメリカが世界を救ってやるぜ!任せとけ、ベイベー!」みたいな映画ではありませんでした。
あれには笑ったなぁ~。現代の話なのに日本兵出てくるしね・・・(^^;)



【2010/01/07 22:31】 | 未分類
|
ジャンボ宝くじ!

…と言いたいところですが、そうではなくてですね…
新年そうそう、やっちまいました…(^_^;)。

メガネをかけてパソコンに向かっていた私、ちょっと調べものがしたくなって壁面収納になっている棚を物色。
上の棚にはないので、下の棚を探すと、ようやく見つけました。

あ~あったあった!

と顔を上げた瞬間、ガツ~ンと大きな衝撃が…。

それと共に、メガネが吹っ飛び、目の前には星がキラキラ~と舞っちゃいました。

何が起こったのか一瞬分からなかったのですが、上の棚の扉が開けっぱなしになってて、その角に私の左顔面が直撃したようです。

放心状態から、じわじわと痛みが増してきて…。

あ~、またやってしまったぁ…と後悔後悔。

鏡を恐る恐る覗くと、左目の横にクッキリと赤く傷がつき、目の下も腫れてます。
氷でギンギンに冷やして、腫れは少し落ち着いたものの、この傷は2週間位残るかなぁ…。

P1000373_convert_20100103200733.jpg


テレビの仕事無くて良かった~。

しっかし本当に私、よく物にぶつかるし、よくこけます。
「それ、コント?」と言われるくらい、天才的なこけっぷりを披露してしまうことがよくあります。

まだ反射神経が良いから大きな怪我には至ってないけど、年と共に気を付けなければ…。
今年はこれだけで済むように気をつけますです、はい。

【2010/01/03 18:23】 | 未分類
|

こんばんは
町田
お顔の傷、痛々しいですね。大丈夫ですか??
私もブログにリンク貼らせていただきました。
よろしくお願いします!

No title
あっこ
町田さん
コメントありがとうございます。痛みはひいたのですが・・・
え~ん!

No title
佳代
私も年末に顔面負傷して、両目ともパンダになってしまった・・・。しかも赤いアイラインがいまだにくっきり。同じ境遇だわ、ファイト!

Oh my...!
Tomo
Oy... 相変わらずやってますね。
目の周りの傷は怖いから、ちゃんと目医者さんに診てもらって…。
T

No title
あっこ
佳代さん
あらま・・・両目ですか・・・それはまた辛いですね。お互い、養生しましょう。お大事に!

お姉ちゃん
はい、相変らずやってます・・・。こどもの頃から階段転げ落ちたり、どぶに落ちたりしてたもんね(^^;)。

あら~
はり
今年は当たり年!?になるかもね~☆
私は泥酔した次の日に、足とかに身に覚えのない青あざがついてることが多いけど(笑)

でも眼に直接じゃなくて良かったね。マジで。
お大事に!

No title
あっこ
当たり年!いいねぇ~、そう思っておこう。
傷は化粧で隠れるくらいに回復しました。一安心!

コメントを閉じる▲
一応、喪中なので、ご挨拶は控えめに・・・

2010年が明けましたね。

もう21世紀に入って10年・・・はぁ~、月日が経つのは本当に早いもんです。

今日は家で恒例の箱根駅伝を見ています。

毎年、目頭を熱くしながら見ている駅伝・・・

人が何かに真剣に打ち込んでいる姿って、どうしてこんなに感動してしまうのでしょうか。

結果だけを見てしまいがちなスポーツの世界・・・でも、その影で、選手たちはものすごい努力を積み重ねてきているんですよね。

だからこそ、その努力が報われた時の嬉しさ、本番で発揮できなかった時の悔しさが何十倍にもなるのでしょう。

そしてその感情の波が見ている人たちにも伝わって、私達の心をダイレクトに動かしてしまう・・・すごい力です。

今年は冬季オリンピックも控えていますし、またいっぱい感動してしまいそうですね。

皆さん、お正月、食べ過ぎないように・・・

今年もどうぞよろしくお願いします!


【2010/01/02 13:57】 | 未分類
|