日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
今年もUPS(アップス)アカデミーという俳優養成機関修了公演の脚本を書きました。

UPSとは、「ラストサムライ」や「バベル」など、海外映画のキャスティングディレクターとして活躍している奈良橋陽子さん(ゴダイゴの多くの歌を作詞したことでも知られている)が主宰する学校で、心日庵や日穏-bion-で一緒に活動しているたんじだいごさんが講師をしています。

もうかれこれ6年くらい前に初めて脚本を頼まれたのがきっかけで、それから映像クラス用の短いものから、2時間近い卒業公演まで、色々書きました。

今回の作品「陽のあたる庭」は、アメリカの作家、ジョン・スタインベックの「ハツカネズミと人間」を、日本の昭和30年代のトンネル工事現場での話にしたもの。

あらすじはこんな感じ・・・

戦争で家族も住む家も失い、浮浪児として育ったダイとショータ。
頭の切れるしっかり者のダイと、知的障害を持ち子供のように純粋な大男ショータは、日雇い労働者として転々としながら生活していた。
二人が新たにやってきた工事現場には、元軍人や在日朝鮮人など、同じように孤独を抱えた男達が働きに来ている。
ダイとショータの夢は「誰に気兼ねもなく住める自分達の家を持つ事」・・・
しかし、ある日、とんでもない事件が起こってしまう・・・

今週の水曜日から本番です。

役者としては駆け出しの彼等・・・技術的な課題は色々あるかもしれませんが、私は養成所などの発表会って好きですね。

なんていうのかな・・・エネルギーがあるんです。
「芝居が好き!演じたい!」っていう純粋な気持ちが伝わってきて、そういったピュアな気持ちを忘れそうな自分を気持ちよく刺激してくれる・・・

芝居や役者の魅力って、技術だけではないんですよね。

本番がとても楽しみです!

勿論、たんじさんの演出もね!!

みんな頑張れ~!

ちなみに、自分が書いた脚本はみんな私の子供のようなもの。
生みの苦しみを味わったのですから・・・(^^;)

だから、その子達がどんな風に成長したのか・・・初めて父兄参観日に行く母親のような心境です。

参考までに・・・http://www.upsnews.co.jp/news/
スポンサーサイト

【2009/11/29 12:57】 | 未分類
|
「This Is It」見ました。

もうご存知でしょうが、マイケル・ジャクソンの最後のコンサートのリハーサル風景を編集した映画です。

実を言えば、私は元々そんなにマイケル・ジャクソンのファンではありませんでした。
ダンスは凄いし、歌も「Black or White」とか、「We are the world」、「Heal The World」、{I Just Can't Stop Loving You」など、好きな歌はあったけど、どちらかというとワイドショーを賑わしてる姿からは、あまり良い印象を持ってなかった・・・でも、この映画を見て、完全に脱帽しました。

いや~、マイケル、君は凄いよ!凄い!凄すぎる!
もう号泣でしたよ。
なんと2回も見てしまった…。

本当のエンターテイナーというのは、こういう人の事を言うんだと思いました。

元々ファンだった方、ごめんなさい。
私たちが普段、どれだけ偏った情報に翻弄されてる事か…反省しました。
彼は、少年のまま、繊細な心を持ったまま、大人になり、それ故に彼の行動は周りの大人からしたら理解できない「奇行」として映っていたのでしょう。

でも、芸術家と呼ばれる人たちは、どこか子供の心を持っているものだし、持っていないといけないと思うんですよね。子供の想像力や潜在能力って果てしないもの。
大人になると忘れてしまうそんな力を持ち続けていたのが、マイケルだったのではないかしら。

物事を人の意見を通してではなく、自分の目線で見直すことの大切さを痛感しました。

先ず彼は、何よりも第一に観客を喜ばせることを考えてる…そのためには決して妥協せず、完璧を求める姿勢。それがプロとしての責任でもあり、お客様からお金をもらい、時間を割いて見聞きしていただく立場の人間が持つべき姿勢だと思います。

50歳という年齢であそこまで踊りながら歌えるというのは、人知れずもの凄い努力をしているからでしょう。
映画を観た後、ちょうど「スマスマ」でマイケルの特集してたんだけど、その中で、彼がいつもソフトボイスでしゃべるのは声帯を守るためだって言ってた。
天才というのは、日々努力(多分、本人は努力とは思ってないだろうけど)出来る人の事を言うんじゃないかな。

そして、何よりも愛を感じました。

観客への愛情はもちろん、スタッフやキャストへの謙虚な姿勢や心遣い。
リハーサル風景や、スタッフのコメントからも、みんなが心から彼を尊敬し、楽しんで仕事してることが分かります。
幼少期からずっと芸能界のトップにいながら、謙虚でいられるって簡単な事じゃないですよね。

映画の中で、ギタリストがソロを弾くところがあって、その練習をしている時、「ここは君の見せ場だからもっとやっちゃって!」と言ってから、「I'll be right here with you (大丈夫、僕が側にいるから)」って・・・
んも~、そんな事言われたら泣いちゃうでしょ!!

彼の歌やコンサートで発信している世界平和や環境問題に対するメッセージも、決して見せかけでなく、心底願っていた事がわかります。
勿論、エンターテイメントという産業と環境問題には矛盾しあう部分があり、色々異論反論もあるでしょうが、あれだけのスーパースターが訴えるメッセージには大きな意味があり、多くの人たちに影響力があると思います。

実際、マイケルは寄付も含めて慈善事業いっぱいしてるしね。

まだまだ生きて、もっともっと多くの人を感動させ、メッセージを送り続けて欲しかった・・・
悔しいですね・・・本当に。
あのコンサートを実現できなかった事・・・本人も残念だったと思います。

私達が彼に与えられた感動への恩返しとして今できる事は、彼の意志を受け継いで実行して行く事ですよね。

最後に、マイケルが言ってた事・・・
「地球は病んでいる。みんな『誰かがどうにかしてくれるだろう』と言うけれど、その"誰か"って誰の事?まず、自分達から始めなきゃ」

ちょっと長くなりますが、そんな彼のメッセージがこめられた歌、
「Heal the World」の歌詞です。
英語の歌詞の後に、日本語訳も載ってます。

「Heal the World」 作詞・作曲 Michael Jackson

There's A Place In Your Heart
And I Know That It Is Love
And This Place Could Be Much
Brighter Than Tomorrow
And If You Really Try
You'll Find There's No Need To Cry
In This Place You'll Feel
There's No Hurt Or Sorrow

There Are Ways To Get There
If You Care Enough For The Living
Make A Little Space
Make A Better Place...

*Heal The World
Make It A Better Place
For You And For Me
And The Entire Human Race
There Are People Dying
If You Care Enough For The Living
Make A Better Place
For You And For Me

If You Want To Know Why
There's A Love That Cannot Lie
Love Is Strong
It Only Cares For Joyful Giving
If We Try We Shall See
In This Bliss
We Cannot Feel
Fear Or Dread
We Stop Existing And
Start Living

Then It Feels That Always
Love's Enough For Us Growing
So Make A Better World
Make A Better World...

*繰り返し

And The Dream We WereConceived In
Will Reveal A Joyful Face
And The World WeOnce Believed In
Will Shine Again In Grace
Then Why Do We Keep Strangling Life
Wound This Earth
Crucify Its Soul
Though It's Plain To See
This World Is Heavenly
Be God's Glow

We Could Fly So High
Let Our Spirits Never Die
In My Heart I Feel You Are All
My Brothers
Create A World With No Fear
Together We'll Cry Happy Tears
See The Nations Turn
Their Swords Into Plowshares

We Could Really Get There
If You Cared Enough
For The Living
Make A Little Space
To Make A Better Place...

*繰り返し


「世界を癒そう」

あなたの心には場所がある
僕はそれが愛だって知っている
この場所は明日よりもずっと明るくなれる
本当にその気になれば
泣く必要なんか全然ないんだってことが分かるだろう
この場所には痛みや悲しみがないことを
感じられるはず

そこに行きつく方法はいくつもある
生きとし生けるものへの
あふれる思いやりを持ちさえすれば
少しの場所をつくってもっと良い場所にしよう

世界を癒そう
もっと良い場所にしよう
あなたのために、僕のために
そして全ての人種のために
死にゆく人々がいる
生きとし生けるものへの
あふれる思いやりを持ちさえすれば
より良い場所をつくろう
あなたと僕のために

なぜなのか知りたければ
嘘をつけない愛がある
愛は強い
愛は与える喜びしか気にかけない
その気になりさえすれば見えるはず
この無上の喜びの中では
恐れや不安は感じられない
僕らはただ存在することをやめて
生きることを始めるんだ

すると成長する僕らにとって
愛はいつも充分なように感じる
だからより良い世界をつくろう
もっと良い世界にしよう

*繰り返し

僕らが抱いていた夢は
喜びに満ちた顔を現す
そして僕らがかつて信じてた世界は
再び優美に輝き出すだろう
ならば僕らはなぜ命を
握りつぶすことを続け
この地球を傷めつけて
その魂を十字架にかけるのか
すぐに分かることだけど
この世界は神々しいんだ
神々よ、光り輝きたまえ

僕らは地上高く飛べるだろう
僕らの魂が決して死なないようにしよう
僕の心の中では、皆兄弟だと感じている
恐れのない世界を創ろう
共に涙を流すんだ
喜びの涙を
国々が武器を鋤に
変えるのを目にしよう

僕らは本当にそこへ行き着くことができるんだ
生きとし生けるもののため
少しの場所をつくって
より良い場所にすれば

*繰り返し×3回

死にゆく人々がいる
生きとし生けるものへの
あふれる思いやりを持ちさえすれば
より良い場所をつくろう
あなたと僕のために

死にゆく人々がいる
生きとし生けるものへの
あふれる思いやりを持ちさえすれば
より良い場所をつくろう
あなたと僕のために


【2009/11/28 10:45】 | 未分類
|

はじめての投稿です!!
なおこ
私も観たよ!家族で~。「This Is It]  最高でした。本当に彼は天才。
愛や地球を守るという、使命のために彼は亡くなってしまったような気がしてならないの。  亡くならなかったら、彼のメッセージはこんなに浸透しなかったでしょ?きっと!
すごく切羽詰まってるんだと思うよ~。  
まずは私から「Men In The Mirror」の実行です。がんばるぞ!!

No title
あっこ
書き込みありがとう!
確かにそうかもね・・・。うん、きっと意味があったんだね。
おっし、一緒に頑張ろう!

コメントを閉じる▲
今朝、久しぶりにラッシュアワーの電車に乗りました。
「久しぶりに」と書ける仕事してて、本当に幸せです。
ありゃあダメだぁ~!

途中で降りたくなったけど、次の電車を待っても同じこと…。そんな事してて、仕事に遅れるわけにもいかないし…。

辛かったぁ~

満員電車は、9時~5時の会社勤めをやめようと思ったきっかけだった事を思い出しました。
だってあり得ないですよね、あの混雑は…。
みんな、あれ毎日乗ってるの??
凄いです、めちゃくちゃ尊敬します。

元々人混みが苦手な私…。
東京に住み始めて、みんな「すみません」も言わずに押し退けてくるし、ぶつかっても何も言わないし、都会ってなんて冷たいんだぁ!!と思ってたけど、こんなに人がいて、ぶつかるのが当然だったら、いちいち声かけたり謝ったりしてられないんでしょうね。

本当なら、人が多いからこそ声を掛け合うべきだとは思うのですが…。

何はともあれ、毎朝、満員電車に揺られてる皆さん、頑張れ~!!!

【2009/11/26 12:58】 | 未分類
|
オバマ大統領の天皇皇后へのお辞儀が、アメリカでは随分問題になっているようですね。

一部のタブロイド紙がちょっと騒いでるだけかと思ったら、とんでもない!
アメリカに住んでいる姉に聞いたところ、一般の人の間でも大きな話題になっているようです。
それも、圧倒的にネガティブな意見の人が多いようで・・・
保守派はここぞとばかりに突っ込んでるらしい。

ビックリしますよね~。
そんな事が問題になるんだ・・・なんだか悲しくなります。

確かにアメリカでは、お辞儀は相手に「屈服する行為」といったイメージがあるようです。
一方、日本では礼に始まり礼に終わるというくらい、お辞儀という行為は相手への敬意や謙譲の意を表すもの。
お辞儀をすることはごく自然な行為です。

ハワイでケニア人と白人の間に生まれ、幼少期をインドネシアで過ごしたオバマ大統領。
お母さんは人類学者で、その再婚相手はインドネシア人だったとか・・・

そんな彼には、自然と多文化意識が根付いているんでしょうね。
そういう意味で、オバマ大統領に期待するアメリカ国民は多かったはず・・・

でも・・・あくまでも自分の国の中でやってくれってことかしら・・・

ヨーロッパを旅していた時、一番嫌われていた旅行者はアメリカ人でした。
自分が外国にいるにも関わらず、英語が話せない現地の人に対して、「なんで英語話せないの?!」という傲慢な人が多いんだそうです。

う~む、なんとなく分かります・・・

勿論、一概に「アメリカ人」とひとくくりにしてしまう事には抵抗ありますが、確かにそういう人は少なからずいます。
私もアメリカにいた時は、日本人というだけで、色々差別的な言葉を浴びせられたし・・・(まぁ、差別に関しては日本にも沢山あるので、批判はできませんが・・・)

そういう人たちにとっては、「アメリカは世界で一番強い国!」なんでしょう。
そして、最強国の大統領が他国の国賓に対して深々とお辞儀するなんてありえないのでしょうね。

なんとも悲しい考え方ではありませんか?
せっかく、「アメリカは傲慢」という、世界からのネガティブな印象を払拭してくれる国際的感覚を持った大統領が誕生したのに、それを国民が批判するなんて・・・
「自分達はやっぱり傲慢だ」と主張しているようなもんですよね。
まぁ、ジョージ・W・ブッシュが8年間も大統領になってた国だものね。(^^;)

米政府高官は「お辞儀」は外交儀礼だとして「政治問題化するのは的外れもいいところ」と一蹴しているそうです。
全くその通りだぁ!

異文化への理解や敬意なくして、平和な世の中なんて実現しないとは思いませんか?

どうかオバマ大統領、こんなバッシングになど屈せず、これからも堂々と自分の信じる外交を勧めて下さいませ!


【2009/11/23 00:25】 | 未分類
|

オバマ大統領
コイケ
オバマ大統領は善い人に見えます、私には手塚治虫さんにダブッてみえます、二人共聖人ではないにしても信頼できる人にみえます。
世界の多くの人がオバマさんをそう感じているとおもいます。
彼は競争社会のアメリカで勝者になった人で、権力者として冷徹な判断をし、大統領として、もちろんアメリカの国益を最優先にするでしょう。
あやふやな信頼感です、それでも、オバマさんに賭けてみるしかないとおもいます。地球温暖化もアルカイダの問題も解決の可能性があるとすれば、オバマさんの在任中だけとおもいます。
そのためには、オバマさんに米国内で強い権力基盤をあたえること、鳩山さんもトラストミーなどといわず、トラストユーといって、普天間や給油で貸しを作る位に
して、その先に一緒になって高い理念を実現してもらいたいのに、自分の都合ばっかりみたいで。
でも、口からでまかせでCO2 25%削減 はハタ迷惑だけど、日本が損でもやはり実現に一丸でやるしかないし、そこから、鳩山さんも日本も道が開けるかもしれません。
岩瀬さんも善い人にみえます、一度芝居をみただけで、あやふやですが。


コメントを閉じる▲
昨夜、ブルーマングループのショーを見てきました。

NYで15年以上ものロングランを続けており、何かと話題になっていたブルーマン。
ずっと見たかったんだけど、なかなか機会がなくて・・・
二年前に日本に上陸し、今月末に千秋楽というので、なんとかギリギリ滑り込みで見に行くことができました。

六本木のインボイス劇場に着くと、会場内はディズニーランドなどのアトラクションに乗る前のような雰囲気。
お客さん、みんなが楽しみに来ている感がありましたね。

前から5列目くらいまでの席に座る人はビニールのポンチョを着せられます。
一体何が飛んでくるんだろう・・・ドキドキ

開演前、段々客席が埋まってくると、テロップが流れます。
実は私、このテロップに一番笑ったかも・・・
ネタばれになると申し訳ないので、詳しくは書きませんが、なんとも面白かったです。

いよいよオープニングと共にあの顔から頭まで真っ青に塗られた三人組が暗闇に登場!

結構恐いです・・・

でも、ひとたび動き出すと、とってもお茶目な三人
まるで子供のようにいたずらしたりはしゃいだりしていました・・・しかも無表情で。
ちょっとね、猫の行動を思い出した!

そして、次々とvictim(?)になる観客達・・・
通路から離れた中央の席に座っていても容赦なく、引っ張っていかれます。
人の頭に捕まりながら座席と座席の間の肘掛の上を歩いていくんだもの。
私の目の前に座っていた若い女の子が引っ張り出されて、舞台でいじられてました・・・
危ない危ない(^^;)

私のトータルな感想をいうと、楽しかったけど、もっと彼等のパフォーマンスが見たかったかな。
コンセプトとしては、観客をいじって、その戸惑っているお客さんを見て楽しむという感じなのよね。
それはあっても良いんだけど、「すげぇ~っ!!!」と叫ぶようなパフォーマンスは無かったのが残念!

NYのストリートパフォーマンスとして始まって、オフブロードウェイでロングランしていたというこのブルーマンショー。確かに、路上とか小さな劇場で、観客と一体になれるような空間であれば、もっと楽しめたのではないかしら・・・。
インボイス劇場は1000人くらい入る劇場だからね。

帰りに外で観客と写真を撮っていたブルーマン

P1000332.jpg

デーモン小暮閣下も真っ青な真っ青ぶり!

それから、六本木ヒルズ裏のケヤキ坂にきらめくイルミネーション

P1000333.jpg

P1000336.jpg

とても綺麗でした~


【2009/11/19 12:55】 | 未分類
|
オバマ大統領が来日しましたね~。
皆さん、演説聞きました?さすがだなぁ~と感心してしまいました。
内容がどうというより、先ずはプレゼンテーション能力の高さ。うまいっ!!
ユーモアやウィットにも富み、とにかく人を惹きつける魅力的な演説でした。

私は、国際シンポジウム等の司会をやる事が多いのですが、その度に思うのは、海外からのゲストのスピーチの上手さ。
勿論、オバマ大統領は元弁護士だし、その中でも別格だけど、それでも皆さんとてもプレゼン能力が高いです。

それって教育の違いなんでしょうね。

日本人は間違う事を極端に恐れる傾向があるから、授業中も手を挙げて発言するより、指されるまで待つ事が多かったでしょ?

スピーチも間違わないように、一言一句原稿通り読む人が圧倒的に多いです。

英語がなかなか話せるようにならないのも、「間違いたくない!恥をかきたくない!」という意識が邪魔をしている事が一番の要因ではないかしら。
外国語なんだから、間違って当たり前なのにさ・・・

英会話学校の講師をしていた時、高学歴の人の方が上達が遅い事を感じました。
より完璧を求める傾向があるんでしょうね。頭でちゃんと英文を完成させてからじゃないと言葉にできない。
英語は「教科」じゃなくて、「会話のツール」と思えれば、楽なんだけど・・・

ま、後は周りの人の非難の目があるんだよね。

これ、大きい!

なぜか日本人は日本人の英語に厳しいのです。

NHKで外国向けのラジオ番組やってた時、色々言われました、日本人に。
外国人のリスナーの方が多かったんだけど、日本人以外の人からは「英語の発音がどうのこうの」なんてコメントは一つもなかった。

私が日本人で、英語は私にとって外国語である事を分かってくれてたからでしょう…。

デーブ・スペクターがどんなに日本語が上手くても、やっぱり英語なまりの日本語である事に変わりはなく、それを「彼の日本語は発音がおかしい」なんてコメントする人は稀だと思いますが。

それに、世界中色んな英語があるから、何が正しい発音かなんてものは無いと思うしね。同じアメリカだって、場所によって全く違うんだから!

それでも、日本人は同じ日本人に厳しいのよねぇ・・・

勿論、友好的な日本人リスナーも沢山いて、とても励ましてもらってたけどね。

いつの間にか話がずれてしまったけど、もしこれからの若者に国際的な人間になって欲しいと願うのであれば、小学生から英語を教えるよりも、先ず、プレゼン能力を高める教育をした方が良いのではないでしょうか。

正解や不正解ではなく、人前で自分の意見が言えて、きちんと相手に伝える事ができる・・・

そうした時、初めてグローバルな人間になる第一歩を踏み出すような気がします。

あれ・・・

私、なんか偉そ~だね・・・(^^;)

あ、自分の事は棚に上げまくってますので・・・あしからず・・・



【2009/11/16 00:11】 | 未分類
|
今週から急に冷え込みましたね。
それもそのはず、今年もあと2ヶ月を切りました!・・・早いもんですねぇ
でも、今日はさわやかな秋晴れでした。
やっぱり秋はいいね~大好き!!

さてさて、私は今週1日から3日まで兵庫と大阪に行ってました。
まず、神戸で仕事して、一泊。

その次の日、途中で落ち合った友人二人と尼崎へ行き、8月に他界した文学座時代の友人、Iちゃんのお宅へお邪魔しました。

玄関を開けた途端に飛び込んで来たIちゃんの大きな写真。
そして、通されたお部屋にはお仏壇と共に、生前の写真が所狭しと飾られていました。
どれもこれも笑顔が素敵な写真ばかり・・・

未だに信じられないけど、いつまでも悲しんでいる事をIちゃんは望んでいないと思うので、ご両親と沢山想い出を語って、大いに笑って来ました。
お母様も「こんなに笑ったのは久しぶり」とおっしゃってたし・・・

本当にIちゃんは、明るくて、みんなから愛されていて、非の打ち所の無い人でした。

もしかしたら不謹慎かもしれないけど、もし、自分が今この世を去ったら、一体どんな風に思われるんだろう・・・とそんな事を考えてしまいます。
う~、恐い・・・

"Dream as if you'll live forever.
Live as if you'll die today."

ジェームス・ディーンが言ったこの言葉。とても身につまされます。
今日この世を去ってもいいように、一日一日を大切に生きなきゃね!
そして、いくつになっても夢を忘れないように!

その日の夜は、梅田駅の近くにある梅田スカイビル屋上「空中庭園」に行ってきました。

CA8MN3KE_convert_20091107003719.jpg

結構寒かったけど、ここからの景色はとても素敵!周りにはカップルがいっぱい!!

その後は、もちろんたこ焼きを食べに行きました。
トロ~っとしたたこ焼き、おいしかったぁ!!

CAYW0H8R.jpg


【2009/11/06 00:36】 | 未分類
|

あらま
まみ
偶然。僕も2・3日に神戸にいたの。六甲アイランドとか行った。そしたら数日後に市橋容疑者が六甲アイランドのフェリー乗り場から大阪に移動して逮捕されたからビビッたよ。どこかですれ違っていたかもしれないもんね。
あきやんともどこかですれ違っていたかな。大阪にもいったし。ニアミス。

No title
あっこ
あら、そうなの?すごい偶然だね。
市橋容疑者見つけてたら、1000万円分のいくらかはもらえたかもね・・・。
踊りの稽古頑張ってね。なるべく行けるように調整します。

そうなのよ
まみ
お待ちしてます。
1000万おしかった。一つ前の日記「おい小池!」の顔を覚えておくようにします。

コメントを閉じる▲