日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
ちょっと間があいてしまいましたが、続いてご紹介するのは世界遺産ともなっているプロトヴィッツェ湖群国立公園。

ここは200km²もの広大な森に大小16の湖と92カ所の滝が点在しており、とても美しい景観をつくり出しています。紛争中はすぐ近くで戦闘が行われるなど、危機遺産リスト入りしていたそうですが、目だった被害もなく、今はその自然をそのままにうまく保全しています。

2009-05-04+071_convert_20090510001154.jpg

いや~、すごかった!!あいにくの雨模様でしたが、5時間くらいずーっとハイキング。
大自然に包まれて聞こえてくるのは滝の音と小鳥のさえずりだけ。マイナスイオンたっぷりでした!!

2009-05-04+076_convert_20090510001437.jpg

滝は近くで見られるものもあり、圧巻!!

2009-05-04+055_convert_20090510000718.jpg

2009-05-04+058_convert_20090510000836.jpg

なんかね、スターウォーズのヨーダが出てきそうな所でした。
屋久島に行った時も思ったけど、やっぱり自然の森の中って何かいますね。うん。

雨があがって太陽にきらめく湖も堪能し、そろそろザグレブに戻ろうとバス停でバスを待っていましたが・・・来ない。
ザグレブまでは約2時間半の道のり。1時間半おきに3本しか来ないバスを逃すと大変な事になります!予定時間の15分前について待っていて、30分待っても来ない。
う~む・・・行っちゃったのかな。不安に思っていると、「ザグレブ」と前に書かれたバスが物凄いスピードで走り去って行きました。・・・・えっ???今の、バス?
停まる気配などこれっぽっちもないスピードで走っていったバスの後姿を見送りながら、絶望に打ちひしがれてしまいました。
次のバスは1時間半後・・・。インフォメーションに行って聞いてみると、「バスの時間が遅れるのは当然。乗りたければ、車道に出て意思表示をしなければダメ。」とのこと。でも、意思表示も何も、あのスピードで走り抜けるバスの前に飛び出したら死んでるよぉ。
でも、次のバスに乗らなければ、その日は野宿するはめになる。段々と冷え込んでくる中、仕方なく何時に来るかわからないバスを待ち続けた。そして予定の時間より40分ほど遅れてやってきたバス!今度こそ逃すものかと、全身を使って「乗せろ~!」の意思表示。バスは無事に停まり、なんとかその日のうちにザグレブに戻る事ができました。

外国で公共の乗り物が時間に正確でない事は、アメリカでの生活や度重なる旅からも分かっていたけど、久しぶりだったのでかなり戸惑いました。
時間に正確なのは日本とドイツだけ・・・とは良く言われます。
山の手線とかで「到着が3分遅れました事をお詫びします」なんてアナウンスを聞くと、私の外国人の友人は笑い出します。「3分しか遅れなくてすごいでしょう!」というアナウンスなら分かるだって。

そうそう、アメリカにいた時に、スペイン人の友人に「8時から家でパーティーをやるから是非来て」と言われたので8時ぴったりに行ったら、なんとバスローブで出てきて、「随分早いのね。これから準備するのよ」と言われて面食らった事がありました。8時と言われて8時に到着するのは失礼なんだとか・・・。
日本では5分前行動なんて言うでしょう?遅れたら失礼と思われますよね。

国が違えば文化も違う。時間の感覚も違うんですね。


スポンサーサイト

【2009/05/20 13:32】 | 未分類
|

出て来い☆ヨーダ!
はり
ちゃんと帰れて良かったねぇ。
マジ、ヨーダ出てきそう~!
海外紀行のブログ、楽しみにしてますわ。
次はどこ???

No title
あっこ
はりはり、ありがとう!なんか、このコメントって小さくて見落とすよね・・・。
うん、フォースをちょっと貰った気分でした。
次はねぇ、時差ぼけのないオーストラリアとかニュージーランドとか行きたいなぁ・・・

コメントを閉じる▲
いつの間にか私の海外紀行ブログになってしまった・・・。(^^;)

今度はクロアチアに行って来ました。結構みんなに驚かれます。
クロアチア?・・・ってどこ??という質問多数。

「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれるバルカン半島・・・世界史の授業で習った事があると思いますが、クロアチアはそのバルカン半島に位置しています。イタリアとアドレア海を挟んで東側にある国。

1991年にユーゴスラビアから独立し、スロベニア、ハンガリー、セルビア、ボスニア・ヘルツェコビナ、モンテネグロと隣接しています。
1991年から95年までユーゴスラビア軍と戦ったクロアチア紛争は記憶に新しいところですよね。
でも私、実はこの時期ちょうどテレビの無い生活をしていたもので、新聞では読んでいたものの、あまりビジュアル的には記憶に残っていなかったのです・・・。
最近映画やドキュメンタリーを見て、改めてショックを受けました。

その歴史を知ると、なんで「火薬庫」なんて不名誉な呼び名がついてしまったのか分かってきます・・・。古代から様々な民族が移り住み、時代によって違う国の支配下に置かれていた地域。
オーストリア・ハンガリー帝国に支配されていた首都ザグレブのある北部と、ヴェネツィア共和国の支配下にあった南部では全く違う国のようでした。

まずはドイツのフランクフルトを経由して首都のザグレブへ。

2009-05-04+005_convert_20090509221232.jpg

ドイツやオーストリアなどと街の雰囲気は似ています。緑が豊かで、とても綺麗な街。
ただ、建物に落書きが多くて勿体なかった・・・。
それにしてもクロアチア人はでかい!!
男性は2メートル位ある人がざらにいるし、女性も180センチ以上の人がいっぱい!
なんだか壁の中を歩いているような感じでした。
そして、スモーカーがめちゃくちゃ多いです。
禁煙活動などここには存在しておりませんでした。

2009-05-04+029_convert_20090509222328.jpg

これは聖マルコ教会。ゴシック様式の建物、屋根にはザグレブ市とクロアチア国の紋章が入ってる。

2009-05-04+013_convert_20090509222122.jpg

こちら、マーケットの前で見かけたおじさん。
日傘の代わりに日本で流行るかな、これ??

続いては植物園で見かけたこんな風景・・・

2009-05-04+023_convert_20090509222238.jpg

向こうのカップルはもう全然離れようとしません。
そしてこっちのおじさんはひたすら本読んでました。
平日の昼間に何やっとんじゃ!!

物価は日本と全然変わらないほど高いのに、なんと平均月給は10万円ほどとか・・・。
その代わり、医療費や学費などは全て無料だそうです。どっちが良いのかなぁ。
ま、全人口が約450万人で、東京都の約3分の1という国だから出来るのかもね。
ちなみにザグレブの人口は約80万人だって。

続いては世界遺産の国立公園ですよ~。 つづく

【2009/05/09 23:59】 | 未分類
|