FC2ブログ
日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事、日本に帰って来ました~‼️

出発した時は寒かった東京も、今日は春の陽気ですね。

そして、みんながマスクをしていて嬉しいです😆

ヨーロッパやアメリカでは、よっぽどの事がない限りマスクをしません。

ベオグラードなんて中国の都市部と同じくらいPM2.5の濃度が高い上、インフルエンザが流行ってると騒いでて学級閉鎖になったにもかかわらず、マスクしてる人なんて一人もいない…。
私以外は😅

予防でマスクをするという概念がそもそもないんでしょうね。

昨年末から気管支炎に悩まされていた私には、空気の悪さもですが、喫煙率の高さも悩みのタネでした。
多分、30年前の日本と同じくらい、みーんなタバコ吸ってて、レストランもカフェもほとんど禁煙席がありません。

なので、自分でマスクをして防御するしかないのです。

街をマスク姿で歩いてると、必ずジロジロ見られ、心なしか避けられてるような気がしました。
インフルエンザか何かの感染症患者だと思われたのかも…(笑)

20代の頃なら人目を気にしてしなかったかもしれませんが、おばちゃんになったらそんな事関係な~い‼️
むしろマスク文化を広めて帰ってやる‼️
くらいの気持ちでおりました。

日本でみんながマスクをするようになったのはいつ頃からなんでしょうか…。
花粉症人口が増えだしてからかな?

誰がなんと言おうと、マスクは偉大です!!
マスク、万歳!!




スポンサーサイト

【2019/03/20 17:35】 | 未分類
|

おお!わが愛しのマスク
shiva
おかえりなさい!お疲れ様
ノド辛そうですね。可哀想…

2009年のインフルエンザ騒動の最中、中国から帰りの飛行機でマスク姿は我々日本人のみ
着陸後、全員が体温チェックされたらすぐ前のラテン系旅行者3人が高熱でアウト、すぐ確保・隔離に。やっぱマスク必要じゃん(苦笑)

「二宮金次郎・続編」舞台化!?
ぜひぜひ♪







承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
日本を出発して1ヶ月以上。

今はゆったりした海辺のリゾート地に来ています。
海と山に囲まれた自然が豊かな国。
ただ青く透き通った海を眺めているだけで、α波が出まくっているのを感じます。



晴れていても空気はまだ冷たく、さすがに海に入っている人は誰もいませんが、むしろ夏の繁忙期より空いてていいんじゃないかな。

もうすぐ帰国と思うと、ちょっと寂しい気もします…。

昨日は日本ではホワイトデーでしたね。

日本の製菓業界の企みで始まったホワイトデーはヨーロッパにはありませんが、3月8日に国際女性デーというものがありました。

日本ではあまり馴染みがありませんが、20世紀初頭に「女性の政治的自由と平等のためにたたかう記念の日」として制定され、ヨーロッパやアメリカでは男性が女性に花をプレゼントするのが慣例となっているそうです。

私も現場でステキなバラをいただきました。


製菓業界ならぬ、生花業界の企みかしら(笑)。

【2019/03/15 21:07】 | 未分類
|
海外にいると、自分は日本人だなぁ~と思う事がよくあります。

一番は食べ物。



こちらの食事は結構美味しくて、日本人にも合う味付けですが…
やっぱりご飯と味噌汁が欲しくなりますね。

今回はホテル住まいと分かっていたので、海外で使える変圧式電気調理器を持参しました。



これ、大正解!!
お湯は沸かせるし、ご飯は炊けるし、野菜も茹でられて、本当に便利です。

お陰様で、持ってきた味噌とお米を調理して、疲れた胃腸を休める事ができます。

海外のホテルに長期滞在する方には心からお勧めします。

この間は近くでチキン買ってきて、こんな感じのディナーを楽しみました。


それから、ホテルから歩いて7分くらいの所にFine Sushiという日本食レストランがあり、お寿司も食べました!




なかなか美味でした。

ここでの滞在も早いもので残り一週間!
あ~、日本食は食べたいけど、花粉が降り注ぐ日本には帰りたくないよー!

【2019/03/03 20:52】 | 未分類
|

桜町の米は美味かっぺよ
shiva
まだ正教会の国にいらっしゃるのでしょうか

本日、日光(今市)で「二宮金次郎」試写会拝見しました
私は三回目の追加上映でしたが満席の盛況、皆さん熱心に見入っていました

重厚な歴史ドラマに対して適切な感想でないかもしれないけど、たいへん「面白かった」です
丁寧で美しい映像、民衆の辛苦、苦悩が描かれながらも「えっもう終わり?」と思うくらい2時間が短く感じたので、やはり面白い、素晴らしい作品だったと思います
日本は今こそ農業や林業を再生しなければと思うし

晶子さんの出番はホントに短かったですが、その遺言が永く金次郎のセントラル・ドグマとなり、彼が母の言葉を克服する物語なのだと捉えれば、その重要な役をみごとに演じられていました

貧困の中にあっても泥田に咲く蓮華のように輝いてしまう美貌はさすがです

ありがとうございます!
晶子
Shivaさん、試写会ご覧いただきありがとうございました!楽しんでいただけて良かったです。
本当は舞台挨拶に行く予定だったのですが、帰国が延びていけませんでした…。まだ欧州にいます。
美貌!?そんなそんな、とんでもないですが、ありがとうございます(笑)

追記
shiva
映画では金次郎の後半生が描かれなかったので、今市を舞台にした続編を見たいと強く思いました。

映画の前に、隣接する尊徳記念館で金次郎の娘「ふみ」さんをテーマにした展示を見ました。父を助け、書画も能くしながら、三十で早逝したそうですね

続編があるなら重要な役になるなー、多才な晶子さんならまさに適役だなーなどと妄想しました。

まだ欧州でしたか。お気をつけて旅をお楽しみくださいませ。

続編!
晶子
続編いいですね〜。映画がダメなら舞台でやってみようかしら…。
ヨーロッパには仕事で来ていて、撮影が一週間延びました。残り滞在楽しみます!

コメントを閉じる▲
私、今回初めてマジョリティーが正教徒の国に来ています。

セルビア正教ではユリウス暦を使うので、クリスマスは12月25日じゃなくて1月7日に祝うそうです。
2月でもまだ町のあちこちにクリスマスイルミネーションが残ってます。



こっちは一年中ライトアップされてるのかもしれないけど、国会議事堂。



こちらは、聖マルコ聖堂。



中に入るとすぐ、いくつかの列ができていました。

列の先にはガラスの額に入ったキリストやマリアの絵が置いてあり、それに一人一人拝むため、列ができているのです。



まず、十字を切ってお辞儀を3回繰り返し、最後に絵にキス!!
そして横にあるお賽銭入れにお金を入れたら、次の絵へ。



まるで日本の神社のようだなぁ…と思いました。
ほら、神社にも本殿の他に末社がいくつかあって、それぞれにお賽銭いれて拝みますよね。
それにお辞儀する時、日本人がお祈りする時のように手を合わせてる人もいました。

でも、絵(正確には額のガラス)にキスしちゃうのにはびっくり!
完全にブチュッと口つけてます。
後から来る人来る人、みんなやってる!
しかも、マリア様やキリストの口にキスするので、みんな同じところです。

風邪やインフルエンザの人がいたらどうするんだろう…
なんて全然潔癖症ではない私が思うくらいだから、日本人の大半はできないかもね。
σ(^_^;)

同じキリスト教でも本当にいろんな宗派があって、興味深いですね。

街中で栗売ってるおっちゃん発見!





【2019/02/18 05:41】 | 未分類
|
先週からヨーロッパに来ており、3月中旬まで約1ヶ月こちらにいます。

お芝居のお知らせ等いただいても今月は残念ながら伺えません…。
悪しからずご了承下さい。

でもって、どこに行ってもまずはスーパーに行く私。
不思議な食べ物を見つけました。
これ、何だろう?








【2019/02/08 22:01】 | 未分類
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。