日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
昨日8月15日は日本の終戦記念日でした。

毎年この時期になると、ニュースやドキュメンタリー番組が戦争関連の番組を放送します。
私も稽古中で見られないため予約して見ていますが、この間のNHKスペシャル「731部隊の真実」は、細菌兵器を開発していた日本軍の残虐行為や関わった研究者についても正面から捉えていて、とても見応えがありました。

それに続いてBSで放送していた番組では、アメリカが日本の本土空襲にこだわった理由を検証していました。

同じ戦争の事を話すにも、国や立場が違えば異なった見解になります。
どの国も自国に都合の悪いことは言いたくないというのが正直なところでしょう。(ドイツは例外ですが… )

特に日本には「水に流す」のが美徳だという考え方があるので、戦後「まぁまぁ、お互い傷ついたんだから、みんなで痛みを分け合えばいいじゃないですか」といった考え方になってしまったのかもしれません。

それによって学校での教育では、戦争は年号や名前を覚えるだけの「自分達とは関係ない歴史上の出来事」になり、見せられる映像資料は「原爆や空襲で多くの民間人が殺されてしまうから、戦争はいけない」というものが多かったように思います。
もちろん、原爆や空襲は民間人を狙った無差別攻撃であり、その事を正当化させる事は到底できません。
当然、日本が中国をはじめとするアジア各国の民間人に行った行為もです。

でも、どうしてそうなったかという根本的な理由を子供たちに考えさせ、当時の加害者の気持ち、被害者の気持ち、渦中にいた人たちの気持ちを想像させるような教育をしなければ、また同じ事を繰り返してしまうのではないでしょうか。

そういう意味でも、今年のNHKの番組は踏み込んでいるなと感じました。

世界中がきな臭い感じにシフトしてきている今日このごろ。

私が大学4年間を過ごしたアメリカのバージニア州で、白人至上主義者がデモを行い、反対派の人たちと衝突して死傷者が出るという痛ましい事件が起きました。
トランプ大統領は避難する声明を出しましたが、彼の移民や外国人に対する態度が、差別主義者達を勢いづけている事に気付いていないのかな…。

幼い子供には、肌の色や風習、宗教などで他人を差別する心はありません。
大人から学ぶのです。

だからこそ、子供たちには色々な立場から公平に物事を見られるようになるための、教育を行う必要があるのではないでしょうか。

私ももちろん戦争を体験したわけではありません。でも子供の頃は、お年寄りが自らの体験を話してくれたし、今より戦争を身近に感じていました。

そんな私達中間世代が、若い世代に先人の思いを伝えていかなければ…
と改めて肝に銘じた8月15日でした。

NHKスペシャル
スポンサーサイト

【2017/08/16 17:01】 | 未分類
|
早いもので、もう8月!?

…にしては比較的過ごしやすい今日このごろ。朝も暑くて寝てられないって事もなく、このまま秋になってくれたらうれしいのですが、まぁそうもいかないでしょう。

さて、いよいよ今月、日穏-bion-第9回公演「夕顔」の本番です!
連日の稽古がとても楽しくて、毎日稽古場に行くのにワクワクしています。

出演者の皆さん、本当に素敵です。
今回、初参加の方が9人中5人もいますが、もうずっと前から一緒にやってるような安心感があります。



こんな素敵な役者さん達を一度に観られるなんて、なんとも贅沢ですよ!!(笑)

是非、観に来て下さいね。

日穏-bion-第9回公演 
「夕顔」
企画・脚本: 岩瀬晶子
演出: たんじだいご

東京公演
8月23日(水)~27日(日)
中野・テアトルBONBON

料金:(全席指定)
前売り 3,900円 
当日 4,200円
高校生以下 2,500円
平日昼割 3,500円(24日・25日の14:00)

タイムスケジュール:
23日(水)19:00
24日(木)14:00 19:30
25日(金)14:00 19:00
26日(土)14:00 18:00
27日(日)12:00 16:00

東京公演予約フォーム
https://ticket.corich.jp/apply/82471/009/

宇都宮公演
9月27日(水)・28日(木)
栃木県総合文化センター・サブホール
料金:(全席自由)
前売り・当日 3,000円 
高校生以下 2,500円

宇都宮公演予約フォーム
https://ticket.corich.jp/apply/82473/009/

ホームページ http://bion.jp

あらすじ:
栃木県でかんぴょう農家を営む川上家の長女・夕子。夏の収穫期には、三女・苺子や隣人たちが作業を手伝うのが恒例となっている。
ある日、何年も音沙汰のなかった次女・夏実が突然帰ってくる。久しぶりの再会を喜ぶ苺子たちと裏腹に、夕子だけは夏実と目を合わせようとしなかった・・・。

宜しくお願いしまーす!!
(^_−)−☆



【2017/08/06 00:13】 | 未分類
|

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
先日、東京プリンスホテルで東京栃木県人会総会&懇親会があり、私なんと理事に就任したもので(笑)、皆様の前でご挨拶をさせていただきました。その後は昨年に引き続き、懇親会の司会も務めました。
そうそうたる方々の中で最年少の理事ですが、なんとか盛り上げていけるよう、頑張りたいと思います。



そして、そんな地元への思いをこめて、今年の日穏公演は、なんと栃木が舞台です。
8月23~27日に東京の中野で、9月27、28日には宇都宮でも上演します。

今回も笑って泣けて、最後に心が温かくなる日穏テイスト満載の舞台です。
是非今からご予定に組み込んでいただけたら幸いです。

以下、詳細です。

日穏-bion-第9回公演 「夕顔」
企画・脚本: 岩瀬晶子 演出: たんじだいご

8月23日(水)~27日(日) 中野・テアトルBONBON
9月27日(水)、28日(木) 栃木県総合文化センター・サブホール

出演: 剣持直明(劇団だるま座)、増澤ノゾム、平野貴大(劇団PATHOS PACK)、山本南伊、中島愛子(張ち切れパンダ)、宮内勇輝(劇団フルタ丸)、吉田芽吹、岩瀬晶子、たんじだいご

<東京公演>
チケット料金:(全席指定)
前売り 3,900円 当日 4,200円
高校生以下 2,500円
平日昼割 3,500円(24日・25日の14:00)

タイムスケジュール
23日(水)19:00
24日(木)14:00 19:30
25日(金)14:00 19:00
26日(土)14:00 18:00
27日(日)12:00 16:00

<宇都宮公演>
チケット料金:(自由席)
前売り・当日共に 3,000円
高校生以下 2500円

タイムスケジュール:
27日(水) 19:00 28日(木) 14:00

チケットは、私に直接ご連絡いただくか、以下のサイトからご予約いただけます。
東京公演
https://ticket.corich.jp/apply/82471/009/

宇都宮公演
https://ticket.corich.jp/apply/82473/009/

ホームページからもどうぞ http://bion.jp

あらすじ:
栃木県でかんぴょう農家を営む川上家の長女・夕子。夏の収穫期には、三女・苺子や隣人たちが作業を手伝うのが恒例となっている。
ある日、何年も音沙汰のなかった次女・夏実が突然帰ってくる。久しぶりの再会を喜ぶ苺子たちと裏腹に、夕子だけは夏実と目を合わせようとしなかった・・・。

MX-3140FN_20170713_110649_002_R.jpg

是非是非、よろしくお願いしまーす!!

【2017/07/13 11:32】 | 未分類
|
児童養護施設からの応援を支援する奨学金支援プログラム「カナエール2017 夢スピーチコンテスト」が、明日7月1日(横浜)、8日(東京)、9日(福岡)に行われます。

カナエールとは…

このスピーチコンテストへの出場を条件に、進学率が低く、中退率が高いとされる児童養護施設を退所する若者を「資金」と「意欲」の両方からサポートするもの。

一時金が30万円、卒業まで毎月3万円、返済不要の奨学金を給付します。

1日は横浜市鶴見区の鶴見公会堂、
8日は虎ノ門のニッショーホール、
どちらも13時からです。

お世話になっている奈良橋陽子さんが横浜大会の審査員を務めています。



私は先月、リハーサル現場にお邪魔して子供達のスピーチを聞いてきました。
複雑な境遇にいながらも前向きに頑張っている思いが伝わってきて、素晴らしかったです。

スペシャルライブなども行われます。

チケット代の5000円は奨学金に充てられます。
残念ながらこのコンテスト、今年で最後という事です。

是非、応援しに行って下さい!!

詳しくはこちらから
http://www.canayell.jp/



【2017/06/30 10:44】 | 未分類
|
仕事で台湾に行ってました。

4日間滞在しましたが、ずーっと雨。
まぁ、ほとんど会場となるホテルの中にいたので関係無かったんですけどね…。
σ(^_^;)

仕事とはいえ、せっかくだからとスタッフさんたちと美味しい台湾料理を食べに行きました。
小籠包、最高!!



食事の後はマッサージにも行きましたが、結構強く押されて、ただ今激しい揉み返しに苦しんでます(笑)。

最終日は移動だけなので、ちょっと早起きして地下鉄で街中まで繰り出しました。

外国に行くといつも感じるその国独特の匂い。
食べ物の影響が大きいのでしょうが、確実に国によって匂いが違います。
台湾は、香辛料に乾物っぽい匂いと、ちょっと蒸れた汗の匂いが混ざったような感じ。
東南アジアに近いですね!

ヨーロッパは国にもよりますが、ドイツやフランスはチーズと燻製のような匂いと、強い香水の匂いが印象的でした。

アメリカでは男性も狂ったようにスティック型のデオドラントをつけるので(笑)、デオドラントの匂いと、床などを掃除する洗剤の匂いが強いかな。

まだ行ったことがないのですが、韓国はキムチの匂いがするとみんな言いますし、インドはカレーの匂いですね!

日本は味噌や醤油や海苔のような匂いがするそうです。これは日本人の私にはあまり分からないのですが…。
あ、でもデオドラント大国アメリカから帰ってきた時は、男性の汗の匂いが結構キツく感じましたね~。
電車で密着せざるおえないからかもしれませんが…。

匂いは食生活が大きく影響しているので、文化のひとつ。しばらく住んでると慣れてしまうので、旅行者の楽しみ(?)のひとつかもしれませんね!

あと、外国では日本ほど屋内でマスクをしてる人を見かけなかったのですが、台湾では結構マスク人口が多いのに驚きました。

ベトナムやインドネシアなど東南アジアではバイクに乗る時に布のマスクをしてる人はいましたけどね~。

台湾の使い捨てマスク、日本との違いは色です。標準は白ではなくてお医者さんがするような薄い緑っぽいもの。
あとは黒、赤、濃い緑、グレーなど、色とりどりでした。
日本でもたまーに白以外のマスク見かけますが、あんなにいっぱいバリエーションないなぁ。


観光は残念ながらほとんど出来なかったけど、圓山大飯店という豪華なホテルに宿泊し、それなりに楽しみました。

エントランス


こちらは宴会場の天井にあったドラゴンボール。


【2017/06/18 17:01】 | 未分類
|