FC2ブログ
日穏-bion-の主宰者、岩瀬晶子が日々思うことなど綴ってます。
もう1週間経ちましたが・・・
日穏-bion-公演「明日花」、小劇場にしては長い12日間、17回公演、怪我も病気もなく、無事幕を下ろすことができました。
すこぶる寒い日もありましたが、大雪に見舞われたり台風直撃したこれまでの公演に比べたら、天気にも恵まれまして…

ありがたや~。

観に来てくださった皆様、陰ながら応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!!

2015年に上演した作品の再演でしたが、初演を観てくださった方々からも、「とても新鮮に楽しめた」「別の作品のように感じた」と言われ、嬉しいお言葉をたくさんいただきました。

もちろん好みでない方もいたと思いますが、総じてとても評判が良く、また観たいと言ってくださる方も多く、感謝の気持ちで胸がいっぱいです。

こちらにツイッターの感想をまとめました。

https://togetter.com/li/1463882

Facebookにもたくさんたくさんステキなコメントをいただき、幸せな2週間でした。

関わってくださったスタッフの皆さん、キャストの皆さんに改めて感謝します🙏😊。

お客様数も過去最多となり、日穏公演を楽しみにしてくださってる方々が着実に増えていると実感しています。

とは言っても、じゃあ次はもっと大きな劇場でやろう!!的な野心はなく…(笑)
私は小劇場の息遣いまで伝わる距離感が好きなのです。お客様のエネルギーもダイレクトに伝わってくるしね😉

これからもお客様に楽しんでいただける作品を作っていきます。
引き続きよろしくお願いします🙏






スポンサーサイト




【2020/02/13 13:05】 | 未分類
|
日穏公演「明日花」、2日目が終わりました!
とても評判が良くて、本当に嬉しいです。
2月9日までやってますので、是非お見逃しなく!!😊
上演時間は1時間40分です。

ところで、公演の際、よくお客様に聞かれる事があります。

「差し入れ何が良い?」

いやいや、大事なお時間を割いて、チケット代払って観ていただくのですから、そんなご心配なさらずに、どうぞ手ぶらでお越し下さいとお伝えするのですが、それでも差し入れを持って来てくださる方が多く・・・
なんて有難いんでしょう😭
感謝しかありません。

という訳で、どうしても差し入れを持って行きたいと思ってくださる方に、小劇場の役者にはこんな物が喜ばれるというのをこっそりお伝えします。

食べ物でいうと、おにぎりやお稲荷さんなどのご飯もの、そして唐揚げや焼き鳥、サラダなどのおかずやおつまみが人気ナンバーワンです!

甘い物やお菓子類はどうしても増えてしまいますし、一度にそんなには食べられませんが、ご飯の代わりになるものであれば、昼公演と夜公演の間に食べる事ができます。
これはお財布が寂しくなった役者陣にはとてもありがたい差し入れなのです!

あと、私は果物好きなのでフルーツもテンション上がりますね~。

それから、普段自分では買わないちょっとお高めの水とか、楽屋で飲めるお味噌汁なんかも嬉しいです。

何度もいいますが、本当に来ていただけるだけでとてもありがたいので、ここに書いたからと言って、持って来てという訳では決してありませんので、誤解のないようにお願いします。

それでは、キャスト&スタッフ一同、皆様のご来場を心からお待ちしています!!


【2020/01/28 22:43】 | 未分類
|
一昨年撮影に参加した映画「二宮金次郎」(五十嵐匠監督)が、恵比寿ガーデンプレイス内にある「東京都写真美術館」で今月26日までアンコール上映されています。

映画「二宮金次郎」公式サイト

上映時間は毎日11時からと15時からの2回。
とても良い映画ですよ!

「二宮金次郎って名前と銅像は知ってるけど、何やった人なの??」って方は結構いるのではないかしら・・・
そんな方に、是非この映画見て欲しいです。
今に通ずる教えがたくさん入っています。
お子さんにも道徳教育になりますよ!

私は金次郎の母・よし役で出演しています。
裕福な農家に生まれながらも、夫が人が良すぎてみんなからお金を騙し取られたりして極貧になってしまい、最後には身体を壊して幼い子供達を残したまま死んでしまうのです・・・。

以前舞台の演出家に「不幸な女やらせたらピカイチだね!」と、喜んでいいのか悪いのか分からないコメントをいただきましたけど、この役をやるにはよかったという事ですね。
σ(^_^;)

こちらは現存する金次郎の生家。




こんなにこやかなシーンは映画には全然ありませんが、可愛い息子達と!


私の弟役の山口馬木也さんと私服でパチリ


絡みは無かったけれど、大久保忠真役の榎木孝明さんと、金次郎役の合田雅吏さん


映画は26日までですよ!
お見逃しなく~!

そして、日穏公演「明日花」の初日も近づいてきました。
完売の回も出てきてますので、お早めにご予約下さい!
スケジュールやご予約はこちらから↓
「明日花ーあしたばなー」公演詳細





【2020/01/23 01:32】 | 未分類
|
皆様、新年あけましておめでとうございます!

2020年ですね~。

年々月日が経つのが早く感じるのは何故なんでしょう・・・。
一日一日を大切に生きなきゃ!と思いながらも、あっという間に過ぎていきますね。

さて、今年は新年早々、舞台があります。

夏のイメージが強い日穏-bion-ですが、今年は東京五輪で都内が慌ただしくなりそうですし、私も「劇団青年座」公演の脚本や映画の脚本など、執筆に時間を割かれることも多くなりそうなので、夏はお休みいたします。
2021年夏には柴田理恵さんをゲストに迎えて公演を行いますが、まだまだ先なので、まずは今月末の公演に全力投球します。

演目は2015年に上演して好評を博した「明日花(あしたばな)」です。
詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。
日穏-bion-次回公演

「明日花」は戦後の花火大会の話です。

5年前に脚本を書いた時は、神奈川県の花火工場に取材に行きました。
再演する今年は出演者達にも花火作りを見てもらいたいと思い、日穏のサポーターでもあり花火師の飯田国夫さんが社長を務める高徳花火工場にお邪魔しました。



わざわざこんな資料までご用意下さって…



息子の裕磨さんと飯田さん。
そっくり!😆

花火は夜空に一瞬だけ開いて消えてしまいますが、その一瞬に込められた労力と時間は大変なものですね。
夏に栃木の喜連川花火大会で飯田さんが打ち上げた花火を見た時、作っている人の顔を思い浮かべる事でなんとも言えない感動を覚えました。
花火ひとつひとつに作り手の魂がこめられている事を実感したからかもしれません。
花火玉作りは黙々とコツコツと手作業でおこなわれます。
暖房も冷房もテレビも音楽もない部屋で、ひたすら花火玉と向き合う世界…。





かっこいいです。
この地道な作業の結果が、この美しい花火です。



役者達にも大いに刺激になったようです。
ここで得た事を生かして、より良い舞台を見ていただけるよう頑張ります!



飯田さんと別れた後は近くの温泉で芯から温まり、宇都宮餃子「みんみん」の真岡支店で餃子を頬張り帰路に着きました。



明日花、是非観に来て下さい!!
ご予約はこちらのサイトから↓
https://ticket.corich.jp/apply/103900/001



【2020/01/04 00:45】 | 未分類
|
昨年撮影した映画「アースクエイクバード」が映画館での上映に続き、昨日からNetflixで配信が始まりました。

最初の1ヶ月は無料ですよ!😉

https://www.netflix.com/jp/title/80244457

私の役は英語と日本語の両方のセリフがあったのですが、日本語吹き替え版の為に、英語のセリフを自分で日本語に吹き替えました。
初めての吹き替え体験!
しかも本人!!

アリシア演じるルーシー役の吹き替えの方の声が本人と全然違ったので、台詞は同じなのに受ける印象が変わって不思議な体験でした。

良かったら日本語でも観てみて下さい。

さてさて、こちらのブログにも以前書きましたが、私、この映画の撮影の為にかなりバイオリンを練習しました。



私が演じる「加藤」は、趣味で友人達とカルテットをやっている設定なのでプロの演奏家ではないのですが、それでもがっつり弾いてるシーンがあるので練習して下さいと言われ、バイオリンに触った事もなかった私は必死でした。

先ずはたまたま学生時代に弦楽合奏部だった兄からバイオリンを借り、プロの友人達にレッスンをしてもらい、持ち方から始めました。

あ、もちろん音は後からあてるので、実際は出していないのですが、それでも指使い、弓使いが半端なく難しく、毎日毎日バイオリンを持ち歩いては練習練習。
それでもうまく動かない自分の指に腹を立てては落ち込む日々・・・。

そして、なんとか形になったぞ!と自分を褒めてあげた撮影当日。

なのですが・・・

アリシアと2人で弾いたシーンは無くなってました(笑)!
まぁ、そんな事はよくある事ですからね・・・

私のバイオリンレッスンの為にお世話になった方々が少なからずいたので、ここにご報告しておきます。
m(_ _)m

あのままバイオリン続ければ良かったなぁ~。

【2019/11/13 22:50】 | 未分類
|